北野武和他的暴力电影 ——以电影《花火》为中心研究毕业论文_日语毕业论文

北野武和他的暴力电影 ——以电影《花火》为中心研究毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

1997年在威尼斯国际电影节上获得金狮奖的第七部作品《花火》HANA-BI朝我们走来。这是北野武编制、导演、剪接,并以彼得武的艺名主演的一部影片。经历过多次探索之后;北野武的影片达到了一种精炼的成熟。多多运用即兴摄影的电影制作方法所产生的一种破天荒的趣味性,虽然仍是自由奔放的,但它自然而然地形成了一个作品世界。通过对《花火》这部电影的分析,来了解什么是暴力美学,暴力美学如何被北野武独特地应用到自己的电影中,以及由此来分析日本的国民性问题。

北野武是在矛盾对立中追求平衡的一个电影导演。他的作品有着鲜明的个人风格,带着两重的极端性。极端的冷酷主义和极端的感伤主义。从这点中我们也能看到日本这个民族性格中的很多对立性。

更进一步的思考,很多的日本电影中都带有或多或少的暴力因素。电影中的暴力因素的存在,大多都带着其所要表达的有意义的思想在里面。有时表面上看是简单的暴力现象,而本质上却仍然包含着温情主义和浪漫主义。在《花火》中,象征着理性而正义的警察为了同事遗孀的生活费和自己妻子临终旅行的费用而决定抢银行。表面上看电影主人公是一个社会的反动分子,但其实他确实一个队兄弟讲义气对妻子有着无私的爱的一个人。暴力电影中的暴力画面只是视觉上的一个冲击,而其所蕴含的是默默地温情与善良。暴力和温情相互交织,这也是北野武电影最不可或缺的魅力。

关键词:北野武;暴力电影;暴力美学;花火

目  次

はじめに 1

1 北野武の紹介 2

1.1 少年と大学時代 2

1.2 芸能生涯 3

2 北野武の映画中で反映した暴力手法 5

2.1 「暴力の美学」の绍介 5

2.2 北野武「花火」の暴力手法 5

3 「花火」の暴力手法から見た人間性 8

3.1 「花火」の人物えの分析 8

3.2 「花火」の人物から見た日本人 9

終わりに 11

参考文献 13

謝 辞 14

はじめに

日本映画の歴史を見渡して、暴力映像は大役を演じている。この領域に、黒澤明、北野武および三池崇歴史などの何代の優秀な映画の人のたゆまない努力を凝集し、それなりの映像スタイルを形成していた。またこの独特の特徴によって世界映画界に入った。暴力のコンプレックスは日本映画の民族品格を明らかに現した。この種類の民族特徴は大きな程度に軍事、武術や侍の精神を尊ぶなどの伝統的な文化から派生してきた。同時に当代日本社会の厳しい生活環境を反映した。私たちは日本映画は暴力映像の裏に誘発した文化に注意を払うべきだ。

暴力は、ずっと多くの日本映画の鮮やかな特徴だ。1930の年代から「ニューウェーブ」まで、日本の暴力映像はすでに生まれた。 そのときに、暴力映像はただ日本映画の支流だった。50、60の年代に到達して、新しい暴力映像は次第に日本映画の主流になった。黒澤明、大島渚、深作欣二のような匠段人物が大量に現れていた。20世紀の90年代にそれ独立映画と地下映画の聳え立つに従って、たくさんの新世代の監督はだんだん現れてきた。特に北野武、北村竜平などの代表監督をはじめ、彼らは個性を標榜し、革新した芸術を追求し、時には鮮血に額ずいて、暴力シーンに過度に耽っていた。これは映画の新しい時代、すなわち暴力映像時代の到来を宣告した。

北野武は東京都足立区に生まれた。彼は日本で著名な映画監督、俳優、漫才芸人、テレビ番組司会者、大学教授、さらに 現在日本映画界で重要な一員だ。「日本映画の新天皇」と称えられている。彼の映画には分類することができなくて、アクション、反社会組織、青春、時代劇、コミックなどを含めている。彼の代表作品「花火」、ベニス映画展覧会の金獅子賞モントリオール映画展覧会のベスト監督賞を勝ち取った。世界各地のメディアは彼と黒澤明を並んで、黒澤明の後継者と見なしていて、また日本映画復興の旗手と褒め称えられている。

