中日英雄主义的形成--从价值观的影响来看毕业论文_日语毕业论文

中日英雄主义的形成–从价值观的影响来看毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

英雄是每个国家每个人民都向往的情节。每个民族的成长必然都会伴随着英雄的出现。当然每个国家的英雄都是不一样的。在此主要是通过分析价值观的不同来展现中日英雄主义形成的不同原因。

本文的前言主要就是讲述产生不同英雄主义的因素有哪些。第一部分是具体展现中日之间不同的英雄主义。而第二部分就是通过分析价值的不同分析中日英雄主义的不同。第三部分就是从文化和社会来分析中日不同价值观的产生。

本文研究的特点是从价值观的影响以及形成原因来分析中日之间不同的英雄主义,从而让大家更深刻了解英雄主义。

关键词:英雄主义,价值观,文化,社会

目  次

はじめに 1

1 英雄主義について 2

1.1 中国の英雄主義 2

1.2 日本の英雄主義 3

2 価値観の形成の条件 5

2.1 文化から見る価値観 5

2.2 社会から見る価値観 6

3 価値観から見る英雄主義 8

3.1 「仁」から見る中国の英雄主義 8

3.2 「集団主義」から見る日本の英雄主義 10

終わりに 12

参考文献 14

謝  辞 15

はじめに

作家である梁都はかつて言った通り、英雄が欠如した民族は希望のない民族である。砲煙が漂う乱世でも、調和社会を構築する今日でも、英雄は正義の化身で、民族精神の乗り物で、時代潮流のリーダーである。そして、今日の現実社会の中で、人々はますます英雄主義に憧れているようになった。もちろん、各国は自国の独特な英雄主義がある。しかし、今度では、主に中国と日本の間の英雄主義の相違及びなぜそういう相違性が生じたかについて論じようと思う。たくさんの日本の文学作品の中で、筆者は、正義の側や悪の側に関わらず、さらには生や死について、彼らはいつもひとつ集団として行動することと注意することに気づいた。たとえある指導者が存在したところで、その家族のメンバーも重要な人物である。つまり彼らは指導者を重視する同時に、集団の重要性を忘れない。ここで、中国と比べて、体現された英雄主義や英雄主義の表現形式は違うと思う。以前の研究の中では、多くは英雄主義の形式や特徴を分析したものである。例えば、周志柏は具体的に日本の英雄主義の四つの形式を分析した。しかし、筆者の研究の方向は英雄主義の形成の原因を分析することである。本稿で、主に中日の価値観から中日の英雄主義の区別を分析しようと思う。価値観の違いを分析することを通じて、現在の中日の間の英雄主義の相違性をまとめ、現在の英雄主義の形成の原因を深く考える。

1 英雄主義について

英雄主義は何かだろう?『辞海』の解釈によれば、それは自発的に重要な意義を持つ任務を完成するために、勇敢、粘り強く、自己犠牲の勇気と行為を指している。英雄主義はずっと古今中外を問わず、芸術家が追及する芸術イメージの最高な形態である。文芸作品の中で、英雄主義は英雄イメージの創造を通じて、実現したものである。しかし、中国と日本は一衣帯水の隣国であって、受け継がれた文化は同じところが多いが、両国の英雄主義は大きな相違性がある。

