浅谈志贺直哉的心境小说——以《在城崎》为中心毕业论文_日语毕业论文

浅谈志贺直哉的心境小说——以《在城崎》为中心毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

根据以往的研究,私小说这一用语在大正九年九月首次被提出,到大正十三年以后,心境小说这一提法已经受到了普遍的肯定。而志賀直哉的部分作品作为心境小说的杰出代表,受到了读者的广泛好评,直到如今还为人所津津乐读。

当研究志賀直哉时,我们并不需要拘泥于“志賀是心境小说的代表作家”这一前提,真正值得我们研究的应该是志賀为何会创作心境小说这一问题。

这篇论文就是以志賀的心境小说代表作《在城崎》为重点,明白了志賀直哉由于家庭,社会环境的变化和自身心境变化等原因开始转向心境小说创作和《在城崎》中所表现出的作者探求人生真谛的心境的展开,以及作者创作上的特点等,对作者当时在文坛上的十分重要的作用以及被称为“小说の神様”的原因有了进一步的认识和认可。

关键词:志贺直哉;心境小说;转换;创作特色

目  次

はじめに 1

1 志賀直哉とその作品 3

1.1 志賀直哉の紹介 3

1.2 志賀直哉の作品 4

2 志賀直哉の心境小説への転換 5

2.1 転換の原因 5

2.2 代表作--『城の崎にて』の誕生 7

3 「城の崎にて」から見た志賀の心境小説の創作特色 11

3.1 リアリスティックな描写 11

3.2 簡潔な力強い表現 12

おわりに 14

参考文献 15

謝  辞 16

はじめに

日本の私小説は大正時代後期に確立され、花袋の「蒲団」に始まるが、その自然主義の流れとそれに白樺派の大胆な自己表白の文学があらわれ、その二つが合流して私小説、心境小説が生まれる。「心境小説」という用語は新思想派の久米正雄の命名である。彼は次のように心境小説を定義した。心境小説とは

[作者が対象を描写する際に、其の対象を如実に浮ばせるよりも、いや、如実に浮ばせてもいいが、それと共に、平易に云へば其の時の「心持」、難しく云へばそれを眺むる人生観の感想を、主として表そうとした小説である。心境というのは、実は私が俳句を作っていた時分、俳人の間で使われた言葉で、作を成す際の心的境地と言うほどの意味に当たるであう。」[1]

要するに、心境小説は、作家が自分自身の身辺を素材にとりながら深く内省したものを「そのまま」小説に書いたものである。志賀直哉は心境小説の代表作家として、作品は殆ど作者本人の実生活上の体験に基づいて書かれていたもので、これは確かに事実であろうと考えるが、志賀直哉は最初から心境小説を書いたわけではない。

志賀直哉の心境小説について、『暗夜行路』『和解』など、多くが成果を挙げている。

本稿は、以上の学者たちの研究を踏まえたうえで、志賀直哉の心境小説の代表作---『城の崎にて』を中心に、志賀氏の作品が同時代においてどのように評価されていたのかを調べ、作家主体と時代の思潮とはどういう関りを持っているかも研究し、志賀の心境小説の作風や特有な表現形式や創作手法などを少し検討したい。

1 志賀直哉とその作品

1.1 志賀直哉の紹介

志賀直哉は(1883年〜1971年)小説家、宮城県生まれ 石巻町は、世代から世代へと先祖が馬、リテーナの元のファンになって、明治維新です 。東京で祖父と移動させた後、キリスト教青年を開始した。 東京の明治大学、英語の勉強に39歳が、志賀直哉 ビッグイーストは、学業を完了していません。2歳の時に父直温とともに東京に移るが、祖母留女(るめ)に育てられる。学習院初等科、中等科、高等科を経て、東京帝国大学文学部英文学科入学。1908年(明治41年)ごろ、7年間師事した内村鑑三の下を去り、キリスト教から離れる。国文学科に転じた後に大学を中退した。学習院時代から豊富な資金力にものを言わせ、同じような境遇の友人だちと放蕩の限りを尽くす。著者唯一の長編小説である『暗夜行路』(1921年 – 1937年)は近代日本文学の代表作の一つに挙げられ、小説家・大岡昇平は近代文学の最高峰であると讃えている。志賀直哉の後半生は、1949年(昭和24年)、親交を深めていた谷崎潤一郎と共に文化勲章受章。交友関係では、学習院以来の武者小路実篤、細川護立、柳宗悦らの他、梅原龍三郎、安倍能成、広津和郎、安井曽太郎、谷川徹三ら、限定されつつも一流の文化人と交流があり、その様子は、残された多くの日誌、書簡にみることができる。戦後間もなくの時期、公用語を「論理的な言語」としてフランス語にすべきとの主張をしたことがある。しかし志賀自身はフランス語はまったく解することが出来なかった。晩年は渋谷常盤松に居を移し、1971年(昭和46年)に88歳で肺炎と衰弱のため没した。没後、多くの原稿類は日本近代文学館に寄贈された。岩波書店から『志賀直哉全集』が数次出版されている。

1.2 志賀直哉の作品

志賀直哉の心は、主流の小説を占領したが、しかし、彼ではなかったに彼は小説を書くようになった心の状態ではなく、個人的な話を書くことが最初から文学の世界、 その後、心の状態の新しいプロセスを作成する前に。したがって、彼の作品は前と後に分けることができます 。神戸大学教授、文芸評論家の有名な秦西垣 、1914-1917 3年オフペンの期間に滋賀に文学を論じる。 世界では、彼の創造は、初期と後期に分かれています。もちろん、 人々は、これに反対など五複数の秋によく知られている文芸評論家と同様に、 正史彼一生の作成は、4つの期間に分かれています:戦い、調整中、 期間、表示期間とリコール期間。根拠は、彼らが異なるため、したがって、これらの二つの方法で独自の理由がある。滋賀県の基礎となる西垣グランド商品は1914年、滋賀県の文学と自然の前に、そして、分割する傾向がある。社会的およびその他の厳格な野党文学、主な作品は、『ある朝』です 。『ウェントネット』、『大津俊二』、『スピードの夫の妹』、『かみそり』、『清 武士やひょうたん』のように。発想からこれらの作品は、自然に近い表示する 。プライベートフィクション、およびその内容は、うつ病や感情のもつれの思いを反映している。1917年から、3年後、彼は仕事を始めた、自然や社会 座標家族の統合の方向、多作期に創設。この 主な作品中には:『かがり火』、『ショートストーリー 1月3日のものの午後』、『和解』『男と妹の死』、1937年に20年以上におよ設定 だけ長い『ナイトラインロード』を完成した。志賀直哉が戦後に書いた作品は彼の末期の創作に属している、主に『山のハト』、『ムーンの灰色』、『モーニンググローリー』のように。

大正7年(1917年),志賀直哉は「城の崎にて」を創作し、これは志賀氏の最初の心境小説であり、本稿の研究の中心である。この作品は志賀氏の傑作だけではなく、また日本文学上で屈指の心境小説である。

2 志賀直哉の心境小説への転換

志賀直哉というと、日本近代文壇をちょっとだけ触れた人でも知っているはずであろう。優れた短編小説をかいて、特に独特の調和的な心境小説を発表したので、彼は「小説の神様」という名を博した。然しながら、事実のように、志賀直哉は最初から心境小説を書いたわけではない。一体どういうわけで作者が心境小説の創作に関心を寄せ始めたのか。これは志賀直哉の心境小説を正しく理解するため、必ず知るべきだと思う。

2.1 心境小説への転換の原因

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接