日本垃圾分类处理方法在中国城市实施可能性的讨论-以江苏南京为例毕业论文_日语毕业论文

日本垃圾分类处理方法在中国城市实施可能性的讨论-以江苏南京为例毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

在世界经济的高速发展过程中,人们在体会到极大的便利性的同时也苦恼于伴随而来的各种问题。特别是愈来愈严重的环境问题,世界各国无一不感到头痛。

不言而喻,世界各国都致力于环境问题的改善。接下来,本文将着眼于与改善环境问题有着密切联系的垃圾分类问题。

提到垃圾分类,就不得不提到以此为傲的日本。日本的垃圾分类经过多年的实践,至今为止已经取得了喜人的成果。当然在这样的成果背后,可以看出日本坚持不懈的努力和智慧的凝结。但是,从日本的垃圾分类的独特实施方法角度来看,似乎能得到更多的启发。而这对于中国而言,十分具有研究意义。只是,因为中国各地区的差异性较大,想对中国全国进行垃圾分类的考察是相当耗费时间的,并且也存在着许多困难。因此,本文主要以江苏省的省会城市南京为研究对象,围绕垃圾分类展开分析。

南京市目前在实行垃圾分类处理,但是效果并不好。从实施的具体情况来看,我觉得有市民的配合度不高等原因存在。特别是实施的方法还需要好好斟酌。正因如此,从日本垃圾分类的实践中汲取优秀的经验的紧迫性是显而易见的。本文通过考察日本垃圾分类的优秀经验,希望能对于南京垃圾分类的改善有所助益。

关键词:垃圾分类;可行性;中国南京;日本

目  次

はじめに 1

1 日本の環境事情とごみ分類 2

1.1 日本の環境事情 2

1.2 日本のごみ分類 2

2 中国の環境事情とごみ分類 5

2.1 中国の環境事情 5

2.2 中国のごみ分類 8

3 南京の環境事情とごみ分類 10

3.1 南京の環境事情 10

3.2 南京のごみ分類 10

4 南京でごみ分類を実施する可能性の討論 11

4.1ごみ分類の面から見ると、南京今の存在している問題 11

4.2 南京でごみ分類を実施する可能性 12

おわりに 15

参考文献 17

謝  辞 18

はじめに

今の社会は,人口はますます増えている。人間の生活の物質はだんだん豊富になっている。それゆえ,毎日たくさんのゴミが出ている。大量のごみが積み上げているため、環境にも悪い影響を与えた。そして、人間の生活にも悪影響を及ぼしていた。だがら、ごみ処理に関する問題は甚だしくなっていく。それでごみ処理の方法も以前より人々に大切されることになったいた。人類は使い捨てから循環型へリサイクル社会を追求するために、世界の諸国はたくさんの規則を定めるとか、対策を講ずるとか、ごみ処理の具体的な方法を作り出すとか、精一杯努力していた。、

今の世界では、日本のゴミ処理の方法は特に研究する必要があると思う。日本の処理方法は多種多様であるし、実施の効果も容易に見られた。日本の経済が発達していることは言うまでもない、環境保護についてのこともまじめに行われていた。例えば、日本へ行った観光客は誰でも日本の街でも景勝地でも本当にきれいと感嘆した。これも日本の環境保護の成果と認められる。しかも日本のごみ処理も環境を保つ行動の重要な一環と知られている。言い換えれば、日本の環境のよさは全国はごみ処理に全力を傾けていることに密接な関係がある。日本人はほとんどは環境保護意識を強く持っていて、日常生活のささいなところまでも疎かにしない、その中ではごみ分類はとりわけ際立ってよい。

本論は中日のごみ分類を研究対象とし、そして中国の南京を例にして日本人と中国人はごみ分類に対する態度や行為など、そして両国のごみ分類の方法の異同を対比しながら、両国の社会背景と加えて詳しく分析することによって中国は日本のごみ分類の経験に学ぶ可能性を探し出したい。

