明治末期日本女性的觉醒 ——以《蒲团》中芳子的女性形象为中心毕业论文_日语毕业论文

明治末期日本女性的觉醒 ——以《蒲团》中芳子的女性形象为中心毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

  明治末期,特别是在明治维新之后,日本社会进行着全面的近代化。在西方发达国家物质文明不断输入的同时,作为精神支柱的个人主义,自由主义缓慢成长。在这新旧交替的现实社会中生存的人们,饱受追求个人精神解放的困扰。他们在近代化的进程中自我意识觉醒萌生,渴望实现自我。其中,日本新女性也开始觉醒,追求自己的生活方式。

  田山花袋是明治,大正时代的文学家。在亲身感受时代变动的同时,从事自己的文学创作。明治24年,来到东京的花袋决心成为小说家。边学习英语边接触西方文学,并从事新式文学创作。明治40年(1907年),文学作品《棉被》问世。因《棉被》的发表,田山花袋被作为日本自然文学的确立者,在文坛上留下了很大的足迹。作品中,描绘了主人公竹中时雄的女学生横山芳子这一个明治末期新女性形象,细致地将明治末期女性的精神自觉和面对社会现实的精神踌躇展现出来。从小说中这一女性形象的描绘,我们可以看到日本近代化特殊时期中的矛盾。

关键词:明治末期、日本女性、自省、横山芳子

  次

はじめに 1

1 明治時期の女子教育背景 3

1.1 近代女性教育の普及 3

1.2 キリスト教系における近代女子高等教育の発展 5

2 芳子の女子像 8

2.1 文学に対する情熱 8

2.2 人と自由に接し 9

2.3 愛に全身全霊 10

3 恋人に出会った後の屈折 12

3.1 恋の証人になった先生 12

3.2 家庭からの強烈の反対 13

3.3 保守的な貞操の観念 14

4 芳子が帰省した原因への分析 16

4.1 伝統的な観念と西欧思想下の芳子自体の矛盾 16

4.2 旧思想と新思想との時間ずれ 17

おわりに 20

はじめに

田山花袋は日本の自然主義派の代表的な小説家である。花袋の初期小説は日露戦争前後に、フランスやロシアの自然科学、ゾラやモーパッサンの影響を受けて、人間社会の暗い現実の姿をありのままに写す自然主義が好きで、人間の醜さを自分の作品の主題の一つとして、小説を書いた。特に発表された『蒲団』が日本の自然主義の発展方向を確立する作品であると評価されて有名である。

花袋の小説は大胆、冷静な筆致と斬新な形を武器として、人性の虚偽と醜さ、また、明治時期に社会と個人の衝突を深く暴いた。いかにも本当らしく感じられると言う人性の真を表すのは自然主義文学の最大の特徴である。自然主義の作品は必ずその時代を接し、その国と時代現実を書くべきであると田山花袋自身も発言していた。1907に発表された『蒲団』は明治時代の青年たちの精神上の辛さを直接に描いた。小説の中に、生活の苦しみに迫られた主人公・竹中時雄という作家が自分の若々しい女学生の横山芳子に対し、愛の感情を生み出し、結局自分の立場に束縛され、諦めきれなくても手放さなければならなかった。主人公たちの生活状態が自然のままに書かれ、明治維新後、東西文化の衝突、伝統的な観念と現代的な観念の間に迫られた人達の苦痛を反映していた。特に、女学生の芳子という女性の人物イメージを書き出し、明治末期の女性の自覚を感じさせた。

田山花袋と『蒲団』についての研究はそれほど多くないが、それに、限られた研究の中に数多くの論議は主人公・竹中時雄という男性の「性欲と悲哀と絶望」という時代的な精神問題に焦点を絞って、当時の社会面貌を研究していた。しかしながら、相手の女学生・横山芳子という女性像が側面から、女性の目覚めと戸惑いを通じ、明治末期日本の社会変貌も表れた。片山晴夫の『私説・近代文学論』の中に、「横山芳子も、「新しい世代」の思想と「古い世代」のそれとに引き裂かれている人物と思われた。そして、その葛藤・相剋の結果、彼女は遂に古い世代に屈服する。この彼女の屈服は、単に彼女一人のものではなく、「時代の底流の問題」と深く関わっていることも明らかであると思われる」[1]と述べていた。彼女の人物像を描き、新しい世代の女性の変化を見られる。自由主義的教育の下で、新時代の思想を受けて夢を持ち、彼女は盛んに交際をやり、自由恋愛に身を投じ、結局それを徹底することができなかった。ある程度のためらいの心を見ることができる。

故に、本論では、『蒲団』の女主人公である横山芳子という人物像を中心にして、その人物像を探り、明治末期の日本女性の目覚めと戸惑いなどが、どうのように表れているかを作品の流れに緊密しながら研究していきたい。

1 明治時期の女子教育背景

本章では、明治期に女子高等教育の発展とキリスト教系女学校の活発を論じ、ある意味での新世代の女子の典型であると言える女主人公・横山芳子は、高等教育を受けた背景を分析したい。

1.1 近代女性教育の普及

まず、日本の近代女子教育はなぜこんなように普及していたかを論証していこう。

19世紀70年代から始め、日本人は「児童は男女を分別せず、小学に入学すべき」という方針を基づいて、近代教育を開催し始めた。40年間を経たずのうちに、1907年まで女子の入学率は96.14%に達した。しかも、同年、六年制義務教育を実施した。[2]

 日本近代女子教育の繁栄原因を探すと、少なくとも五つの原因を考えられる。

 一点目は、明治時代に入る前に、近代女子教育はすでに一定の基礎を持っていた。「江戸時代の教育の中に注目されたのは寺子屋を中心にしていた平民教育である。女子限定の寺子屋もあったが多くは男女共学(寺子屋によっては席を分けるなどの配虑はあったようである)で多くの女子が「読み・书き・そろばん」の教育を受けた。」[3]寺子屋は一種の教育機構を演じ、女子を教育の対象として、明治以降の近代女子教育の普及に大きな役割を果たしていた。

二点目は公私両立している教育体系は民間建学を促進していた。「日本近代教育の体制の中で、私立学校は法律的な存在である。これも、私立女学校の発展を保障している。」[4]1899年8月、私立学校を対象にて、『私立学校令』を初めて公布していた。私立学校の法律的な存在を表明し、私立女学校の生存と発展を保障していた。

三点目は男女別学制度は私立女学校の発展を促進していた。1879年に公布していた『教育令』は「男女共学制度」を改革し、日本史上の「男女別学制度」を創った。私立女学校は政府の女子高等教育の不健全を補い、客観的に私立女学校の発展を刺激していた。

四点目は民間の建学熱意も近代女子学校の発展の原動力である。「日本は近代に入り、「文明開化」方針のもとに、近代女子教育家や彼女たち独自であるいは参与して女学校の創立を力を尽くしていた。自分自身の知識と経験を通じ、自分の教育理念と思想を強調し、特色を重んじて各自教育を行った。」[5]これは、日本近代女子教育の発展史上に大きな役割を果たしていた。

五点目は「良妻賢母」の方針で女子教育を認定していた。明治維新後、「文明開化」の影響と西欧文化の輸入で、女子教育と妻の教育の重要さが人々に認識された。「「良妻賢母」は日本近代女性観の基本内容である。濃い封建的な色彩を保留したが、女子教育の発展と女子知性と教養の重要さを強調していた。」[6]こういう良妻賢母主義は日本近代化の土壌で芽を出して女性の役割を家庭内に枠し、保守的な方面が見られた。同時に、女子教育の必要性を強調していた。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接