本論文は北野武の映画代表作品「花火」が研究の対象として、北野武が映画に暴力美学の応用を研究することによって、北野武の映画スタイルの裏に現れてきた日本国民性を研究する。

1 北野武の紹介

1.1 少年と大学時代

東京都足立区島根町(当時)にて、塗装職人の父・北野菊次郎(1897年4月1日 – 1977年)と、母・北野さき(1904年 – 1999年)の五男(幼少時に夭折した兄が一人いるため、実質は四男として育つ)として生まれ、「竹のようにどんなものにも耐えてすくすく伸びてほしい」との願いから、「武(たけし)」と命名された。1982年「週刊サンケイ」の小林信彦との対談では「生まれたのは浅草で、すぐ移って、物心ついた時には足立区にいたんです」と話していた。「色白で細面、小柄だが俊敏で友人からは「ターチ」と渾名された。兄姉とは年が離れていたため、祖母に非常に可愛がられて育った。母親からは厳しく接せられた。」[1]

足立区立梅島第一小学校に入学した。教育熱心だった母の薫陶が功を奏し成績は優秀で、特に算数と図画工作が得意だった。小学校卒業後は、母親が進学校を希望したため、近隣の中学ではなく、遠く離れた足立区立第四中学校へ越境入学した。中学卒業後、東京都立足立高等学校に入学。なお、小・中・高といずれも野球部に所属(高校は、軟式野球部)したが、高校時期にヨネクラジムでボクシングを習っていた。なお、演芸場時代は、漫才師の野球チーム「メダトーズ」に加入していた。また未成年時代に飲酒していたことも自身の著書で明かしている。

1965年(昭和40年)に高校を卒業し、母親の薦めで、明治大学工学部(後の理工学部)機械工学科に現役合格し入学した。しかし大学での生活には適応できず、五月病を患うようになり、大学2年の時には、家出同然に一人暮らしを始め、新宿界隈で当ての無い日々を送るようになった。

学生運動にも参加したが熱心ではなく、ジャズに傾倒した。“LeftyCandy”や「新宿ACB(アシベ)」、「風月堂」などに入り浸った。また、ジャズ喫茶のボーイもしていて、ジャズの見識は一部で有名であった。新宿のジャズ喫茶「ビザール」では、若松孝二、小水一男らと知り合う。また「ビザール」のボーイの後輩に萩原朔美がいた。ヴィレッジヴァンガードで、遅番のボーイとして働いていた時は、連続射殺事件の永山則夫が早番のボーイとして働いていた。「ジャズ・ビレッジ」の壁に書かれていた文章「強く生きよと母の声、死ねと教えし父の顔、何のあてなき人生なり」が心に残った。

この頃は青春の葛藤期でもあり、友人の下宿に居候しアルバイト三昧の青春時代を過ごした。ジャズ喫茶のボーイ以外に、菓子の計り売り、実演販売員、ビルの解体工、クラブのボーイ、東京国際空港での荷卸し、タクシー運転手、ガソリンスタンド店員を転々とした。東京国際空港の荷役作業ではジャズ喫茶の常連客だった中上健次が先輩におり共にガルーダ航空の荷役として働いていた。後に通訳になろうと思い立ち、留学費用を稼ぐ目的でタクシーの運転手を務めるも半年で退社、ガソリンスタンドでアルバイトをした。この間、若松との縁で『新宿マッド』『腹貸し女』など、幾つかの若松プロ初期作品に端役ながら出演したり、学生演劇に参加したが、ヴォードヴィルのような軽演劇で、舞台役者ではなく構成に携わっていた。

「大学は140単位のうち106単位まで取得していたにも拘らず、結局通学せずに除籍。」[2]のち、2004年(平成16年)9月7日、明治大学より「特別卒業認定証」及び知名度アップに貢献したとして「特別功労賞」を受賞した。

1.2 芸能生涯

1980年代初頭に起こった漫才ブームの中で社会風刺を題材としたシニカルな笑いツービートで人気を獲得し、フジテレビTHE MANZAIやその後継であったオレたちひょうきん族らに出演し番組が大ヒット、お笑い芸人のみならず、日本のテレビ界を代表するタレントとなった。一般人、芸能人(特に後輩芸人)問わず発言や行動に多大な影響力をもつ人物の一人だ。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接