日本地理环境对日语暧昧表达的影响毕业论文_日语毕业论文

日本地理环境对日语暧昧表达的影响毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

日本是一个孤立封闭的岛国,其独特的地理环境对日本人各方面造成了很大的影响,该影响体现之一就在日语的暧昧表达上。岛国的封闭、狭小、孤立造成了日本人以心传心、不多说、隔岸观火、置身事外、以和为贵等性格,从而造成了日语中的不同的暧昧现象,例如日语的省略表达、弦外之音、概述词语模糊化、婉曲拒绝、推量表达、以及随声附和等等。

本论文利用总结归纳的方法,结合现实资料,分析日本地理环境对日语表达的影响,对于演化过程给予较详细的分析总结与补充,较清晰地解释了暧昧性表达产生的地缘性原因。通过研究地理环境对暧昧表达的产生及体现这一影响的演化过程,对于我们掌握产生日语暧昧表达的语境、了解日本人讲话时的心态是有很大帮助的。

关键词:日本;地理环境;暧昧表现

目 次

はじめに 1

1 日本の地理·自然·民族 2

1.1 位置と国土 2

1.2 地理・地勢 2

1.3 民族 3

2 日本の地理環境による日本語の曖昧表現への影響 4

2.1 曖昧の定義 4

2.2 拒否・推量への影響 4

2.3 言外の意味、以心伝心、省略表現 7

2.4 概数詞、多義語 9

2.5 相槌を打つこと 11

3 まとめ 14

おわりに 15

参考文献 16

謝 辞 17

はじめに

言語は文化の産物で、また文化のキャリヤーである。言葉の習得と適切な使用をするためには、その文化の特質に対して必ずおおよその理解を持っている必要があろう。曖昧表現は、日本語の一つの独特な言語の現象として、日本の特殊な言語の文化の条件と内在する言語の心理と分けられない。曖昧表現を透析して、日本の地理環境上の原因を掘り起こして、日本の文化をより良く理解し、文化の違いや誤解を避け、深く突っ込んで日本民族と日本社会を調べ、中日友好交流も促進でき、また日本語学習者の日本語の上達にもつながると考えられる。

1 日本の地理·自然·民族

1.1 位置と国土

日本は太平洋の北西部にある本州・北海道・九州・四国などから成る日本列島を中心に、南に延びる伊豆・小笠原諸島、南西に延びる南西諸島(沖縄本島など)、及び北東に位置する千島列島に含まれる北方地域(北方領土)など、6847の離島を含み、全体として弧状列島を形成する島国である。全面積は約37.8万km²(日本の実効支配領域に限る)で世界第61位である。[1]

周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海などの海洋に囲まれる。地上の国境線が無く、ロシア、北朝鮮、台湾、韓国、中国、フィリピン、アメリカと排他的経済水域が接している。

1.2 地理・地勢

日本は国土の約70%が山岳地帯であり、約67%の森林率で、大きな平野はない。人が住める平地の面積は24%にしか過ぎなく、ここに人口の65%が集中している。

日本には火山が多く、大小あわせて76もあり、活火山だけでも50あまりある。[2]

1.3 民族

日本の総人口は総務省統計局「人口推計月報」2007年〔平成19年〕3月1日確定値によると、約127,724,000人で世界第9位である。古来から日本列島で暮らしてきた人々は、大和民族と呼ばれ、日本に住む者のほとんど(98.5%)を占める。また、日本列島にルーツを持つ他の民族として、アイヌ及びニヴフ、ウィルタがいる。[3]

アイヌ語と日本語との比較言語学的な関連が見出せないことから、アイヌと大和民族との関連について様々な議論があるが、遺伝学や考古学的証拠から大和民族との関係を重視する学説が有力になり、大和民族に同化しなかった蝦夷が、オホーツク文化などの影響を受けつつ、徐々に中世頃から分化したものと考えられている。[4]

2 日本の地理環境による日本語の曖昧表現への影響

2.1 曖昧の定義

曖昧さは日本の固有の民族性からなり、日本文化の特徴をよくまとめてあり、日本伝統文化の沈積の産物である。曖昧表現を生かし、適当に個人の意図、感情を表現することができて、また誤解や摩擦や衝突とかを引き起こさないですむこともでき、順調に交際をはかどれるし、また、調和、安定的な人間関係を創立することにも役立てる。辞典では曖昧の定義に対して次の通りである:

