从日本饮食空间文化浅析日本民族的自然观毕业论文_日语毕业论文

从日本饮食空间文化浅析日本民族的自然观毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

 随着社会的变化,人们的文化观念和生活方式也发生了巨大的转变,饮食空间的场景布置与设计理念更是反映出特定的文化观念和生活方式,日本的饮食文化的空间布置是世界文化史中独特的一种文化景观,其独特的自然、宁静、淡泊的日式室内特征被越来越多的人所喜爱,同时也更能体现出一个国家中民族的多种文化性格,从中我们更能看到日本民族的一种自然观。日式饮食空间所体现的日本民族的自然观就是本文所要研究的内容。

  本文首先通过分析日本饮食空间的种类,了解了日本饮食空间中传统日本料理店、新型日本料理店以及日本家庭饮食空间的特点。其次,介绍了日本家庭饮食空间的特征,明确了日本家庭饮食空间的要素。再次,通过对日本家庭饮食空间中摆放的家具的用料、风格,食器以及食物摆放等的分析,得出了日本人在平常的生活中敬畏自然、热爱自然、亲近自然、尊重自然规律、关注自然、善于在生活中发现自然的美丽、与自然融为一体的自然观。

关键词:日式餐饮文化空间;饮食文化;风格;传统装饰元素;自然观

目  次

はじめに 1

1 日本における飲食空間の種類 2

1.1 伝統の日本料理店 2

1.2 新型の日本料理店 4

1.3 日本家庭の飲食空間 4

2 日本家庭の飲食空間の特徴と要素 7

2.1 日本家庭の飲食空間の特徴 7

2.2 日本家庭の飲食空間の要素 8

3 日本家庭の飲食空間から見た日本人の自然観 10

3.1 家具から見た日本人の自然観 10

3.2 食器から見た日本人の自然観 11

3.3 食物を置くことから見た日本人の自然観……………… ………………………11

おわりに 14

参考文献 15

謝  辞 16

はじめに

現在国外の殆どの学者は日式の飲食空間文化に対する研究を重んじて、和風の飲食空間の設計とイノベーション、及び日式飲食産業の発展模式に対する研究を非常に重視しているが、家居飲食空間及び自然観などの民族人文情感関係の研究があまり注目されていない。例えば、Emma(2012)では新型日本式レストランの設計とイノベーションを注目したが、それから反映している自然観などの人文感情関係があまり関わっていない。また、日本民族の自然観を研究するときに日本の飲食空間というところから手をつける人があまりいない。例えば、伊東俊太郎(1995)では、日本人は昔から今までの衣・食・住・交通のところに自然観の体現を詳しく紹介したが、飲食空間という内容が殆ど言及されていない。

国内では日式空間の飲食風格についての研究もたくさんあるが、その中で主に直接に空間設計などのところから研究している。例えば、王丹丹(2011)、陳超(2010)などが挙げられる。これらの研究が実用的な飲食設計を重んじているが、それから体現している自然観などの民族人文ところを無視した。また、一部国内の学者はただ飲食のその他ところだけを研究している、例えば料理の種類、飲食の習慣などのところと日本民族の自然観との関係、しかし、飲食文化中に非常に重要な飲食空間が日本民族の自然観との関係及びそれにの体現を無視している。

 本研究は、新たの角度から日本の家居飲食空間文化中の不同な形態及び特徴によって日本の飲食文化と密接に関わっている日本民族の自然観を研究しようと思っている。

1 日本における飲食空間の種類について

1.1 伝統の日本料理店

伝統的な日本料理店は居酒屋、なべ料理店、和食屋という三つの種類がある。

居酒屋は伝統的な酒場であり、簡単な料理とともに安く酒を飲ませる大衆的なところである。レストランと異なり、客は料理を食べに居酒屋行くのではなく、お酒を飲みに行くのである。「居酒屋は江戸時代から生まれ、客に酒場でお酒を飲ませるために料理を提供し始めた場所である。時代とともに、居酒屋は日本文化の重要な一部となってき、そのシーンは映画やドラマによく見られる。」[1]

