吉本芭娜娜文学的奇妙性——以《厨房》中的变性人惠理子为中心毕业论文_日语毕业论文

吉本芭娜娜文学的奇妙性——以《厨房》中的变性人惠理子为中心毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

惠理子这一角色用一般人的习惯方式很难理解的“变性”来斩断和过去世界的原有的联系。是雄司(惠理子)所采用的“重生”方式。首先,通过变性,他才得以告别丧妻之痛。不会再爱上任何人,说明对妻子的忠贞不渝。再者,通过变性,也能远离曾经伤害过他的这个世界,只有用另一种生存方式才能让他鼓起对生活的热情。关于性心理学中,对于“易性”也有这样的研究,因为生活中遇到挫折,转而想改变性别,生活在另一个性别的世界中。摆脱现实的痛苦,治愈心灵的创伤,开始一段新的生活,选择一种新的生活模式,他选择了变性。对经历着无亲无故、英年丧妻、生活困窘的雄司来说,他认为作为一个男人活在这个世界上要比女人困难得多。原有的爱情、亲人和那盆菠萝一样离他而去,然而,他还是要继续生活下去。

二战以后,日本经济进入了高速发展时期,社会也在急剧变化中,传统意义上的家庭毋庸置疑也在被冲击的行列之中,人们的思想观念也产生了变化。《厨房》中,芭娜娜对传统家庭观念业已破裂的时代,围绕新的家庭模式的日益形成而阐述出自己的观点。对于直观或者面临这一现状的年轻读者来说,只有通过这个新的家庭观念的形成,才能得到一种慰藉。

关键字:惠理子;芭娜娜;变性;家庭;重生

目  次

はじめに 1

1 恵理子という人物のイメージ 3

1.1 恵理子の出身 3

1.2 恵理子の特質 4

1.3 バナナが恵理子への設定 5

2 恵理子からバナナまで 7

2.1 恵理子に与えた期待 7

2.2 バナナの特別な幼年期 8

3 バナナ作品の再生への考察 11

3.1 『白河夜船』の寺子へ 11

3.2 夢と再生 12

3.3 死と再生 14

おわりに 16

参考文献 18

謝  辞 19

はじめに

バナナは『キッチン』によって、日本文壇に登場してから、その文学が広く受け入れられ、激賞されている。多くの評者がバナナ文学が発散している「無邪気」や「若い匂い」にひきつけられているが、文学の新しさがあとにわかいてくるもっと新しい文学の取って代わりであろう。しかし、バナナが1988年海燕新人文学賞を取って花々しく文壇にデビューしてから今まで創作しつつ、日本でも海外でも高い人気を持っている。その文学の研究を表層の視点に止まらずに、もっと深層を掘り出し、この作家の主題を浮かび上がらせる必要があるのではないか。

研究者たちは「治癒」について検討した時、大体作品人物の形象、場面の設置や孤独、死亡などの方面から多くの作品を材料にして似ている元素を研究した。主人公ほかの人物から作品の奇妙な構成のきつかけまたは過程に対する研究は、残念ながら、日本でも海外でもまだ比較的に薄弱な段階にある。

私が、この論文では、バナナ前期の小説『キッチン』の恵理子なるトランスセックスを中心に、吉本バナナの作品では、魅力にあふれた人物を研究と思っている。この「奇妙な再生」は「第二人生」であると思う。

主題とは、小説に埋もれている本質である。主題についての検討は、登場人物の形象、言語、行動やその性格、作者の創作意図、また小説によって表現されている作者の世界観及び人生観などへの分析を含んでいる。つまり、ここでの主題研究は文学作品などの中心となる思想内容について研究である。バナナ文学、とくに前期作品には、一貫している幾つかの主題があると思われる。その中に、死亡と人間存在という主題はバナナがデビューしてからずっと重視しているテーマである。バナナの作品では死亡の設定が頻繁で、彼女は生涯追及する大きなモチーフとして一番興味を持っている。

