日本伝統住宅と中国南方伝統住宅の改善と保護について毕业论文_日语毕业论文

日本伝統住宅と中国南方伝統住宅の改善と保護について毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

日本的传统住宅是木制的和风住宅。中国南方虽然地域广阔,传统住宅形式多样,但是大致上可以分两种。因为中国南方少数民族瑶族的两种传统住宅形式和这两种非常相似,在本论文中将以瑶族的传统住宅为例,讲诉南方传统住宅。另外,本论文还指出了日本传统住宅和中国南方传统住宅所面临的危机,探求日本传统住宅和中国南方传统住宅的改建和保护问题。日本传统住宅中国南方传统住宅虽然很有魅力,但是为了适应现代化,必须要借鉴现代住宅的优点。日本传统住宅和中国南方传统住宅有着一些相似之处,借鉴日本传统住宅的改建和保护经验,来改建和保护中国南方的传统住宅。这就是本论文的写作出发点。

关键词:日本传统住宅,中国南方传统住宅,传统住宅的魅力,传统住宅的改建, 传统住宅的保护

目 次

はじめに 1

  1. 先行研究 2
    1. 国内研究 2
    2. 国外研究 3
    3. 伝統住宅の定義 3
  2. 日本と中国南方の伝統住宅 5
    1. 日本伝統住宅 5
    2. 中国南方の伝統住宅 6
    3. 日本伝統住宅と中国南方伝統住宅の異同 7
  3. 日本と中国南方伝統住宅の保護 9
    1. 伝統住宅の重要性 9
    2. 日本の伝統住宅の保護 10
    3. 中国南方伝統住宅の保護 11
  4. 日本と中国南方伝統住宅の改善 13
    1. 日本伝統住宅と中国南方伝統住宅の危機 13
    2. 日本伝統住宅の改善 13
    3. 中国南方伝統住宅の改善 14

おわりに 17

参考文献 19

謝 辞 20

はじめに

近年、中国の経済改革に伴って、中国の伝統住宅の保護と改善は色々な問題が出てきている。それに、伝統住宅の保護危機と改善の問題は中国特有のものではない。日本においても、伝統住宅の問題の存在はよく知られている。しかし、日本は伝統住宅の保護と改善への対策は中国と比べて早い。筆者自身中国南方少数民族のヤオ族の一員として伝統住宅に18年間住んでいた。今は、私の故郷の住宅もほかの南方伝統住宅と同様に危機に瀕している。ここで、日本の保護と改善を参考にし、私の故郷の伝統住宅を例にして、中国南方伝統住宅の保護と改善の対応策について研究してみようと考えた。

1 先行研究

伝統住宅は伝統建築の一種として一国、一民族の歴史と文化伝統を反映している。中国南方と日本は特殊な地理的関係にあり、東アジアに属して、日本と中国は一衣帯水の隣国である。また、中国南方は日本と同様に高温多雨の亜熱帯気候で、伝統住宅の面でつながりが多くある。それに、古代以来、建築の交流が頻繁で、中国南方と日本の伝統住宅は比較に値するところがたくさんある。しかし、この方面についての研究はほとんどない。本稿は比較研究法を運用して、中国南方伝統住宅と日本伝統住宅を比較しながら日本伝統住宅と中国南方伝統住宅の改善と保護を探求する。中国南方伝統住宅の改善と保護を探求する時、主に筆者自身の故郷を例にして述べる。この論文を完成するために現地調査という方法を採用して、2014 年の冬休みに筆者自身故郷に戻って、ヤオ族の深山にある伝統住宅を見学し、現地の住民の話を聞いた。筆者自身の故郷の伝統住宅について認識を新たにした。筆者自身故郷の伝統住宅には二種類ある。平地の伝統住宅、深山の伝統住宅、この二つの伝統住宅はほとんど中国南方伝統住宅の形式を代表している。

国内研究

国内の学者は主に中国伝統建築の立場から論じ、伝統住宅についての研究も多く。中国の学者は伝統住宅を研究する時は常に多方面から研究する。たとえば、伝統住宅変遷の歴史経過、伝統住宅の構造、伝統住宅の地理環境などから研究する。呉正光の『南西民居』は中国西南少数民族の伝統住宅を紹介している。この本は主に西南伝統住宅の建築構造、歴史文化、地理気候の方面から述べている。李燕、陈雷の『中国伝統民居』は中国の伝統住宅の発展を背景にし