1.1 中国の英雄主義

 だいたいの人にとって、英雄に対する印象は各地を家にし、あちこちに行って、自然と親しみ、他人を助け、人間を救い、生活に困らない人である。だいたいの人にとって、英雄が出現する意義は自己に対する一種の幻想で、彼らのように、独立で、大きな事業を遂げることができると希望している。今のような有名な英雄題材の映画は『英雄』と『集結号』という二つの映画である。そういう二つの映画は大きな程度で中国が英雄に対する創造と英雄主義の体現を反映することができる。例えば、『英雄』の中で、一種の義侠を体現した。無名、残剣は実際に現代社会の英雄主義を体現したが、奴隷社会に戻り、現代人の観念で奴隷社会に生活している。その結果、死亡を避けられないが、観衆の心に巨大な影響を与えた。今の英雄主義は中国の伝統的な儒家の道徳観念を吸収した。例えば、父を中心とする家庭観念、とりわけ忠孝両全、師の尊敬と道の重視。そして、勇敢に他人を助け、恩と仇をはっきりと区別し、潔く責任を取る。さらに、集団と個人の中に、選択をするとき、多くのテレビドラマのように、男主人公が無名な人であっても、最後にみんなの利益のために、自己を犠牲し、甚だ自分の命を犠牲する人でる。『集結号』は一部の戦争映画で、『英雄』という商業映画と違っている。それは真実に戦争のもとの姿を戻し、これらの兵士は民族の解放のために、戦い、人民のために戦い、人民のために、犠牲した。自己を犠牲し、集団を救った。だから、中国の英雄主義は主に義侠で表現し、集団の利益と国家の利益のために、個人の利益を無視することができる。

1.2 日本の英雄主義

日本では、古くから中国の儒学文化を受け入れ、天照大神を信仰し、そして日本は伝統的な神道教である。だから、日本の独特な武士道精神を育成した。彼らにとって、忠誠意識、集団意識と生死の不適は英雄を判断する標準である。現在、日本のアニメの伝播とともに、アニメにおける体現はますます明らかになった。世界を救う家庭の中で、ただ一人の主人公だけではなく、前に進む道で、絶えずに人数を増加させ、そのチームを壮大する。これらの人の意見が合わなくても、関係がよくなくても、最後に世界を救うとき、自分のいささかな力を捧げる。ここで彼らの強烈な集団主義を体現した。もちろん、彼らの武士道精神は少しはずれたものであるが、彼らのような忠誠意識は尊敬に値する。私の考えでは、日本の英雄主義の最大の特徴は一種の平淡性だと思われる。例えば、映画『七人の侍』の中で、菊千代が農民の息子で、武士の風格を持っていなく、優れた武功がない。それでも、彼は勇敢に戦い、強い正義感を持っているので、本当の武士である。アニメ『家庭教師 REBORN』の中で、沢田綱吉は成績がよくないし、頭がよくない。万能の家庭赤ちゃん教師rebornがあっても、自分が在学を嫌うので、他人に「だめ綱」と呼ばれた。それにしても、一旦自分が守ろうとする人、あるいは事にあうとき、ほかの形態になり、自分が責任を取り、戦おうとする。最後まで発展してくると、彼は自分の家族、自分の友達を持っている。最後の敵人に対抗するとき、家族の力、自分の好きな人を守ろうとする信念は彼の成功を励まし、本当の英雄になった。だから、日本の現在の英雄主義は主に集団の栄誉感に体現する。

2 価値観の形成の条件

 古い諺のように、原因があれば、結果がある。結果の出現は必ずその原因がある。だから、価値観の形成は必ずその相応に対する条件がある。ここで、簡単にそれらの形成条件を述べたい。

 

2.1 文化から見る価値観

 一つの国家は古くから今日まで、皆によく知られるのは国の成長する歴史だけでなく、その魅力的な文化でもある。文化の変遷もこの国の歴史のほかの反映でもあると言えよう。

 文化そのものは動態的な概念で、歴史の発展過程でもある。だから、文化は地域的な特徴と民族的な特徴だけでなく、時代的な特徴をも備えている。二千年以上の中国封建社会の中で、儒家思想は指導の地位を占めているので、中国文化に広くて深刻な影響を与えた。儒学は中国の伝統的な文化の思想主流であると言えよう。孔子、孟子から、その後の朱子学までは儒学の発展過程である。儒学は忠、孝、礼、義、仁を強調している。だた五つの文字しかないように見えるが、われわれが守るべきすべてのものを含んでいる。だから、私にとって、儒学のような忠孝礼義があればこそ、われわれが一定の道徳規範の中に制限され、もしそういう道徳規範を破ろうとする人がいれば、止める人も出現し、われわれの何千年もの道徳規範を維持したと思う。ここで、「仁」から人間本位という価値観に現れる。このような価値観は中国の英雄主義の形成に影響が出る。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接