語源学による日本語の語彙の発音に関する研究――名词を中心に毕业论文_日语毕业论文

語源学による日本語の語彙の発音に関する研究――名词を中心に毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

论文首先介绍了语源学、日语名词相关的知识。重点在于根据语源学,以新编日语第一册名词为词汇库对根据单词语源确定读音的名词进行统计、举例分析,对日语名词的发音进行研究。

通过研究和了解日语词汇发音规则的参考资料,为日语学习者尤其是初学者提供学习方法与技巧,帮助其准确快速记忆日语词汇,并且希望通过这篇文章让读者能够在一定程度上对语言学有所了解。从而进一步提出有利于规范日语词汇发音,有助于语言本身的发展。

关键词:语源学;名词;发音

目  次

はじめに 1

1 語源学について 2

1.1 語源学の概念 2

1.2 語源学の重要性 2

2 日本語名詞について 4

2.1 日本語名詞の重要性 4

2.2 日本語名詞の分類 4

2.3 日本語名詞の発音 5

3 語源学による『新編日本語』の名詞の発音に関する研究 7

3.1 『新編日本語』に出てくる名詞に関する統計結果 7

3.2 語源学による『新編日本語』の名詞の発音を分析する 8

3.3 まとめ 11

おわりに 14

参考文献 15

謝  辞 16

はじめに

語彙は言語の基本として、語句の基本構造部分で、交流するため大切な要素である。1種の言語にして、その言語の現象は別に存在のに孤立しなくて、1種の現象の背後はすべてそれなりの道理があって、日本語の語彙の発音も例外ではない。たくさんの学者は現在日本語学習者の語彙の掌握の方面がまだ高まることガ不十分である。「大学の日本語の卒業生の言語の運用の能力は特に言語の表現能力は社会と人事部の要求を達成していないで、関連の作業に任に堪えることができなくて、その中の1つの重要な原因学生の掌握して活用することができる日本語の語彙の知識の不足である。」[2]「日本語の中で数量に相当する漢字は同時に2つの読み方があったので、すぐ教え諭して音読みと訓読み日本現地の読み方が教え諭すために読んで、似ている中国語の読み方は音読である。」[3]「語の出所の角度から日本語の単語に対して分類を行って、 主に三大種類に分けることができます語句、漢の語句、外来の語句。日本語の単語の出所を考察して、日本語の単語の学習の中でとても重要な意味がある。」[4]「語句との発音はすべて教え諭して読むので、多く日本を調べる風俗習慣、社会の文化などはこれらの語の記憶ある程度を助け合う。」[5]

日本語初心者にとって、語源学は日本語学習あるいは日本語能力試験に対して、確かに直接に助けがない。しかし、中、高級の日本語の学者にとって、特に日本語専門の学生にとって、語源学の知識を調べるのは、もっとよく日本語を勉強する、特に日本語の語彙を理解することに役立っている。

1 語源学について

1.1 語源学の概念

語源(ごげん)とは、ある語の元となる古い語や物語である。語の意味、発音、表記は時と共にしばしば変わるため、語源がいつも明らかとは限らない。

ある語について、何に由来するのか、あるいはいつ借用されたのか、意味や形がどのように変化したのかを探る学問を、語源学という。語源学は言語学の中では主要な分野ではなく、また一つ一つの語の由来を探ることは学問的に重視されていないが、その成果は言語の系統を調べる比較言語学で利用される。

英語やドイツ語、フランス語などの近代語には、ラテン語、ギリシア語など古典語に由来する専門語が多く、語源を知るとその語の意味がよく分かることがある。

ただし、比較言語学の知識が無い場合、語源の説明にはしばしば強引なこじつけがされる。特に日本語や朝鮮語のように同系統の言語が未だに確認されていない言語では、この傾向が著しい。民間語源も同様の現象であり、言語学的な根拠の無い、民間で流布する語源説のことである。

1.2 語源学の重要性

語源学は言語学の一つの学科として、語の歴史の出所、形成の過程、字義の変遷、あるいは語彙の同語源語を研究する。言語はすべて自分の歴史がある。たとえば、現代中国語の 「清早」という言葉は「侵早」から変わってくるのだ。語源学の研究は音声学の基礎の上で創立すべきだ。しかし、音声学の問題だけではなくて、語彙学、語義学、文法学とも一定的な関係がある。語の出所を研究する時、きっと語の音声の変化規則から語の出所を探求し、要して語の意味と語の構造からそれを調べるからである。それと音声の対応、音声の体系の変化規則、語義の変化と語の借りる研究は分けられない。日本語初心者にとって、語源学は日本語学習あるいは日本語能力試験に対して、確かに直接に助けがない。しかし、中、高級の日本語の学者にとって、特に日本語専門の学生にとって、語源学の知識を調べるのは、もっとよく日本語を勉強する、特に日本語の語彙を理解することに役立っている。

2 日本語名詞について

2.1 日本語名詞の重要性

名詞は日本語の品詞の中でもっとも重要な部分である。名詞は豊かな量とはっきりする特徴を持って、日本語の中で大切な地位にある。みんなが知っているように、日本語の単語を勉強するには、まず名詞から勉強しなければならない。それと同じように、語彙を研究するのに、名詞に取り掛かるべきである。したがって、名詞を正しく認識したり、正確に応用したり、積極的に研究したりするのはとても重要である。けれども、日本語の名詞は西洋の言語のと違って、名詞そのものには性、数と格の概念がなく、活用もないために、長期に渡って、日本語の名詞を研究する必要がなく、研究すべきところもないという誤解があって、未だに十分に重視されていなかった。特に我が国の日本語の学界が日本語名詞に冠関する研究はまだ乏しいのである。

2.2 日本語名詞の分類

まず、日本語の源から分類すると、日本の固有な語彙である和語名詞、古代の中国語から吸収された漢語名詞、近代西洋の言語から吸収された外来語名詞と以上の三種の名詞を混ぜ合わせて形成された混合名詞に分けられる。

2.2.1 和語名詞

和語名詞とは日本の固有的な語彙の中の名詞である。量から比べると、和語名詞は漢語名詞より少ない。それは和語名詞は音節が単一で、語彙を作る力が制限されたためである。意味から見れば、具体的な意味を表現する和語名詞が多く、抽象的な意味を表現するのは少ない。

2.2.2 漢語名詞

漢語名詞とは昔、中国語から吸収された語彙の中の名詞である。長い時間に日本語に入っていたため、とっくに日本の固有名詞と溶け合ってしまった。それゆえ、一般的に漢語名詞を外来語名詞と見なされない。でも、近代の以降中国語から吸収された語彙を外来語と見なして、普通は片仮名で書かれる。名詞の中で漢語名詞は最も多い。漢語名詞は簡潔でリズムが強いため、日本語の隅々に分布する。漢語名詞は音読で読まれる。

2.2.3 外来語名詞

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接