日本女性职业观的变迁及其差异性分析毕业论文_日语毕业论文

日本女性职业观的变迁及其差异性分析毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

中文摘要

谈起日本女性,很多人会想到日本女性不喑世事、知书达理的全职家庭主妇 形象,这也是古代日本女性的职业观,然而自日本明治维新,使日本从封建社会 向资本主义社会成功转变,日本不论从政治、经济等社会各方面都向西方国家学 习,日本女性在家庭中的角色和社会地位产生了极大的变化,许多日本女性走出 家庭,参与社会分工,从而使日本女性的职业观也产生了极大的变化;二战后, 随着日本经济高速发展,日本产业结构不断调整,又使得日本女性的职业观产生 很大的变化;近年来,日本人口结构发生变化,即日本人口老龄化速度加快,使 日本女性得到更广泛地参与社会分开,此时日本女性职业观也随之变迁。因此, 针对日本职业观的变迁研究,可以清晰地认识到日本女性在日本社会发展起到的 作用,并且女性职业观变迁的研究也是当今世界普遍较为关注的热点话题,此外 研究女性职业可以丰富对日本女性史的研究。

本文在国内外研究基础上,对日本不同历史时期的女性职业观进行综述,并 对其进行研究与比较,并从历史原因和现实中诸多不公平的因素进行分析,以期 更清晰地理解和把日本女性职业观的差异性及内在联系,从而总结归纳产生职业 观变迁的原因。

关键词:日本女性;职业观;变迁;差异性

目 次

はじめに 1

  1. 日本女性の職業観の概要 2
    1. 古代の日本女性の職業観と特徴について 2
    2. 近代の日本女性の職業観と特徴について 3
    3. 現代の日本女性の職業観と特徴について 4
  2. 日本女性職業観の分析と比較 7
    1. 歴史の各時期からの分析と比較 7
    2. 社会地位の視線からの分析と比較 10
    3. 女性の職業観の分析と比較の相違点 11
  3. 日本女性の職業観差異性への分析 13
    1. 政策法規の完備からの分析 13
    2. 高等教育の程度からの分析 13
    3. 女性独立意識からの分析 14

終わりに 15

参考文献 15

謝辞 17

はじめに

今の日本の社会には、日本の女性の就職問題が多く注目されている、すでに 日本経済社会の発展に大きな影響を与える重要な課題になっている、主な体験 は現代の女性従業員の増加が激しくて、職場に様々な性別差別の問題が現れた。 さらに、日本の女性は育児と家族を世話するという役割があるため、「良妻賢 母」という思想から生まれた男女分業論は長い間に現代日本女性の職業観を影 響し制約している。

本研究は日本の女性の職業観の移り変わりについて、それぞれ日本古代、近 代及び現代女性の職業観の角度から、日本女性の職業観は異なる歴史時期にお ける関わりと違いを研究することにより、日本の女性の職業観の移り変わりの 要因を了解するつもりである。それは日本の文化及び日本女性の文化をもっと 深く理解することに重要な意義を持つと思われる。

1 日本女性の職業観の概要

職業観は、職業に対して一定の認識、観点及び企画などの観念で、仕事探す 人を指導する中心となる思想である。これから、古代、近代、現代その三つの 時代で、日本女性の職業観の内容と特徴について紹介する。

古代の日本女性の職業観と特徴について

古代の日本も深く儒教思想に影響を受けた国で、「男尊女卑の風も強まり2、 女子には三従の教えが説かれ、これらの傾向は、武士だけでなく、社会一般に もおよんだ」と教科書で記述されている。そのような思想は全体の日本を貫い て、各種の社会権利は保障されない、日本女性は自分の財産の意識はぜんぜん なく、すなわち嫁に行く前で財産はないが、結婚した後も自分に属する財産も ない。さらには、実家からもたらす私有の財産も奪い取った。

さらに、家で家族を中心にし、心から望んで家族に差し上げる。したがって、 男性第一の思想で、古代女性の職業観は家族を中心にし、良妻贤母は夫を助け、 子に教えたり、老人を大事にしたりするのは全部の仕事である。

