『おくりびと』から見る日本人の死生観毕业论文_日语毕业论文

『おくりびと』から見る日本人の死生観毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

《入殓师》是第81届美国奥斯卡最佳外语片获奖电影。作为一部描写死亡的电影,我认为《入殓师》没有丝毫的阴森恐怖和悲观绝望,悠扬的配乐、唯美的画面、人情的温暖,好多是让人感动的东西。通过这部电影,我们对日本人的生死观有了初步的了解。众所周知,日本是一个单一民族的国家,日本人的生死观大体上是相同的。那么,日本人拥有什么样的生死观呢?形成这种生死观的原因是什么?这种生死观对日本人又有什么影响?

本文通过电影洞悉日本人的精神世界,从而了解他们对于生和死的想法。

关键词:日本;生死观;原因;影响

目  次

はじめに 1

1 『おくりびと』中の死生観 2

1.1 死は門である 3

1.2 死と生はつながっている 3

1.3 死者を尊敬 4

2 日本人の死生観の原因 6

2.1 独特な地理環境 6

2.2 宗教特に仏教の影響 6

2.3 現代の日本人の生存圧力 7

3 日本人への影響 9

3.1 序列社会 9

3.2 含蓄の性格 10

3.3 勇敢と仕事熱心 11

3.4 集団意識 12

おわりに 14

参考文献 15

謝  辞 16

はじめに

「おくりびと」は第81回アメリカのアカデミー賞外国語映画賞を受賞した映画である。映画の主人公は元チェロ奏者で、オーケストラが解散したため、ふるさとの山形県に帰り、遺体を棺に収める仕事に就く。仕事の期間、彼は遺体に変装したことができるし、怖い死体に接触したことができるし、死者の家族の冷淡の目つきと差別に遭遇する。友達の誤解ひいては奥さんの家出したことに遭遇する。何回の放棄する主人公は社長の案内のもとで次第に自分の職業を心から愛してことがある。彼はやる気満々である。そして最後に奥さんと友達の理解と支持を勝ち取った。死亡を描写した映画として、「おくりびと」は全然怖い感触と悲しい感触がない、筆者はそうと考えられる。抑揚のある歌声とか耽美の画面とか人情の温かみとか、いろいろな感動することがある。この映画から思わられるメッセージは、日本の文化と習わしなだけではない、風土と人情がまだある。もちろん、この映画を通じて、筆者も日本人の精神世界を知り抜くことができる。彼らの死と生の考え方を了解する。筆者はこの中から啓発を受けることができる。

1 『おくりびと』中の死生観

死と生の関係について、日本人はその両者はっきり対立したのではないと考えられる、関連性がある。生は死の始め、死は生の続き。死は永遠のひっそりと静まり変えっていることではない、転々とする生に向かったのである。人の魂は永遠に消えない、不滅になることができる。日本の学者、立川昭二は日本人に対して行われたあるアンケート調査で、「死後の世界(あの世)があると思いますか」と言う問いに対して、「あると思う」と「ないと思う」と答えた人がともに29.5%、「あると思いたい」と答えた人が40%もあったそうである。しかも死後の世界の存在を信じるのは、年輩者には少なく、むしろ若い人に多いという傾向が見られたそうである。また、「死者の魂(の存在)を信じますか」と言う問いに対しては、「信じる」と答えた人は54.0%、「信じない」は13.4%、「どちらとも言えない」は32.0%でした。「死と生の世界は断絶か、それとも連環しているとおもいますか」と言う問いに対しては、「断絶している」が17.4%なのに対して、「どこかで連環している」は64.6%、「わからない」が18.0%だったそうである。 「日本人にとっては、生と死の世界ははっきり断絶しているのではなく、どこかで連環していると言う考えに通ずる。」、「実は「死生観」と言う語も、日本語独自のものである。生死という時、それは生と死をはっきり切り離すのではなく、生から死へ、死から生への連続的なつながりを考え、生と死の間にはっきりとした断絶を考えない。」、立川昭二は以上のように述べている。有名な作家の村上春樹は「ノルウェイの森」の中で、「死は生の対極としではなく、その一部として存在している。」の叙述もある。

