从便当看日本人的自然观毕业论文_日语毕业论文

从便当看日本人的自然观毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

众所周知, 日本是一个领土南北狭长的岛国,大部分位于温带季风区域, 四周环海, 并有的海岸受暖流影响, 具有温和湿润的气候特点, 并形成了四季分明的自然景观。

受这种气候的影响,日本人十分关注大自然的变化, 对自然界的一动一静都十分敏感, 因而形成了崇尚自然的民族特性。从文化艺术到宗教信仰, 从日式建筑到庭院建造, 处处闪现着日本人崇尚自然的思想。日本的便当也不例外,渗透着日本人独特的自然观。

本文从便当的语源,种类,其发展历史,形色味等自然美学以及素材和与之相应的四季感等方面阐述了从日本的便当中看出的日本人的自然观。

关键词:日本人;自然观;便当

目  次

はじめに 1

1 日本人の自然観 2

2 お弁当の文化 3

2.1 「弁当」の語源 3

2.2 お弁当の発展の歴史 3

2.3 お弁当の種類 7

3 お弁当から見える自然観 13

3.1 形・色と自然美学 13

3.2 味・食材と四季感 15

おわりに 19

参考文献 20

謝  辞 21

はじめに

人間は自然に生きている。ということは、人間は自然の一部分であり、人間は自然なしに生きられないということである。一般的に、人間と自然との関係には対立や調和が共生している。ただ、どちらがより重要かと言われたら、その答えは時代と民族によっては違う。世の中では絶対的な対立はないと言える。また、相対的な調和というと、一つの国がある。それは日本である。日本人の独特な自然観は日常生活に表現する。弁当は日本人日常生活の重大な一部分であり、日本人の自然観とかかわりがある。本文はその点について論じる。

1 日本人の自然観

自然との調和・自然にの親しみ――それは日本民族最大な特徴である。昔から、日本人はそう思っている。人間は自然と一体に溶け合って、自然とはっきりとしている区別がない。人間はただ自然の一部分、宇宙万物の一つであり、自然と友好的に共生すべきである。自然を征服することはない。逆に自然を熱愛すべき、自然に服従すべきである。

島国の自然環境の影響で、日本人が森との接触は多い。彼らは樹木の生命力を褒め称えていて、森がくれた恩恵に感謝している。日本では、神社は非常に神聖な場所である。縄文時代から、日本人は神聖な場所には森がなくてはいけないと信じていた。縄文時代の日本人は樹木の精霊を自分のものにしようとして、樹皮を編まれた紐で陶器に模様をつけた。今では、森は全国の67%を覆っていて、その中の54%は天然森である。それは日本人の自然観とは関係がないとは言えない。日本文化芸術は人間と自然との一体感を強調する。その特色の一つはできるだけ自然に親しむ上で、最大限度に自然の美を表現することである。また、日本人の自然観は庭園構造にも滲んでいる。西洋の庭園は自然を征服することを表現するに対し、日本の庭園は自然を発見することを象徴する。日本の庭園には山、水、神の世界、人間の世界、生死があり、世界の縮図である。

2 お弁当の文化

2.1 「弁当」の語源

「弁当」は、「好都合」「便利なこと」を意味する中国南宋時代の俗語「便當」が語源ともされており、「便當」が日本に入り、「便道」、「辨道」などの漢字も当てられた。「備えて用に当てる」ことから「辨當」の字が当てられ、「辨當箱」の意味として使われたと考えられる。

日本では、古くから弁当の習慣が起こり、他の諸国では例を見ないほどの発展を遂げていった。これは、日本で一般的に食べられるジャポニカ米が、インディカ米などと比べ、炊いた後、冷めてしまってからでもおいしいという特徴を持つためであるとされる。伝統的な日本の弁当は、ご飯と魚介類や肉料理などのおかずを主に、付け合わせとして梅干しなどの漬物を付ける。おにぎりや稲荷寿司などを詰めた弁当も人気が高い。弁当の具材は持ち運びがしやすい容器に入れられるのだが、その容器は「弁当箱」という名で呼ばれる。

