浅谈日本人的宗教意识——从自杀谈起毕业论文_日语毕业论文

浅谈日本人的宗教意识——从自杀谈起毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

在日本,宗教文化是日本重要文化之一,佛教、儒教和神道教影响着日本人生活的方方面面。

另一方面,日本是世界上自杀率最高的国家之一。从古至今,日本人自杀有切腹、文学家自杀等等多种方式,追究其中原因,有历史、社会、文化等多方面,不用说,宗教也是重要原因之一。

本文从日本人的自杀行为研究日本人的宗教意识,首先把握日本人自杀的现状,并分析出日本人的生死观,最后研究日本人的宗教意识。

本文的最后指出日本的佛教、神道教和儒教所主张的观念很容易使人对死亡充满向往,而日本人长期受这种思想影响,也就很容易导致自杀这种行为了。

关键词:宗教;自杀;切腹;忠;美意识;团体责任

目  次

はじめに 1

1 日本人の自殺について 2

1.1 日本人自殺歴史 2

1.2 現代における日本人の自殺 3

2 日本人の自殺と生死観 5

2.1 切腹における「忠」意識 5

2.2 文学者の自殺における「美」意識 6

2.3 自殺と現代日本人の団体責任意識 7

3 日本人の生死観と宗教意識 9

3.1 日本の宗教の生死観 9

3.2 日本人の宗教意識の影響と特徴 10

おわりに 13

参考文献 14

謝  辞 15

はじめに

世界では、日本は自殺率国でのもっとも高い国の一つである。80年代以来、日本では、20分ごとに自殺者が一人いて、連続十年で毎年二万人を超えて自殺しているという。強いストレスのせいで、このような現象が起きたと主張している人も少なくない。しかし、調査から見ると、日本人の自殺現象が古くからずっと存在していて、特別な歴史的原因があった。「自殺というテーマは、日本文化の中で、特殊な重要性を持つ」[1]と日本の学者加藤周一氏が指摘している。

日本人の自殺行為を研究する際に、日本人の生死観に大きな影響を与えた宗教意識を無視することができない。これはすでに数名の日本文化の研究者の研究によって明らかにされた。例えば、中国の学者赫祥满は「神道が人が死ぬ後、神になると思う。これは神道の基本的な観点である。」[2]という。その他、有名な学者周安平は「神道が死は中止でなくて、人の自然な構成部分である」[3]と言う。これは日本の宗教は死亡が恐ろしくではないで、生む昇華であると思うのを説明する。それを見ると、日本人の生死観はこのような宗教に影響されやすいのである。

本稿では、日本人の自殺行為の原因を究明するために、日本人の生死観、および日本人の宗教意識の生死観に対する影響を分析し、日本人の宗教意識が自殺行為とどのようなつながりがあるのかを明白にしようとしている。

日本人の自殺行為、特に自殺と宗教の関係に対する研究によって、日本人の自殺行為ないし日本人の文化や生活に対する理解をもっと深めることができる。

1 日本人の自殺について

1.1 日本人自殺歴史

日本人の自殺歴史は武士時代から始めたということである。武士自殺、文学者自殺、少年自殺などの事件は日本人自殺の歴史の中重要な役を演じた。有名な泥棒藤原は切腹した後、切腹は武士の中、だんだん流行した。最終、切腹は武士の標識になる。近代から、日本の文学者の自殺行為が当時の人民の行動を影響した。第二次世界戦争の後、日本人の自殺現象が強くなった。失業やストレスなどで、成年人が自殺を通して解脱した。近年、多くの少年日本人がインターネットを通じて、自らその身を焼きて、手首を切って、レールの上に寝て、集団に自殺した。この現象から見ると、日本人の自殺が中断しないで、しかも、自殺の人数はずっと多くなることである。

武士は9世紀中葉から、地方の領主は自分の武装を守るために、創立される群体である。10世紀の時、政府は地方の勢力の武装反乱を鎮圧するように、サムライの力量を助けた。それから、武士階級は政府の承認を得て、日本の特権の支配階級になった。でも、武士の道徳観や生活法則が形成しなかった。鎌倉時代から、武士は日本の政権を握って、武士道などについてのことが形成しようになった。サムライは義や勇や礼や誠や忠実や名誉や尚武や克己を道徳規範にするということである。これらの精神標準は武士道精神の重要な部分になった。武士道精神は長い間で日本人の思想に影響した。けれども、切腹は非常に武士道精神を体現した。日本人は「腹」を信じて、「魂は腹の中で」を思った。武士が捕虜になる時、切腹は武士の忠実の最高体現である。たとえば、有名な三島由紀夫は「最後のサムライ」[4]を言われて切腹で命が終わりを告げた。

切腹は人の腹を切って、血が少しずつ流れるというものである。この自殺方式は死に至りにくくて、相当にひどくて、人は苦痛の中でゆっくりと死亡するのだ。切腹は自分で全部ができないで、他人の助けが需要するわけである。切腹儀式はひどく重々しいである。一般は切腹者がきれいな重い和服を着て、自分で腹を切って、他人が切腹者の頭を切る。「切腹者の頭を切る人は普通は切腹の友達または信頼の家族人で、介錯人と言われる」[5]。日本人にとって介錯人はとても光栄である。特別な場合、武士は負けてから切腹しようと、相手は恐らく勇気に感心して介錯人になるかもしれないのである。それは武士の勇気を体現しないのではないであろうか。要するに、切腹は武士道の精髄で、日本の伝統文化の重要な部分である。

1.2 現代における日本人の自殺

YAHOO日本ニュースでは、「2009年の自殺者数は2年ぶりの増加で前年比596人増の3万2,845人。12年連続で3万人を超えた。日本の自殺者総数は、1998年から2006年まで9年連続で3万人を超えていた(2006年の自殺者総数は32,155人)。好景気にも関わらず、2005年から06年にかけての減少幅は1.2%(397人)にとどまった。」[6]という記事が書いてある。読売新聞2007年7月4日の記事は「日本の自殺率は米国の2倍以上、英国やイタリアの3倍以上と、国際的にみても高い。それは日本人自殺は本当にひどいが見える」[7]と言われる。また、2009年階段の最新データは日本が世界では自殺率が第6位で、24.4人/10万人にとどまった。この一連のデータから見ると、日本人自殺率はすごいのである。その他に、調査によると、「現代における日本人の自殺者は男性は比較的に多くて、老人も多いのである」[8]。これは男性と老人の社会のストレスが大きすぎるからかもしれない。現代における日本人の自殺方式は多様である。一般は飛び降り、首吊り、リストカットを風呂ですると一瞬で死ぬ、電車で飛び込みなどの方式である。同時に、現代日本人は少しの苦痛を追及して、他人に迷惑をかけないで、自分が静かに亡くなる。

現代日本人の自殺は強い社会ストレスのせいだと言われる。日本人は生まれてから、きっといろいろなストレスを面することになって、進学ストレスや就職ストレスや結婚ストレスや親を養うストレスなどが日本人の重任になる。また、日本社会で男女地位は平衡ではないが、女性は長い間心理ストレスと不平衡が大きすぎて、日本女性は自殺しやすいである。「日本の20-24歳女青年の自殺人数はアメリカのに比べて6倍を過ぎる」[9]。その現象は世界では相当に高いである。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接