「日本ドラマ」のタイトル考―ネーミングの表現と心理毕业论文_日语毕业论文

「日本ドラマ」のタイトル考―ネーミングの表現と心理毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

中文摘要

电视剧的标题起到了吸引收视的先导作用,是宣传电视剧的第一面招牌。电视剧标题中富有技巧的修辞手法可以极大地激发观众的好奇,形成一个良好的印象,从而起到帮助提高收视率的作用。在对日本电视剧标题的观察中可以明确感觉到他们自身特有的闪光之处。

本论文主要以日本的五大电视台,即:NHK 综合、朝日电视台、TBS 电视台以及富士电视台的 2011 年到 2013 年的电视剧标题作为研究对象。然后对标题中蕴藏的各种修辞手法进行研究。

关键词:日本电视剧;标题;修辞法

目 次

  1. 序論 1
    1. 研究主題 1
    2. 研究方法 1
    3. 研究目的 2
  2. 日本のテレビ局の特徴 3
    1. テレビ各局の歴史 3
    2. 各局の番組の特徴点 5
  3. 表現技法からみたタイトル 27
    1. 隠喩法の用例 27
    2. 撞着法の用例 29
    3. 擬人法の用例 31
    4. 省略法の用例 32
    5. パロディーの用例 32
  4. 表記と音声からみたタイトル 34
    1. カタカナの用法 34
    2. 和製英語の用法 35
    3. リズムと音の表情 37

おわりに 39

参考文献 40

謝 辞 43

1 序論

研究主題

本論文は、日本のテレビドラマのタイトル(番組名)を研究対象にして、そ の表現法や訴求法にどんな特徴があるのかを明らかすることを目的としている。

テレビのタイトルは、視聴の案内となり手引きとなる惹句である。巧みなレトリックで関心を引き付け、よいイメージを与えることができれば番組の視聴率向上につながる。視聴率が上がり、話題を巻き起こすことができれば、それがまた視聴率向上につながる好循環となり、ひいてはテレビ局の経営にも大きく寄与する。

番組の内容と魅力を端的に表すタイトルは、時代の移り変わりも映す。たとえば、カタカナよるタイトルが増えているとか、時代劇ではないのに単なる人名をタイトルにすることが目立つとか、日本のテレビタイトルをみるとその特徴的な表現にすぐ気づく。筆者には、日本のドラマのタイトルを見ると、中国のそれとは違って、面白さやかっこよさが感じられる。その「面白さ」や「かっこよさ」の印象をもたらすものは何かを文章表現の面から探りたい。番組タイトルにはどのような表現上の工夫が施されているのかを考察し、あわせて日本語特有の美しい言葉や言い回しをみつけたいと考えている。

研究方法

本論文では、日本の主要テレビ局、すなわち NHK 総合、日本テレビ、テレビ朝日、TBS テレビとフジテレビ五局の 2011 年から 2013 年までのドラマのタ

イトルを資料として用いる1。はやり廃りが激しいといわれるテレビ界だが、過去 3 年間を対象にすればおよその傾向をうかがい知ることができるのではないかと考えるからである。

調査の結果、テレビドラマのタイトルは表 62のようになった。ドラマには小説などの原作があり、そのタイトルがドラマ名にそのまま流用されることもあるが、ここではその区分をせず、すべてをテレビドラマのタイトルとしてそのまま掲げた。タイトル数は 601 にのぼった。

研究目的

テレビが誕生してから 89 年となる。テレビはもう私たちの日常生活にとって切り離せない大切なものとなっている。テレビ放送の中心番組ともいえるドラマも長い歴史があり、今日ではその内容も形式も「メロドラマ」「ホームドラマ」を初めとして、「トレンディドラマ」「シリアスドラマ」「ドキュドラ」3などと多様となっている。放送時間と番組の長さの区別からもいろいろなジャンル分けが行われている。そうした区別もドラマタイトルに現れてくる。「スペシャルドラマ」「朝ドラ」(朝ドラマ)などを冠したドラマがよく見られる。ドラマのタイトルにはそうした諸要素も合わせてネーミングの工夫が行われている。

日本ではテレビ放送の長い歴史があり、番組のネーミングにおいても工夫が重ねられてきている。日本のテレビドラマは中国でも隠れた人気がある。この研究を通じ、日本においてテレビドラマが高い人気を誇り、社会的影響力を保っている秘密を明らかにしたい。

  1. ただし海外からの輸入番組と再放送番組は除く。
  2. タイトル中「〜」以下はサブタイトルを表す。
  3. ドュメンタリーとドラマを混合した放送番組。

2 日本のテレビ局の特徴

2011 年から 2013 年までの NHK 総合、日本テレビ、テレビ朝日、TBS テレビとフジテレビ五局の全ドラマ番組名は表 1 に示したとおりだが、五つの局はそれぞれの歴史を持ち、ドラマ番組に対する取り組みも考え方も異なる。当然、タイトルのネーミングのスタイルも違ってくる。そこでまず、簡単に各局の概要を紹介する。

テレビ各局の歴史

NHK(日本放送協会)は、1926 年に設立され、放送法に基づく特殊法人として 1950 年に発足した。設立目的は、放送法により「公共の福祉のために、あまねく日本全国で受信できるように豊かで、且つ良い放送番組による国内基幹放送を行うと同時に放送およびその受信の進歩発達に必要な業務を行い、合わせて国際放送および協会国際衛星放送を行うこと」とされている。一般家庭は

NHK と受信契約を締結し、受信料を徴収される。そこで NHK は「公共放送」と呼ばれている。これは国が直接運営する国営放送や広告(コマーシャルメッセージ)を主な収入源とする民間放送と区別するためのものである。

NTV(日本テレビ放送網株式会社)は関東広域圏を放送対象地域としてテレビジョン放送を行う日本の特定地上基幹放送事業者である。1953 年 8 月に日本初の民間放送テレビ局として開局した。プロ野球やプロレス中継などのスポーツ番組や『なんでもやりまショー』などのバラエティー番組に強みを持ち、ラジオ東京テレビ(現在の TBS テレビ)開局後も営業成績では上回っていた。特に後楽園スタヂアム(現在の東京ドーム)と野球の巨人チームの主催試合の独

占中継権を結んだのが有利に働いた。著名なアニメーション映画監督の宮崎駿率いるスタジオジブリとの関係も深く、同社の作品を独占的にテレビ放送する権利を持つ。ちなみに日本テレビのマスコット「なんだろう」は宮崎駿が手掛けたものである。現在、東京民放キー局の中では唯一時代劇やサスペンスドラマ・刑事ドラマの制作を行わず、再放送枠も設けていない。連続ドラマはヒット作には恵まれているが、制作数は少なめである。

EX(株式会社テレビ朝日)は、関東広域圏を放送対象地域とする特定地上基幹放送事業者である。1957 年、テレビ業界への進出をうかがっていた東映、日本短波放送(現・日経ラジオ社)およびその親会社である日本経済新聞社、そして旺文社など出版関係者が中心となり、教育番組専門局として株式会社日本教育テレビとして設立した。免許交付の条件は、教育番組を 50%以上、教養番組を 30%以上放送するというものであり、営利を目的とした教育専門局は世界でも珍しかった。しかし、この試みは事実上失敗に終わり、事実上の総合放送局化を図った。そして 1977 年、全国朝日放送株式会社に社名変更して略称を「テレビ朝日」として今日に至っている。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接