曖昧ははっきりしないようす。(三省堂)

態度や物事がはっきりしないこと。また、そのさま。あやふや。(国語辞典)

2.2 拒否・推量への影響

日本国土の面積は狭くて、海に囲まれて、大陸を遠く離れてあり、特殊な地理に位置している。外山滋比古(とやま しげひこ、男性、日本の英文学者、言語学者、評論家、エッセイスト。文学博士)は『日本の言葉』の中でこのような閉鎖的な島国の地理環境がアイランド·フォームと定義を下す。このような特殊な地理環境、もしも人々の間に、矛盾が発生したら、大陸地区にいる人々と同じように侵略されて他の地方に逃れていくことができない。そのため、大陸民族の外交的で、温厚で、落ち着いた精神状態と比べて、日本民族の特性の反映は内向的で、謹直で、恥ずかしがって、お互いに嫉妬、排斥しあい、小さな事でも苦心するなどである。日本人は人間関係には非常に敏感である。矛盾を免れるため、人々は次第に同じ生活様式、風俗習慣、考え方を形成する。他に、人間関係の協調性を維持するため、普段は慎重に自分の言葉を選んで、礼儀正しく人との往来に応対して、話す時よく余地を残していて、婉曲に拒絶して、それに推量表現が多い。

2.2.1 婉曲に断ること

2.2.1.1 直接的にいや、だめなどと拒否しない

日本人は話す時たいへん相手の情緒を重視して、たとえ他人を断る時でも、婉曲的にする。例えば:

A:今晩、一緒に映画を見に行きませんか。

B:せっかくですが、今晩はちょっと……

相手を拒絶する時、直接に「いいえ、行きません」、「だめだ」、「いやだ」、「きらいだ」、このように断固として拒絶するのは、日本人から見えば絶対に失礼なので、礼儀と人情味に不足である。だからまず感謝を表して、それから婉曲に断る。

2.2.1.2 省略で拒否すること

日本人は自分の態度を明確にすることが好きではなく、時には省略の表現方式を採用して相手に心から理解させる。例えば:

李:佐藤さん、今晩いっしょに食事なんかどうですか。いいレストランを見つけたんですよ。

佐藤:今晩ですか。ちょっと…

李:そうですか。残念ですね。

「ちょっと」普通は「便利ではない」、「よくない」などマイナスな意味である。上の対話も「今晩はちょっと都合が悪いんです」の意味で、しかし日本人は「都合が悪いんです」このような話を言い出すのは、相手に対して多少礼儀正しくないと思って、だからわざとこの部分を略して、曖昧な言い方で表す。それに、「ちょっと」はその他に「私に理由を聞かないでください」の意味も含む。そのため他の人を誘う時、相手は「ちょっと」と言って、できるだけ理由を聞かない方がいい。もし「どうしたんですか?用事があるんですか?用事って、どんな用事ですか」ってこのように問い詰めて、人にプライバシーが侵犯されることと感じさせて、よく雰囲気を悪くする。

2.2.1.3 婉曲に拒否

日本人はよく相手を婉曲に拒否する。たとえば、用事があって日本人のお手伝い相手を願い出る際、または困ることと感じた時、普通は「考えておきます」など建議的、婉曲的に拒否する。これらはすべて日本人が人と付き合う時とても慎重で、よく相手の場に立って、相手の気持ちを考えて、できるだけ相手方の要求を断固として拒否しなく、他の人に傷をしないようにすることを表れている。

2.2.2 推量表現

日本語はあまり判断文を使わない。柔らかい断定的な表現で、即ち推量表現で話す人の意見を表す傾向がある。日本人が明確な判断文を使うのは謙虚ではないと思っているが、婉曲、含蓄的な表現で話す人の自分の主張を堅持しないではなく、自分の見方を他の人に無理に押しつけないだけと表している。

日本語で述語の語気を柔らかくになる助詞、助動詞を使用することがたくさんある。不確定な語気を表す助動詞「ようだ」、「う、よう」、「まい」、「らしい」、「そうだ」、「みたいだ」、「だろう」、「でしょう」など。客観的にあることを述べる時使う「~じゃないでしょうか」、「~かも知れない」、「~と言われる」、「~と考えられる」、「~恐れがある」、「~可能性が高い(低い)」など。例えば:

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接