新幹線が日本の経済に与えた影響について毕业论文_日语毕业论文

新幹線が日本の経済に与えた影響について毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

本论文从社会经济的角度探讨了关于日本重要的交通工具—–新干线对日本的影响。交通在现代社会经济发展中起着重要的作用,研究日本的新干线是因为新干线是日本陆上交通的主要工具,新干线对日本战后经济的发展起了至关重要的作用。

伴随着新干线的技术革新和相应的经营管理改革,新干线对日本经济的影响越来越大。新干线对日本国民经济以及沿线地域经济的影响,以及新干线在运营中的经验和教训,这也是本论文的中心。新干线的技术和经营都已经非常成熟,而且有许多值得借鉴的经验。本文除了探讨新干线对日本经济的影响,还与中国相比较,探讨了中国铁路经济从新干线的经营中得到了什么经验。中国正处在铁路运输高速发展的时代,各条高铁的建设,都可以从日本新干线中得到经验,所以研究新干线对日本经济的影响是非常有价值的。研究新干线对日本经济的影响是非常有价值的。

关键词:新干线;技术发展;日本经济;中国铁道;经验

目 次

はじめに 1

1 新幹線の歴史発展及び特点 2

1.1 新幹線の歴史の変遷 2

1.2 新幹線の技術発展と革新 3

2 新幹線が日本社会と経済に与える影響 5

2.1 新幹線の運行に日本の国民経済に与えた影響 5

2.2 新幹線の運行に沿線地区の経済に与えた影響 6

2.3 新幹線の運行に経済の面での経験と教訓 7

3 新幹線の成功が中国の鉄道に与える大きな啓示 11

3.1中国高速鉄道システムの現状 11

3.2新幹線の成功が中国の鉄道への啓示 11

おわりに 13

参考文献 15

謝 辞 16

はじめに

周知のように、日本の新幹線は速度が速いだけではなく、他の交通機関に比べるとセキュリティ、および便利なので、国民からの良い評判を獲得した。車や飛行機との競争に勝ち、良い評価を納めている。日本の新幹線は成熟した技術と安全性があるゆえに、世界では最も安全な高速鉄道の一つとして知られていて、同時に最も安定して運行している鉄道である。

交通は経済の3本柱(交通、食品、製造業)の一つであり、経済発展に決定的な役割を持っている。新幹線は世界初の高速鉄道として日本経済に大きな影響を与えた。資料によると、「新幹線の輸送量は日本の鉄道の30%を占めていたが、営業利益は45%を占めている。東海道新幹線と山陽道新幹線は毎年約2億の利用客があり、これによって宿泊費用、観光支出はおよそ五兆円で、就職人数の増加は50万である。」[1]

交通は現代社会の発展に対して、重要な意義をしている。日本の新幹線を研究することによって新幹線は日本の主な陸上交通機関である、戦後の日本経済の発展に重大な役割をしていたということが詳しく理解することができる。新幹線の技術と経営は熟して、参考になれる経験がいっぱいある。しかも今、中国の鉄道運輸が高度発展している時代に各高速鉄道の建設は日本新幹線の経験を参考にできる。新幹線は日本経済に与える影響を研究することがが非常に有意義であると思う。

新幹線の歴史発展及び特点

日本は海に囲まれた国であり、国土の大部分が山地であり、人口や産業が海岸線に沿う細長い平地に集中している。そういう特殊な地理的条件であるため、鉄道が重要な交通手段として、旅客運輸において重要な役割を果たしている。高速、安全そして大量に旅客を運送するために、日本はいろいろな鉄道技術革新やそれに対する経営管理改革をしてきた、特に日本の鉄道の中で、世界においても誇りを持つ新幹線鉄道は日本の社会経済の発展に大きな影響を与えた。

1.1 新幹線の歴史の変遷

1950年代初期、日本経済が戦後の復興期に入ったが、まだ、当時の道路や港が完備していなかったため、鉄道の運輸能力不足の問題を際立っていた。日本の高度な経済成長は人口や産業をさらに太平洋ベルト地帯に集中させた。当時は旅客列車と貨物列車の線路が未分化であり、道路建設も不十分であったため、交通施設の輸送能力が経済成長を妨げるボトルネックとなった。輸送能力は経済成長のニーズを満たすことができなかったので、日本は作られた高速鉄道を建設する構想や計画に基づき、あらためて東京――大阪の間の太平洋沿岸地域で新しい高速鉄道を建設する構想を提出した。当時はすべての世論が新幹線計画を支持しているわけではなかった。「日本国鉄は検討の結果に基づき、運輸大臣に「東京から大阪までの線路増設プロジェクト」という申請報告を出し、1959年4月に運輸大臣の認可を取得し、工事を始めた。」[2]

「 1964年に新幹線が開通した時は、毎日60の列車、360の車両を運行していた。1970年に大阪万博が開催された時に、100万人はどの人が新幹線を利用した。」[3]新幹線の利用者数は年々増加し、この、東海道新幹線の成功経験を基に、山陽道新幹線の建設を開始した。この時、全国で新幹線を建設しようという声が高まってきた。「1977年、新幹線が発展の成熟期に入って、東北・上越新幹線が相次いで1982年に完成し、そして1997年に北陸新幹線(高崎から長野間)が部分,完成した。日本の新幹線は建設距離が2000キロを超え、営業距離が2000キロに達した。これで日本列島を縦断した大動脈が完成させた。」[4]東海道新幹線は、東京から京都、大阪を通って南西の博多まで行きます。東北新幹線は東京から東北の盛岡まで、そして上越新幹線は東京から北の新潟まで行きます。「最も利用度の多い区間は東海道新幹線は東京—大阪間です。この線は新幹線ネツトワークの最優先プロジエクトとして1964年に完成しました。これは、日本でもっとも産業化が進んだ太平洋沿岸の500kmを3時間8分で走ります。最高時速は320kmです。」[5]

1.2 新幹線の技術発展と革新

経済の成長につれ、新幹線は技術研究において革新し続けなければならない。そのため、国は鉄道運輸能力を上げる面においていろいろな対策を講じてきた。まずは鉄道に電気化の改造をした。「それは都市近郊の線路だけでなく、長距離列車にも高速走行できるように長い編成の電動車組を採用した。大都市圏人口の増加やドーナツ現象により、都市の旅客数が急速に増えた。そのため、長い編成の列車、走行区間の短縮、線路の増加、駅の規模の拡大そして高度な信号の装備で人々の移動需要を満たす必要があった。」[6]経済の成長が巨大な運輸ニーズをもたらしてきた。長距離幹線鉄道の運輸能力が設計した能力以上にもなり、輸送能力がほぼ飽和状態に達していた。それゆえ列車の速度や安全の保障などにおいて様々な不適応が生じた。運輸能力を上げるために、当時は線路を強化し、駅の待避線を増設し、操車場を拡大し、それに信号安全設備を改良するなどの対策を実施し、運輸能力をある程度向上させた。

新幹線が旅客運輸市場にこれほど巨大な変化をもたらした原因は、主に以下の技術的特徴にまとめることができる。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接