バナナの作品が唯死亡の場面や死亡への畏敬に止まらなく、よく死亡から展開し、人物が一度絶望に落ちた。それで、幻想や夢、また何か不思議な力によって、倫理や血縁などの束縛を脱し、希望を持って生きていけるというものである。すなわち、バナナが描いた「死亡」は生命と相対する存在ではなく、ただ、死亡の影で展開して、運命と反抗していたが、かえって生命の希望を呼びかける。そのほかに、家庭の死亡がもたらした家庭の崩壊と新しい家庭の構築の夢もバナナ文学のテーマである。彼女の作品におけるもう一つの主題は、人間が子供から成長する大人へと自立できるということだと思われる。若い主人公が危機や困難を克服して、新しいステージに立ち向かっていくことを描き出している。人物たちが、生命の過程で何らかの難しい状況に陥ったとしても、人生を進行していくわかもの希望を持って、絶望や孤独を乗り越えようとする。

この論文は、恵理子を中心で、トランスセックスの特別の角度からバナナ文学に深層な研究をしたい。まず、恵理子という人物のイメージを紹介したい。「彼女」の出身、特質と(作者が)人物の設定の三つの方面において具体的にこの人物を分析したい。第二に、バナナ本人と恵理子が「糸」で結びつく、作者と恵理子この二人が似ていた所を考えたい。最後に、『キッチン』はほかに、バナナの別の作品では、恵理子と似ていた再生できる人物を研究したい。

1 恵理子という人物のイメージ

本章では、恵理子という人物のイメージを紹介したい。「彼女」の出身、特質と(作者が)人物の設定の三つの方面において具体的にこの人物を分析したい。

1.1 恵理子の出身

『キッチン』には、伝統的な家族概念で定義すれば、家族と言えるものは一もない。小説のはじめ、主人公美影は祖母に死なれて、この世で血縁の繋がりがあるものは誰もいなくなる。それで、雄一[1]の家に住む。雄一の家庭も普通の家庭ではない。当時の父が絶望したあげく、オカマになり、雄一を育てきた。そのため、雄一の家族も、伝統的な家族ではなく、ふうがわりな家族になってしまった。雄一の母恵理子は性転換手術を受けて人間で、元は雄一の父雄司であった。

性転換前、雄司は無口な男だった。彼は子どもの頃、家族が思いがけない出来事が発生したので、雄一の母の家族に引き取られた。彼は雄一の母と幼馴染の恋人になった。男だった頃でも顔だちがよかったからかなりもてたらしい。「お母さんにものすごく執着してねえ、恩を捨ててかけおちしたんだってさ。」(雄一がそういう言った。)雄一の母が死んじゃった後、恵理子さんは仕事を辞めて、まだ小さな雄一を抱えてなにをしようか考えて、女になることに決めたんだ。「もう、誰も好きになりそうにないからってさ。女になり前はすごい無口な人だったらしいよ。」[2]半端なことが嫌いだから、顔からなにからもうみんな手術しちゃって、残りの金でその筋の店をひとつ持って、雄一を育った。

1.2 恵理子の特質

美影は恵理子と見る時に「彼女」の美貌でびっくりして目を見開いてしまった。「かなり歳は上そうだったが、その人は本当に美しかった。」[3]日常にはちょっとありえない服装と濃い化粧で、彼女のおとつめが夜のものだとすぐに理解やすい。肩までのさらさらの髪、切れ長の瞳の深い輝き、形のよい唇、すっと高い鼻すじ。そして、その全体からかもしだされる生命力の揺れみたいな鮮やかな光、人間じゃない見たい。

元の雄司は性転換手術を受け、女になってから、「生まれ変わる」ようで、第二人生を踏み出したのである。同時に、元の家族も転換したわけである。父と子の家庭から母と子の家庭にかわり、恵理子は真実の母ではないなら、当然普通の単身の母親と子供の家庭と比べると、その機能と様子も異なるに違いない。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接