2.2 お弁当の発展の歴史

弁当の起源は平安時代まで遡ることができる。当時は「屯食」と呼ばれたおにぎりのほか、「干し飯」または「糒」と呼ばれる、調理済みの乾燥米が携帯用の食料として利用されていた。干し飯は小さな入れ物に保管することができ、そのまま食べる、あるいはこれを水に入れて煮るなどして食べられていた。

安土桃山時代には、現代でも見られるような漆器の弁当箱が作られるようになり、この時代より、弁当は花見や茶会といった場で食べられるようになった。

江戸時代になり、天下泰平の時代になると、弁当はより広範な文化になると同時に、優雅な文化となった。旅行者や観光客は簡単な「腰弁当」を作り、これを持ち歩いた。腰弁当とは、おにぎりをいくつかまとめたもので、竹の皮で巻かれたり、竹篭に収納されたりした。現代でも人気が高い弁当として、「幕の内弁当」があるが、これも江戸時代に現れる。能や歌舞伎を観覧する人々が幕間にこの特製の弁当を食べていたため、「幕の内弁当」と呼ばれるようになったという説が有力である。そしてこの時代、弁当のハウトゥー本が多数出版されたという。雛祭りや花見に向けての準備を行う庶民のために、これらの本には弁当の具体的な調理方法や包み方、飾り方などが詳しく書かれていた。

明治時代、給食もなく、また現代のように外食施設が発達していなかったこの時代、役所に勤務する官吏たちは、江戸時代からあるような腰弁当を提げて仕事に出掛けていた。そのため、安月給の下級役人は「腰弁」などと呼ばれていた。また明治初期の学校では昼食を提供していなかったので、生徒と教師たちは弁当を持って来なければならなかった。この頃、鉄道駅で最初の「駅弁」が発売された。最初に駅弁の販売が始まった場所に関しては複数の説があり、はっきりとは判らないが、おおむね1870年代後半から1880年代前半にかけての時期ではないかと推測されている。当初の駅弁は、おにぎりと沢庵を竹の皮に包んだような簡易なものであった。サンドウィッチのようなヨーロッパスタイルの弁当が現れ始めたのもこの頃からである。また、富国強兵政策を推し進める日本政府は、国民の健康と連体を高めるために、弁当普及を推進した。昭和初期にはマニュアル本が多く出版されるようになり、栄養価を考え、弁当に入れるおかずのバリエーションも多彩になっていた。

大正時代、学校に弁当を持って来る慣例を廃止する動きがあり、社会問題に発展した。第一次世界大戦とそれ以降に不作が続くと、東北地方からの都会への移住者が増えた。そのため、所得格差が大きくなり、弁当に大きな貧富の差が表われた。当時の人々は、この現象が、肉体的な面からと精神的な面から、子供たちに好ましからぬ影響を与えるのではないかと考えた。

昭和時代になり、多くのアルミニウムをアルマイト加工した弁当箱が開発された。壺井栄の小説『二十四の瞳』に描写されるように、それは目の覚めるような銀色をしており、またメンテナンスの容易さもあって、当時の人々から羨望の的となる。また、かつて小学校の冬の暖房装置にストーブ類が多用されていた頃は、持参したアルマイト弁当箱ごとストーブの上に置き、保温・加熱するということも行われた。

第二次世界大戦の後、学校の昼食は給食に切り替えられ、全ての生徒と教師に対し、用意されるようになった。これによって、徐々に学校に弁当を持参して来る習慣は少なくなったが、現代になって、行政がコストを削減させる目的で、一部地域の学校では給食制度が廃止となり、家から弁当を持って来る習慣が復活しているという。弁当の調理は家庭の主婦の仕事とされてきたが、女性が外に勤めに出ることも多くなったなどの事情もあり、コンビニエンスストアで買ってきたおにぎりや、パンを持参する生徒も多くなった。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接