1.1 死は門である

映画の中で葬儀社の従業員平田は風呂屋の女将さんを見送る時に、「死は門だなって。死ぬって言うことは終わりっていうことでなくて。そこをくぐり抜けて次へ向かう。まさに、門だ。私は門番として、ここでたくさんの人を送ってきた。「いってらっしゃい」、「また会おうの」」っていた。この話は日本人の死生観に対する最もよい解釈であろう。数年来、風呂屋の女将さんはずっと一人で風呂屋を経営している。高齢にまたまじめにこつこつと働いている。風呂屋の施設は古いが、しかし隣近所に精神の郷里であると見なされる。平田はそれが「日本第一の風呂屋」だと考えられる。女将さんは亡くなりますけれども、彼女の精神と風呂屋はまた存在する。「死は門だなって。死ぬって言うことは終わりっていうことでなくて。そこをくぐり抜けて次へ向かう。」恐らくこの意味であろ。女将さんはなくなったが、ずっとみんなと一緒にいることができる。

1.2 死と生はつながっている

主人公は初めて働く中で怖い死体に接触する、精神の上で打撃を受ける。彼が放棄したい時に、回遊の鮭が産卵するために一生懸命に川をさかのぼって行くことを見る。そばにそのため死に至る多くの魚がある。このような1枚の生死の交替する画面は主人公に不思議に感じさせる。どんな原因がこれらの魚に死亡を恐れさせないことである。「帰りてえんでしょうのう、生まれ故郷に」そばの通る平田は平板に口ぶりで言いし。後代が繁殖するために命の代価を払いますが、しかし、死の価値もこの新生命の中で体現を得ている。生命は続き。鮭このように、まして人はなおさらである。死亡は免れることができないので、平然と直面する。死んでも別に終わりじゃない、新しい命の初めである。主人公が自分の父のために納棺する時に、老人の手のしっかりと握っている小さい石をみる、父の30数年来の恨みに対して急にない。数年来、父は息子に対する気にして、一人で外を流浪している。これを思い付きますと、彼は感傷的になる涙を流す。彼は石を妊娠の妻の腹部に置いて命の巡回を象徴し。これらの一部分の中から筆者は死亡の積極的な意味を見ることができる。死と生はつながっている。人々は正しく死亡を評価して、平然と死亡に直面する。それから生きている人は必ず頑強になる。

1.3 死者を尊敬

毎日種々の死体に接触するため、人々は納棺師が不潔な職業だと考えられる。主人公は最初も自分の職業が非常に嫌いである。しかし、社長の影響のもとに、大きい感染を受ける主人公は作業の中で人生の意味を理解し、納棺師の職業の魅力と神聖な使命を理解し。「冷たくなった人間をよみがえらせ、永遠の美を授ける、それは冷静であり、正確であり、そして何より優しい愛情に満ちている。」儀式を納棺する前後で、死者の家族の情緒の変化から見る、納棺するのは簡単な死人のためが化粧して着替えるのではない。これは生者が死者に対して尊敬する1種の方法を表現するのである。これは死者に対して生前した努力の1種の感謝である。これも生者が悲しい感情を表現する方法である。映画の中で、納棺師は死者に生前最も好きな口紅をつける。この細部は筆者に死者の尊厳と体面の重要性を思われる。日本の有名な映画評論家佐藤忠男さんは「「おくりびと」には、これまでによくある悲痛感が漂う死ではなくて、のんびり安らかに、死んでゆくのがいいと考え方が流れている。そこに、日本人の死生観の進化を感じます。そのこともあって、葬送が芸術化された。ここには宗教性はなく、納棺師が遺体芸術的、美的に扱う。宗教にこだわりが少ない日本人だからこそ、先端的に洗練された文化だと思う。世界をリードしているのかもしれない。この点が海外であっと驚かれた理由ではないでしょうか。」と言いし、死者の尊重に対してを通って生きている意味を表現する。死者の態度に対してを通って生きている人に啓発をあげる。「おくりびと」は筆者に更に深く日本人の死生観を調べられる。

2 日本人の死生観の原因

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接