北海道的旅游文化——从非诚勿扰效应来看毕业论文_日语毕业论文

北海道的旅游文化——从非诚勿扰效应来看毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

2008年底的中国贺岁大片《非诚勿扰》掀起了国内北海道旅游的热潮。本论文探究了北海道旅游的历史和现状,结合电影《非诚勿扰》分析了北海道旅游的吸引力。

对电影中出现的场景,例如:知床半岛,斜里教会,四姐妹居酒屋等,分别从自然魅力,文化魅力的角度进行较为全面的诠释。此外还结合了中日两国经济,文化,地理距离的实际情况,分析了国内“北海道热”的原因。

通过本课题的研究,一方面从旅游的角度,深层次的剖析北海道的自然文化魅力;另一方面把握我国公民赴日旅游的心态和趋势,学习日本旅游产品开发对我国旅游产品开发的启示。

关键词:北海道;旅游文化;非诚勿扰

目  次

はじめに 1

1 北海道観光の過去と現状 2

2 北海道の魅力 3

2.1 自然の魅力 3

2.2 文化の魅力 4

2.3 その他の魅力 6

3 『狙った恋の落とし方』の視線からみた北海道観光の魅力 8

3.1 北水際駅:海の最近による温かな小さな駅 8

3.2 弟子の屈町:広々とした野原の大地 9

3.3 能取岬:切り立った崖の辺の花の海 9

3.4 阿寒湖:日本の唯一の少数民族の居住地 10

3.5 知床半島:大地の果て 11

3.6 斜里キリスト教会:日本は最も北のキリスト教会堂 12

3.7 姉妹居酒屋:最も暮らしている日本 12

おわりに 14

参考文献 15

謝  辞 16

はじめに

2008年年末公開の中国映画『狙った恋の落とし方』は中国国内の北海道の旅行へのブームを起こした。北海道は桜とすばらしい雪景色を持っているため、世界に名をとどろっている。北海道に入ると、視野が広くて、呼吸さえ順調になれる。 観光資源の方面は世界の遺産の名簿に入れる知床半島、雄大な大自然、冬季でのんびりと休日を過ごす観光地がある。北海道の黒岳山の雄壮で美しい冬景、温根湯の世界で最も美しい白狐、流星の滝、すべてその他の地方で見えないのである。ある神秘的な摩周湖、また神の湖を語って、200メートルの高い崖の壁からめぐって、すべて非常に不思議な色を満たしている。冬季のんびりと休日を過ごす方面に、優良品質の粉の形状の雪はスキー愛好者の好感を深く受けられて、北海道は至る所すべてスキー場があって、国内外の多くの訪問者を迎え、美食の方面もとても充実していて、新鮮な海鮮の寿司、特色なうどんなどがあって、乳業が発達しているため、乳製品はたくさんで、名の特産物が豊かである。その他に、北海道の生活しているの原住民のアイヌは、歴史と文化が根強いである。

本研究は北海道の旅行の歴史と現状を研究して、映画『狙った恋の落とし方』と結び付けて北海道の旅行の魅力を分析してみようと思っている。

1 北海道観光の過去と現状

1972年札幌のオリンピック開催を機に、北海道開発部門を中心としての新千歳空港の前進と鉄道の整備のために、旅行の産業は範囲を広げ始めた。夏の富良野の田園趣味を味わう旅行のため、ブレスレットの路川の川で達し待って、冬のスキーとスノーボードの繁栄などの行為がここの観光客を対象としての小売業と運輸業に到着するのは発達している。バブル経済の後で観光事業も振興しないで、北海道拓殖銀行の破産の後で、連鎖の破産は次々と発生して、经济が不景气である。「道の外の観光客が1997年に来た後に年間に600万人の前後で大体登って推移していることを横えて、でも、2009年に北海道に向かう旅行人数は大幅に減らしている」[1]

しかし、2008年中国の年末の大きな映画『狙った恋の落とし方』はほとんど一晩の間にオホーツク海の小城ネットに臨んで北海道の第3大都市ブレスレットが中国で家ごとに知れ渡った。中国の観光客人数は大幅に増加して、2008年度と1倍近く増加したことを相対している。もとは中国の観光客が日本へ行って旅行する人気がある都市のランキングの上位5名以外の北海道、今年『狙った恋の落とし方』ブームのうちに一挙に大阪、京都、奈良などの名勝地を上回って、東京に次ぐ、中国の観光客よく旅行するの第2大目的地になる。北海道は未開発でも雄大な自然と温泉の楽にふけることができる地方が魅力が感じる。

2 北海道の魅力

2.1 自然の魅力

北海道はいつもすべて美しい景色を上映して、いつにもかかわらず北海道に来て、すべて人をその雄壮で美しい自然な景色に感嘆させることがある。春、至る所に満開な生花と野草は大地に面目を一新させる。夏、青い山の広い海は更に山の劇の水の観光する観光客精神に泳いで煥発を使用することができて、一覧の高山の植生、登山の遠遊の最好な季節である。秋に沢山なつつじの葉、立派なものが多くて応接に暇がない季である。冬の北海道は現れるの一面の銀白色の世界で、鄂霍茨克の海域の氷、美しいタンチョウと白鳥を流して大自然の優美な世界を構成した漂ってきたのがある。

もちろん、北海道は人をうっとりとさせる雪の景で世に名を知られるので、だから冬は北海道の最もよい季節を遊覧するのである。聞くところによると、日本人にとって、2件の事があるのはきっと一年一回するので、富士山によじ登ってと札幌の雪に参加して弔いをしている。雪は日本人に対して弔いをする好感にあたえる。1年に1度の北の海路の雪は盛会に弔いをして毎年2月旬頃に展開して、会場はそれぞれ大通公園と本当のウマの内で自衛隊広場の2か所を設けて、観光客はここで各国を見学して名手がどっと集まることができて、腕前過度に彫刻の芸術の傑作を尽くして、雄大で壮観で、技術が独自の境地に至っている。

よく観光客がスキーは北海道の旅行の最も主な目的で、ここにも多くのスキーをする場所があって、スキー場の設備で比較的そろって、比較的に初心者が使うことにも適して、また監督はここでスキーの技巧を教えて、それゆえに、あなたはスキーできるかどうかに関わらず、ここでいろいろなスキーことがあって楽しみを尽くして享受している。

日本は温泉郷の名誉があって、どの温泉にもそれぞれ特徴があるが、北海道の温泉はとっくに耳に轟く雷のようである。手元にまるで騒ぎ立てる世俗にこびるはでやかさと疲れきっていること、自分であたたかい泉の水の中に浸すことを、ただそんなにだけ一瞬の間、すべて面倒を見て身の涼しさに従って方々に漂うようである。体はとても柔らかくあたたかい泉の水の中で浸潤して、のんびりとすがすがしく空気に呼吸して、頭のてっぺんは辺は下ろしているぱらぱらな小雨を垂れて、目の見渡す遠い所の落ち着いている洞爺湖の水と落ち着いた遠山、あるいは何も思わないで、何も見なくて、目を閉じて息をころしている。この時に古竜の言葉遣いの人物に分かって、どうしてすべて心からそのように日本式風呂に入ってを愛して、人生にして第1の享受している。「千里は氷结して、万里の雪は翻る」時を待って、大いに席のように北海道の雪片で、頭のてっぺんから足のつま先まで身の回りは北海道の温泉が春のように暖かくて、こうするとしだいに甘くておいしい所に入る。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接