て、中国伝統住宅の歴史変遷を述べる。日本の学者は細かい点に注意して、中国の学者は広く多方面から思考するという傾向があるが、日本の伝統住宅と結び合わせる研究はほとんどない。

また、中国の学者は中日伝統住宅の比較について、構造と両国建築の歴史を除いて、主に伝統文化と中日国民の国民性から研究する。呉栄の《看日本建筑感受日本文化》と曹炜の《中日居住文化》は伝統住宅の構成から、中日の文化の異同を比較する。それに対して中国の学者は日本の伝統住宅の改善と保護の経験を参考にして、中国の伝統住宅の改善と保護を研究することはあまりない。

国外研究

日本の研究で目立つのは、日本の伝統住宅の魅力を保存して、日本の学者は細かい点に注意して、どうやって現代住宅と結び合わせるかということが研究の重点である。また、日本の学者は、伝統住宅の構造を研究するだけではなく、伝統住宅の改善と保護及び伝統文化の伝承を研究している。伝統住宅の改善と保護は、日本と比べて、中国は遅い。日本の建築家は特に日本伝統住宅の再生に注目している。西村幸夫の『歴史を生かしたまちづくり』は歴史がある伝統住宅を再生して、活気がある町を作り上げる。また、西村幸夫の『町並みまちづくり物語』は歴史を実感し快適な住環境を求め、あるいは地域活性化をめざして全民が力を合わせて取り組み、和風がある住宅を作るということを述べる。日本の学者は日本の伝統住宅を守るだけではなく、伝統住宅周辺の環境を守らなければならないと考えているようである。

    1. 伝統住宅の定義

伝統住宅というのは現代洋風建築の影響を受けず、建築材料、建築技術と建築構成の方面で自分の民族の特徴と民族伝統文化のある家庭住宅である。日本の伝統住宅は明治維新以前の住宅様式に基づいて建てられたものである。本稿では、日本の伝統住宅は木造の和風住宅用いた伝統住宅的な様式によって建てられたものを指す。中国南方は地域が広く、南方各地の自然環境やそこに住む人間などの違いによって、各地の伝統住宅も多様に変化している。本稿で述べる、中国南方の伝統住宅は中国改革開放の影響を受けず、先祖から伝承する住宅である。

日本と中国南方の伝統住宅

日本伝統住宅

日本の伝統住宅は変遷して寝殿造1、書院造2、茶室3、数奇屋4などとなった。書院造りと数奇屋は相互に影響し、相互に浸透して徐徐に今日住んでいる日本の伝統住宅を形成している。

日本の伝統的な住宅は大部分が二階建ての木製建物である。主に「田」という漢字の形に設計されている。外部の周りに縁側があって、軒と柱で支えて、回廊を形成する。採光と風を通す効果も保証できるため、日本の伝統住宅は引き戸を使うのが普通である。部屋の内装は簡潔で、色も比較的単純である。木材、紙などで建造した伝統住宅は人々に自然に静かで美しい感じを与える。要するに、伝統的な日本の伝統住宅にはいくつか特色がある。一、夏は風を通し、冬は保温するため、室内は主に障子で部屋を各部分に分ける。二、木材や竹を大量に使って、天井などを内装する。三、室内の床は地面より数十センチも高く、主に草で編んだ畳で覆っている。というのは、部屋の空間も広がるし、湿りも避けられからである。四、よく飾り物の質感と色の自然感を表わし、構造美を重視する。五、室内の家具は造型が簡単だし、色がすっきりとして優雅である。

日本の和風住宅は「自然」で、「淡白な」構造である。和風住宅は現代人にとって暫くうるさい人間世界を離れて、ストレスを解消して自然に戻れる場所である。「田」字のような構造は採光と通風から見て一番良い設計だと思う。その他にも、住宅の内装は色が穏やかで、材料の選択が素朴であることに加え、自然と非常に融合している。

中国南方の伝統住宅

中国南方は地域が広がり、伝統住宅の種類もとても多い。しかし、中国南方は亜熱帯気候に属して、高温多雨で林木に恵まれる。また、中国南方の地形は主に山岳と丘陵である。それに、古代から、各民族の間に互いに交流して、伝統住宅もその影響を受ける。それで、中国南方の伝統住宅は同じなところがたくさんあって、大概二つの種類に分けられる。ヤオ族の伝統住宅はこの二つの伝統住宅に似ている。次は筆者自分の故郷の伝統住宅を例にして、中国南方の伝統住宅を紹介する。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接