从《失乐园》看日本人的自杀诱因毕业论文_日语毕业论文

从《失乐园》看日本人的自杀诱因毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

日本是世界上自杀率非常高的国家。而我国,关于自杀的新闻报道也时有所闻。如果知道了日本人的自杀原因,那一定能够对中国的自杀研究和预防起到很好的帮助。

在小说《失乐园》中,一对情侣选择了殉情。而作者渡边淳一则在小说中详细描写了这对情侣从相爱到自杀的过程。

本文将日本的自杀数据与小说失乐园的内容相结合,论证了失业、殉情、外遇为日本高自杀率的原因。

关键词:自杀;《失乐园》;日本

目  次

はじめに 1

1 日本人の自殺について 2

1.1 日本人自殺のデータ 2

1.2 自殺聖地 4

2 小説『失楽園』 6

2.1 小説の紹介 6

2.2 なぜ二人が自殺を選ぶのか 7

3 自殺率が高い原因 10

3.1 経済的な原因 10

3.2 思想と文化的な原因 11

3.3 社会的な原因 13

おわりに 15

参考文献 16

謝  辞 17

はじめに

日本は世界で平均寿命の最も長い国である。先進な物質文明と健全なシステムを持っている。しかし、日本は自殺率が非常に高い国でもある。毎年、三万人ぐらいが自ら命を捨てて、死亡へ向かっている。

いま日本自殺についての研究が多いである。李(2005)[1]、鄭(2008)[2]など、日本人の自殺行為と伝統文化および伝統価値観、たとえば武士道、美意識などとの関係の視点から論述するものが少なくない。

日本の文学作品の中にもたくさんの自殺を書いた断片がある。近年でとても人気のある渡辺淳一の小説『失楽園』にも、男女二人が自殺へたどり行く過程を詳しく書いてある。本稿は今までの日本の自殺データを分析しながら、小説『失楽園』の内容とつながって、日本経済、思想文化、社会という三つの視点から,日本人の自殺行為の誘因を分析する。

1 日本人の自殺について

1.1 日本人自殺のデータ

『読読新聞』のサイト報道より、日本警察庁3月公布したデータより、2010年日本全国自殺の人数は31690人、去年より1155人に少ない、3.5%を下がった。でも一年の自殺人数はもはや連続13年3万を越えた。以前、日本警察庁は毎年の5月ごろ、昨年の自殺人数を公布した、でも今年はできるだけ早く自殺人数が上がることを阻止するの策を検討ため、期日を2か月間に繰り上がった。[3]

日本では毎年にも3万以上の人間が自殺した。1998年から2005年までこの8年間、小泉政権の5年を含めて、ほぼ30万人が自殺した。日本の自殺率は世界各国の中でずっと前のところにいるのである。自殺は日本の社会問題の一つになっている。と言えば、発展途上国と社会不安な国では、不完全な福祉制度と変わってる社会なので、自殺率が一般的に高い。日本は先進国である。社会は不景気があるからといって、少なくとも安定だ。日本は特に社会弱者への福祉制度が世の中で優れているものと言えることで、道理からすれば、自殺率の高い国だというわけがない。しかし、自殺率は減少せず、21世紀に踏み込んでから、もっと深刻な状況になっている。

平成20年度版「自殺対策白書」によると、平成19年度の自殺者は、3万3093人。これで、11年連続の、3万人超え。この状況を、「不可視の内戦」のようなものだと言ったのは、作家の辺見庸さんである。見えないところで、日本には、内戦を超える戦いが繰り広げられている。

ここ10年で30万人を越える日本の自殺者:イラク戦争で亡くなった米兵はおよそ3500人(2003年3月~2007年5月)。日本の自殺者数は1年間でその10倍にのぼる。そのイラク戦争で亡くなったイラク民間人は2003年の開戦以来、ことし6月までの5年間に最多推計で約92000人である。内戦で否応なしに出る死亡者の数十倍もの自殺者が、日本には存在する。

自殺者数は、男性が女性の2.5倍:平成19年の自殺者総数は前年から938人増加して33,093人。男性は前年から665人増加して23,478人。女性は前年から273人増加して9,615人となっている。男性の方が、女性より2.5倍ほど、自殺者数が多い。

そのうち、原因・動機の特定できているのは、2万3,209人(70.1%)。「健康問題」1万4,684人(63.3%)と最も多く、次いで「経済・生活問題」7,318人(31.5%)。次いで「家庭問題」3,751人(16.2%)が占めている。

経済学者や医師、NPOなどでつくる「自殺実態解析プロジェクトチーム」によれば、平成16年~18年年の自殺者のうち被雇用者は24,208人。警察署別に、詳細な地区で見てみると、愛知・豊田、山梨・富士吉田、福岡・筑紫野、北海道・苫小牧など重層下請け構造が存在する地域に自殺者が多く、長時間労働、24時間交替制、人員整理などが要因と推測されると分析している。

主要7カ国(G7)で一番の自殺大国・日本:諸外国の自殺死亡率については、リトアニアが38.6と最も高く、次いでベラルーシが35.1、ロシアが32.2となっており、日本は23.7で8番目となっている。間違いなく「日本は、先進諸国の中で一番の自殺大国」である。

これを「不可視の内戦」だと評した辺見庸さんは、月刊『現代』8月号(講談社)の中で、次のような指摘をされている。「貧困の原因を個人の努力・工夫不足のせいにする昨今の傾向と同様に、自殺原因の解析でも、国家と社会の病弊を故意に捨象し、個人の心身の病を強引に“真因”としているように思えてならない。この「不可視の内戦」には、公表されない「不可視の数字」がある。[4]

1.2 自殺聖地

日本では青木原樹海という地方がある。それは富士山の周囲の観光地の一つとして日本においてとても有名である。それはそこから富士山の美しさが見えるからだけでなく、そこも「自殺聖地」と呼ばれている。百数年以来、もう数万人がここを自分の命の終わりところにした。去る30年に、日本人は毎年の秋で自殺者を探し求めるという活動を行っていた。警察、ボランティア、そしてメディア記者は一緒に青木原樹海の自殺の林の中に踏み込んでいた。こういう毎年一回の行動は1970年からです。最初の数年間に、死体の数は20に維持していたが、10年前この数がすごく増えた。1994年に57体が見つかったから、1999年はこれまでがなくの70だ。2002年、森の中で78体の死体が見つかった。2009年のある日、レスキュ―隊は富士山の山裾から死亡の林へ前進の途中、20分もたたず、ある曲がりくなった細い山道の数メ―タから第一体目の死体が見つかった。警察が死体をビニ―ル袋におき、口を閉じて、死体を近くの駐車所に送った途中、森の奥でもう一つの死体を見つけた。

どうして自殺したい人たちが青木原に特に目をかけるのだろうか。

それはもとより、青木原樹海の樹種が少なくて、森がうっそうと茂っているので、樹海中のどこにも景観がだいたい同じ、それに磁石鉱が地下にいるので、指針が効力を失ってしまって、それだけでなく、高さによって、もっと高いところは空気が薄くなって、地形が変わらないなら、人間は簡単に方向感を失って、そして道に迷うからだ。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接