学校におけるいじめ問題毕业论文_日语毕业论文

学校におけるいじめ問題毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

在看日剧的过程中我发现围绕校园欺凌事件展开的很多。再加上小学时我曾亲眼目睹校园欺凌事件的发生,于是对校园欺凌事件产生了更加浓厚的兴趣。

在我的这篇毕业论文中我将校园欺凌大致分为两种来解释说明。几乎每天都能在网络,报纸等上看到关于校园欺凌事件的报道。由此可以看出如今世界各地的校园欺凌事件似乎越来越严重,也因此越来越受到人们的关注。日本文部省每年都会对本年度的校园欺凌事件进行调查并做成数据向社会发布调查结果。从文部省发布的权威数据来看,日本的校园欺凌事件仍然十分严重,甚至有更严重的趋势。校园欺凌事件的发生,学生自身,家长,老师都存在原因,都有不可推卸的责任。从中日校园欺凌事件的报道中,我们可以从中发现中日文化之间存在不少差异。比如:日本社会更易关注受害者而中国则将目光更多投向施害者。

关键词:欺凌;类型;原因;中日文化差异

目  次

はじめに 1

先行研究 2

1 いじめの定義や学校におけるいじめの種類 4

2 日本の学校におけるいじめ問題 5

2.1 鹿川裕史君や大河内清輝君事件の事例を出す 5

2.2 現状について 6

2.3 発生した原因について 8

2.3.1 学生自身や家庭の原因 8

2.3.2 教師の原因 9

3 中国におけるいじめ問題 11

4 学校におけるいじめ問題から見る、中日両国文化の違い 12

おわりに 14

参考文献 15

謝  辞 16

はじめに

 この論文で書いた学校は小学校、中学校、高校が含まれる。

高校から今まで、いろいろな日本のテレビドラマを見てきた。その中で、学校におけるいじめを本筋として展開するのが多いということに気が付いた。確かに、教育が次第に重視されつつある現在では、学校におけるいじめが深刻な問題になっているのも認めなければならない事実だ。

小学校の時、階下のクラスの中で、いじめっ子がいた。だが、その時私はまだ幼くて、何も分からなかったから、ただあのいじめっ子が悪くて、そして、彼にいじめられた子を気の毒に思うだけだった。中学校の時、あのいじめっ子は不良少年になったから、退学処分を受けた。それによって、彼は自分の手で前途をぶち殺してしまって、今もごろつきだそうだ。高校の時、「野ブタをプロデュース」というテレビドラマを見て、私が改めて、学校でのいじめを問題にして重んじてきた。同時に、日本の学校におけるいじめ問題に興味を持つようになった。

日本は世界で学校におけるいじめ問題が比較的深刻だと思われる。しかも、これは日本の高い自殺率の原因の一つとしても、いつも挙げられる。むろん、中国でも学校におけるいじめが常に目にされるが、、甚だしくは法律を犯すに至るほどの重大な事態にならない限り、社会の注目を浴びる可能性が少ない。しかも、日本社会はいじめられた子により多く注目する。それにひきかえ、中国社会はいじめっ子に注意を払う傾向がある。

したがって、私はこの卒業論文を通して中日両国の学校におけるいじめ問題を比較したうえで、中日両国の文化の違いを探りたい。

先行研究

学校におけるいじめ問題が、前から、社会に注目されている。

日本の方から見れば、2012年12月10日日本文部科学省の調査結果によると、2012年度日本における国立私立小学校、中学校そして高校に認められたいじめ件数は約前年度の2.8倍になった。つまり、約19.8万件に上がった。これは1985年調査し始めて以来最も多いと言われた。[1]

保坂展人は80年代から学校でのいじめを研究し始めて、いじめに苦しむ子どもたちにインタビューして、学校問題を追ってきた。1986年日本をあっと言わせた「鹿川裕史君事件」が発生した後、保坂さんの事務所に届けられた手紙が数え切れないほど多かった。それらの手紙が全部苛めっ子やいじめられた子からだ。保坂さんは手紙やこの前の取材記録を集めて、そして、当時学校におけるいじめ事件が急増した理由を分析して、人々に行動するようにを呼びかけてきて、その解決の道を探る。[2]

尾木直樹は『子どもの危機をどう見るか』という著書の中で、いじめ問題を子どもの危機の一つとして取り上げて示した。そして、「いじめとは、教師からは見えない世界で行われ、しかも加害者、被害者ともに教師には報告しないという点が最大の特徴だから、調査を通して、いじめの実態を把握するのが極めて困難だ。」ということを指摘した。[3]

『朝日新聞』は2006年に、「今年に最も印象深いニュース」について調査をした。その結果、「小中学生たちは学校でのいじめで自殺した」という記事が203票を得て、そして、第3位になった。[4]

中国の方から見れば、陸士偵さんと王ヤクさんが2005年出版した『青少年社会工作』の中で、青少年の定義、青少年観、青少年社会工作の基本理論、内容、原理、そして、具体的な方法について、全面的で系統立てて説明した。その上、読者が更に簡単に分かることができるために、二人が理論とわが国の実情を結び合わせて、典型的な例を出して、分析した。[5]

中国でもう一人の学校におけるいじめ事件の研究者は徐久生さんだ。徐さんは学校暴力という言葉が大量にわが国のマスコミに取り上げられたのは20世紀末のことだ。しかも、この言葉はわが国の犯罪学者、法律関係者、教育者が

学校におけるいじめに注目してはじめて、使われ始めた。徐さんは外国の学校におけるいじめやその調査方法、結果を研究して、人々(例えば、教師、学生、保護者)のいじめについての認識がおのおのだということに気づいた。これはいじめ事件が発生した原因や受けた影響がそれぞれだからだと徐さんが結論を出した。徐さんが自分の研究を整理して、2004年『学校暴力研究』という本を出版した。そして、本の最後に、学生、教師、保護者に個別に作ってあげたアンケートが付け加えられた。[6]

1 いじめの定義や学校におけるいじめの種類

いじめ防止対策推進法(2013年6月28日法律第71号)によれば、「いじめ」とは、「児童等に対して、当該児童等が在籍する学校に在籍している当該児童等と一定の人的関係にある他の児童等が行う心理的又は物理的な影響を与える行為(インターネットを通じて行われるものを含む。)であって、該当行為の対象となった児童等が心身の苦痛を感じているものをいう」[7](第二条一項)。

学校におけるいじめを分類すれば、大体「暴力系のいじめ」と「コミュニケーション操作系のいじめ」のような2種類に分けられることができる。前者の「暴力系のいじめ」は字面を見るだけで、分かると思う。つまり、いじめっ子がいじめられた子を殴って、蹴って暴力を振るう。それによって、直接にいじめられた子の身体などに苦痛を与える。しかし、後者の「コミュニケーション操作系のいじめ」は本当の意味のコミュニケーションではなくて、いじめられた子に対して、むしろ逆に無言だ。更に具体的にいうと、悪意をもって、よく口頭、又はメールなどを通して、事実無根のことや人の悪口を言って、他人の名誉を傷つけるという目的を果たしようとしている。その他、何人かが笑いながら話しているのに、ある子が来ると、みんな話を止めて立ち去ることも「コミュニケーション操作系のいじめ」の一種だ。このようなことをして、いじめられた子に頼る人がいなくて、一人だけで存在するような孤立感を与える。一言で「コミュニケーション操作系のいじめ」をまとめると、無言の精神的な暴力だ。私の方から見れば、後者の方がより深刻で学生の健康な成長に不利だ。これは胸の中の苦しさはとても口では言えないからだ。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接