古代の日本家庭で男女の責任と義務など一連の社会分業はまったく異なり、 つまり、男性は家庭以外の事情をし、女性は家庭の事情をする社会構造で、家 庭が必要とする資本は夫の社会活動と人間の関係網に頼って得るものである。 もちろん、女性の地位も夫の業績に依存したが、完全的に家に束縛され、労働 報酬のない労働をする。と同時に、日本の女性は社会地位の低下の原因で、ほ とんどの日本の女性は教育を受ける機会がない。このため、古代日本女性の職

注释:2 李卓.[日本研究—日本妇女社会地位的演变]第 120 页,原文:古代日本效仿中国,存在男尊女卑思想。

業観をまとめ、以下の特徴がある:

  1. 社会地位が低下で、家庭が必要とする生活資本は全部夫の社会活動と人間 関係網に頼って得るものである。
  2. 日本女性は完全的に家に束縛され、労働報酬のない労働をしなければなら ない。
  3. 「男は仕事、女は家族」という思想で、女性は社会に出る機会が少ない。

近代の日本女性の職業観と特徴について

1870 年の明治維新時代から 1945 年の第二次世界大戦後まで、日本の近代の歴史である。明治維新は日本の歴史で重大な歴史の変革である以上、日本歴史 の転換点といえる。日本は明治維新のあと、社会の各レベルで西洋に学んだ原 因で、西洋の自由と民主主義の思想も次々に日本に引き入れる。今回の変革で 日本の女性はきわめて利益を受け、と同時に資本主義は日本で急速に発展し、 その雰囲気で、大量の女性は家から出て、社会の分業に参加する。しかし、一 部分の女性は封建主義の束縛を振り捨てられなく、引き続いて家庭にいる。と 同時に家から出る日本女性は仕事に参加しながら、夫や子供、老人を世話し続 く。それに、日本女性に高等教育を受ける機会を提供し、多くの女性は職業キ ャリアや企画で自分の理想的な位置づけと目標がある。

この時期の女性の職業観の特徴は多くの女性は家庭から解放されて、独立の 意識は初期の状態にあるのであり、社会的な分業に参加する。具体的に政治か ら見ると、政事に参加するのは男で、日本女性は政治に参加するのは許さない。 その一方、一部の日本女性は家から出て、工業生産と農業生産に従事していた 一方、依然として多数の日本女性は家の中で束縛されて、家庭や子供の世話を

するのは主な責任である。そのうえ、活動の範囲は家庭という単位に限られる; 経済から見ると、古代の日本女性と同じ、その時、多くの女性は夫に頼って、 一部の女性は社会分業に参加したが、家庭の中で使う収入は主に夫から得る; 文化と思想から見れば、広い範囲にわたって「男尊女卑」の思想は日本文化の 思想に存在する原因で、女性は家庭或いは社会的な分業では、差別される状態 にいて、時には家庭暴力を浴び、さらには女性は家で死ぬまでに痛めつけられ ていた状況もある。

現代の日本女性の職業観と特徴について

第二次世界戦争から今まで、日本の国内で広い範囲で民主的な改革を実施し、 しかも、女性の解放を重点的な政策内容の一つとし、と同時に、20 世紀 60 年代で、日本の国内で高等教育の普及につれて、日本の女性は高等教育を受ける 権利を得た。その原因で、その時、女性の素質の向上するにつれて、女性の職 業観も大きく変化し、その中で最も重要なのは日本女性の職業の構造も大きく 変わった3

日本憲法の改正と民法は専制制度の家族制度を廃止し、日本の女性は解放さ れ、夫婦の間では親制度の地位関係から主に平等を中心にする夫婦関係へと変 化した。それに、高等教育の普及に従って、女性の素質も普遍的に向上させ、 女性の職業構造は以下の変化になる:最初の農業に従事する女性が日本女性の 総人口の 60%を占めることから 20 世紀末、総人口の 6%を占めることまでに下がる;逆に、戦後、工業生産に従事する女性人数は女性の総人口の 5%から、

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接