1 日本の環境事情とごみ分類

1.1 日本の環境事情

日本は数十年の間に発展を遂げ、世界的に見ても、非常に豊かな国に成長した。しかし、その反面では、人間の大規模な経済活動や使い捨て型のライフスタイルとシステムは、地球温暖化、海洋汚染など、さまざまな環境問題を引き起こしている。さらに日本などの先進国、そして発展途上国においても、これらの問題に加えてごみ問題が深刻化している。

1.2 日本のごみ分類

ゴミ処理の問題については、日本はどの家庭でも規則どおりに行動するそうだ。それは、ゴミを分けておいて、指定された曜日に出すことになっているのだ。ゴミは普通古い新聞・空き瓶・プラチックなどいくつかの種類に分かれている。臭いもなくて、とてもきれいだ。大人だけでなく、子供たちはその分ける方もはっきり分かる。小さいころから、環境保護意識がついていたというわけだ。だって,今の多くの国家ではゴミ処理の問題がだいぶ深刻化になった。ゴミの回収する意識を持つ人も少なく、関連する法律もない。みんなゴミを分けないで、そのまま外に出してしまう。すると、ゴミ場は汚くなってきる。だって,日本の処理場はすごくきれいだと思う。分けられたゴミは大きな網で覆われて、周囲に悪い影響はすこしもない。都会から離れた町でもそのように忠実に行動すると聞いている。

それから,次に、日本は再生品の生産技術も進んでいる。使い捨てケースを使わない人がかなりいるようだ。代わりにに、再生ケースを利用している日本人はだんだん増えている。すなわち、人々はケースを使った後、プラスチックケースを洗う、回収場所まで持って行く。その集められたケースは関連工場でもう一度使われている。すると、資源の利用率が上がる。白色汚染も起こりにくくなる。

日本人はなぜゴミ処理の問題を解くことはそんなにすばらしいか?原因はいろいろがあると思う。

まず,日本は環境保護意識をよく宣伝している。とにかく日本政府と日本のマスコミ。

それから,日本人も環境保護意識をよく宣伝している。もしあなたは日本で留学するとか、生活するとか,あなたはゴミの分類の方法が知っているべきだ。もし外国人としてのあなたは日本で家を賃借りすると,家主の一番関心のことは家賃でなく,あなたは日本のゴミの分類の方法を知っているかどうかかもしれない。もしあなたは知っていなくて,家主はこれをあなたに教えるかもしれない。日本の子供はまだ小さい時,日本のゴミ分類の方法はよく知っていた。学校もこれを学生の必修科目としている。子供は教室だけでなく、工場などでもいろいろな環境保護知識を教えられている。もしある人は規則どおりに行動しなくて,ほかの人は監督することにしている。また,必要な時,マスコミも力を出すことができる。それで,外国人が日本らしいゴミの分類の方法を影響されない。つなり,日本で生活すると,これは勉強しなければならないこと。[1]

もう一つの原因は,日本人の集団意識のためだと思う。日本人は強い集団主義思想を持っている。日本の伝統文化の中で,人間は共同体の集団に属している,個人の利益は集団の利益に従属しなければならない。日本人は,個人でいるだけは優勝とは限らなくて,グヌップになってから,巨大の力量がだすことができる。強いの集団意識は日本人の排外の意識を強化している。あるグヌップでだれでも任務をよくしていなかった時,ほかのメンバーが非難することにする。ゴミの分類の問題もそうだと思う,日本人のこの特有の意識は日本は世界で多くの外国人に感心させるとか,偉大な建設成就を取ったとかの原因の一つではないだろうか。

もう一つは,日本では,環境保護についての法律あるいは規則は健全だ。それから,対策を施設した効率はすごく高い。70年代初期、日本の環境はとても悪くて、新聞にも空気や水などがすごく汚染された報告がよく見えたということがまだ覚えている。20年も過ぎて、日本は整備を通じて、環境がもう昔と大きく変わった。[2]去年の春と夏、日本に見学するとき、川が清らかで、空が澄んでいて、魚が川のそこを自由に泳ぎ、鴨が湖で波を翻って餌をあさっていることがよく見えた。国際大都会としての東京で、朝烏の鳴き声までも聞こえるなんて、本当に感心している。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接