なべ料理は伝統的な日本料理であり、すき焼きやおでんなどを含める。

伝統的な日本料理店であり、高級な料理を提供する。和食屋の種類は料理によって違う。伝統的な料理には会席料理、懐石料理、精進料理などがある。和風を味わえるおすしやてんぷらなどが提供される。

写真を見ると、伝統的な日本料理店は和風の料理店であるとわかる。自然材料(主に原木、石、竹)を利用し料理店を装飾する。生で食べられる料理は多い。食品を加工するとしても、煮ること、蒸し、焼きという方法がよく見られる。そのため、キッチンとダイニングルームは食器棚に隔てられる。また、種類の豊富なおすしは見かけそのものが美しく、それを作ることは芸術である。よって、料理人はいつも人前でおすしを作る。食器は漆器、磁器、天然の葉を利用することが多く、文化的雰囲気いっぱいである。

1.2 新型の日本料理店

 日本の飲食は西洋文化に影響されてくる。近年、洋式のレストランが出てくる。新型の日本レストランはケンタッキーやマクドナルドなどを含める。ほかの国のレストランも見られる。たとえば、韓国料理店、中華料理店などがある。「伝統的な日本料理店の装飾に現代要素(鉄筋、掃き出し窓)を加える。経営方式は単一なものから豊富なもの変わり、チェーンストアという営業形態もある。地下鉄にチェーンストアはよく見られる。寿司屋、天婦羅屋、鰻屋などの新しいスタイルがある。メニューは主に和風料理や家庭料理であり、若者のために肉(特に塩と醤油で漬け込んだ肉)やサラダを加える。全国から生まれた酒もある。現代版日本料理店である。空間を隔て、仕事の効率を高めるために、日本料理店の経営者は回転を利用した。忙しい現代人にふさわしい料理店である。」[2]

1.3 日本家庭の飲食空間

日本伝統的な家庭の室内和室の設計が伝統的な日式住宅から出てきた。(1)たくさんの木材を使っている、例えば天井板、仕切りが殆ど木材である。(2)室内では引く押すというドアと窓で空間を分けるから、開閉が便利で自由だし、ドアと窓が広くて透けるから、広くて明るい爽やかな感覚がある。(3)室内の床板が殆どタタミであって、座具が殆ど柔らかい座布団である。(4)室内全体の環境の風格が素朴で、自然の気息が溢れている。(5)室内装飾材料の質感と色合いの自然美を表現することが上手だし、構造の美を重視している。(6)室内の家具の造形が簡潔で、東方伝統的な家具の味わいを持っている。日本人の日常生活について、いつも地面に座ると寝る習慣を持っているから、室内の家具が全て低くなったし、人々が座ると寝るときの肢体の動作と視線の観察角度と完全に適合している。(7)多元化の機能、室内にいろんな用途の家具を置かれるから、もし低い机、文机を置かれば応接間になるが、夜に寝具を敷ければ寝室にも使えられる。

下記のは日本伝統的な住宅の一部明らかな特徴である。日本家庭の飲食空間が主に台所とダイニングルームを構成して、この二つのところは日本伝統的な住宅の重要な構成部分として、住宅の全体の風格と一体になっているから、特徴的によく似ている、それから表現する伝統的な住宅の特徴は主に下記のようである。(1)たくさんの木材を使っている、例えば天井板、仕切りが殆ど木材である。(2)室内全体の環境の風格が素朴で、自然の気息が溢れている。(3)室内では引く押すというドアと窓で空間を分けるから、開閉が便利で自由だし、ドアと窓が広くて透けるから、広くて明るい爽やかな感覚がある。(4)室内全体の環境の風格が素朴で、自然の気息が溢れている。(5)室内装飾材料の質感と色合いの自然美を表現することが上手だし、構造の美を重視している。(6)生で食べられる料理は多い。食品を加工するとしても、煮ること、蒸し、焼きという方法がよく見られる。そのため、キッチンとダイニングルームは食器棚に隔てられる。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接