人情美的赞歌——浅析《一碗阳春面》的主旨毕业论文_日语毕业论文

人情美的赞歌——浅析《一碗阳春面》的主旨毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

栗良平利用业余时间,搜集日本各地在民间流传的故事,从事文学创作。他的小说故事性强,善于设置悬念。通过对其代表作《一碗清汤荞麦面》的研究,我们能更好地了解栗良平的写作手法以及正处于泡沫经济时期的日本风化。

《一碗清汤荞麦面》中,由于父亲死于交通事故,生前欠下了大量的债务。为了还债,母子三人大年夜只能合吃一碗荞麦面。然而在三人的努力奋斗相互支持下,面馆老板夫妇给予的精神上的帮助下,十多年后,一家人终于开始了新的生活。本论文结合小说中的四次场景,以小说中出现的主要人物的行为,语言作为研究的对象,对小说的主旨进行探讨分析。通过三个章节来阐述小说的主旨。

关键词:栗良平;一碗阳春面;赞歌;人情美

目  次

はじめに 1

1 人間性の偉さ 3

1.1 『一杯のかけそば』の中国版 3

1.2 生活に直面する勇気 4

1.3 母の愛 6

2 利口な二人の兄弟 8

2.1 やさしい弟 8

2.2 父の身代わりの兄 10

2.3 母子三人の協力 11

3 人間の温情 13

3.1 永遠の百五十円 13

3.2 幸せなテーブル 15

3.3 再会の喜び 16

おわりに 18

参考文献 19

謝  辞 20

はじめに

終戦のとき、経済が非常に困難な日本は一連の国情に沿う政策を制定し、経済を復興させた。二十世紀八十年代に、日本はアメリカに次いで資本主義世界の第二の経済大国になったが、住宅価格と株価が暴騰するバブル経済が出現したので、日本の知識人はずいぶん心配していた。バブル経済による日本社会の政治、経済と論理などに大きな衝撃を与えた。

栗良平の小説『一杯のかけそば』はバブル経済の影響で日本社会の政治、経済、論理などに大きな衝撃を与えた時代の作品である。東南アジア経済危機の勃発したとともに、『一杯のかけそば』は東南アジアで注目された。日本では、この小説の出版は「一億の涙の海」に陥ったといわれる。それはサムスン、LG、キヤノンなどの日韓のトップ企業の従業員の育成の核心的な読み本となる。中国では、大人気を集めて、「読者」が創刊して以来もっとも感動的な作品の一つであると考えられている。さらには、『一杯のかけそば』が引き起こした反応は静かな革命であるという人もいる。

栗良平の『一杯のかけそば』は中国の高校の国語の教科書に選ばれた唯一の日本の短編小説として、各界の人々に注目されている。多くの教師や専門家はこの小説の本の主旨をめぐって、討議している。その中で先行研究は大体以下の二種に分けられている。

『『一杯のかけそば』の異見』の中で、周冬梅と張為東は作者が母子三人団結して奮闘する精神を宣伝するのではなく、店の経営者と女将の崇高な品質を褒め称えるのである[1]と考える。また、『『一杯のかけそば』の再分析』の中で、ほんの主旨はそば屋の主人と女将の持っている真善美を褒め称えることではなく、母子三人の苦しみに耐えて奮闘する精神を賞賛すること、そして、日本人の粘り強い性格、勤勉と善良の美徳を謳歌することである[2]

そこで、本論文では、劉濤の見方を基にして、先行研究を踏まえて、自分の考えを結びつけ、ほんの主旨を理解するために、この小説に現れる人物の行為、言語と小説の発生背景から論述したい。

1 人間性の偉さ

バルザックは「不幸が天才になる段階で、信者の洗礼の水で、能力のある人の珍しい宝物で、弱者の底なしの淵である。」[3]と言った。『一杯のかけそば』での主人公の母子三人で、特にこの母親は苦しい生活から逃げなかった。自分の子供をちゃんと守ったために、勇ましくこの生活を直面した。

1.1 『一杯のかけそば』の中国版

中国の鄭州で、李剛という人は、ネットで援助状を立てた。彼は「骨肉腫」という癌が検出されて、手術が相当なお金をかけたが、家庭の経済条件がよくなかったので、彼は皆さんに外食のときなるべく彼が経営しているラーメン館へ行くことをお願いした。なぜならこうすると彼の奥さんは普段より多くの金を稼ぐことができたからである。癌が検出された彼から「僕の店にラーメンを食べに来ましょう」という願いのアピールをした後、見ず知らずの人々は次々と押し寄せてきた。『一杯のかけそば』式の真情の物語を上演した。[4]

 また、長春市朝陽区新彊街市場の隣にある水餃子の店へよく来る客の中に特殊のお客様がいた。髪がごま塩でぼろぼろの服を着ていた老人であった。彼はよく多くの小銭を持って、饅頭と餃子を買いにきた。時々その小銭がゲームコインあるいは偽のコインなどを混ぜたことがあった。しかし、老人の尊厳を傷つけなかったように、店の経営者はそのことを一度もばらしたことがなくて、そのまま饅頭と餃子を老人に渡した。老人の耳と目がよくなかったので、混ぜたことを知らないかもしれない。普段乞食からもらったコインを使って、饅頭と餃子を買うことは老人にとって等価交換で、楽しいことであった。店の経営者にとって、こういうふうにすると、稼ぎのためではなく、弱い老人に対する尊敬であった。欲が氾濫している社会で、店の経営者のやり方はたいしたものではなかったが、小さな寛容でも人々に暖かいことを感じさせることができた。[5]

ところで、日本の『一杯のかけそば』の原版で、母は中年のころ、夫が死んでしまったことに遭った。夫が死んだ後、彼女に残したのは二人の子供と多額の負債であった。逆境にいた母子三人は蕎麦屋の主人と女将などやさしい人々に励まされたので、困難を打ち勝つために、努力して、お互いに支えることが伝われた。『一杯のかけそば』の物語で「信念」という言葉が十分に表された。「信念」は苦しい海を渡って、成功の岸への船であると思う。この小説で、家族の愛と人間性の美しさが体現された。作者は母子三人が逆境の中で奮闘して、相互に激励する物語を通じて、団結、不屈さ、向上心という精神が褒め称えた。

1.2 生活に直面する勇気

大晦日に、かけそばを食べる習俗がある。かけそばは細くて長いので、日本文化の中で、水が長く流れ、健康に生きるという意味を表している。その寓意は長い人々の縁と幸せである。また、かけそばは切れやすいので、人々はかけそばを食べると、一年間の苦労と煩悩を旧年に残し、新年に持ちたくない。[6]この貧乏な家庭も例外ではない。最後の客が店を出たところで、そろそろ外の暖簾を下げようかと話をしていた時、二人の子どもを連れた女性が入ってきた。六歳と十歳くらいの子供たちは真新しい揃いのトレーニングウェア姿で、女性は季節はずれのチェックの半コートを着ていた。

入口の戸がガラガラガラと力無く開いたという動作から見ると母親の慎重な心理が見える。彼女は自分の貧乏を他人に見せたくなかったし、店の主人が彼らの姿を見て、持て成したくなかったと心配していた。子供に新しい運動服を着させたが、自分は確かに季節に合わないコートを着ていた。真新しい揃いのトレーニングウェア」は「富」のコノテーションである。円高ドル安飽食した日本人がジョギングをして、痩せるための運動着が「トレーニングウェア」であることはいうまでもない。一方、「季節外れのチャックの半コート」は「貧乏」のコノテーションである。[7]

その中から、彼女は非常に強い母親で、力を尽くして、子供に新年の喜びを感じさせた。「あのhellip;かけそばhellip;1人前なのですがhellip;よろしいでしょうか」[8]母親がはじめて話したとき、おずおずとしていた。第二回もそうであった。最後まで、静かに女将と話すことができた。母親が足りないお金で、一番安い三杯のかけそばを払えなかった場合で、劣等感が感じられる。しかし、母親は子供のために、勇気を出す精神を表現した。一杯のかけそばは百五十円で高くなかったが、三人で一杯を食べたということから見ると、普段どんな苦しかった生活を送ったのがわかる。夫が死んでしまった女は弱そうに見えたが、不幸に遭っても勇敢に人生の責任を担って、粘り強い性格も見られた。夫は事故でなくなって、彼女に残したのはたくさんの負債と二人の幼い子供であった。人生のもっとも困難なときでも、心がもっとも弱いときでも、彼女は生活を逃すのではなく、現実に直面し、断固としてすべての返済金で負債を返し、足りない部分は自分の毎月の仕事で、分割返済をした。それはどんなに強い女性であろうか。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接