神社から日本人の自然に対する態度を見る毕业论文_日语毕业论文

神社から日本人の自然に対する態度を見る毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

日本神社具有古老的历史,不仅广为人知,而且和日本人,日本人的生活有着紧密的联系,从神社中我们可以看到日本人的自然观。

本文首先介绍神社的起源,然后以古代有名的神社为契机,调查上古日本人的信仰。然后从神社建筑的各个部分探求日本人的自然观。并且,神社并不仅仅是一种具体的建筑,它也同时被认为是异界。从这点可以明显看出日本人对于自然地崇拜。最后阐述在神社中进行的祭礼非常多,现在的日本人已经不能和神社分离。从上古到现在,日本人和神社有着深刻的关系。神社和日本人的自然观已经融合在了一起。

关键词:自然观;日本人;神社;建筑;融合

目  次

はじめに 1

1 神社の起源 2

1.1 神社最初の萌芽-農祭 2

1.2 初期神社信仰の典型-大神神社 3

1. 3古代代表的な神社 3

2 神社建築 5

2.1 神社の建築から自然に崇拝する気持ちの現れ 5

2.2 神社建築の細かいところから自然感を見る 5

3 異界神社 9

3.1 異界とは 9

3.2 異界神社 9

3.3 異界神社から日本人が自然に対しての崇拝を見る 10

4 生活の中の神社 12

4.1 神社の祭り 12

4.2生活と神社の間に深い繋がりから自然観の表れ 13

おわりに 15

参考文献 16

謝  辞 17

はじめに

アニメとドラマの中で、入学試験の前、旅行する前、出張している人を心配する時、いつも友達あるいは家族と一緒に神社へ行って、自分の願いを神様に伝えて、好運を祈るというシーンを見る。特に新年の時、みんな着物を着て、神社へ行って、甘酒を飲んで、参拝する。日本人の生活は神社としっかり関連させた。それに、日本のあちこちで神社を見ることができる。神社がもう日本の特色の一種になることは明らかにわかる。日本に行くと、必ず神社へ行く人は決して少ない。

一方、中国で寺もいっぱいあるけれども、普段、寺を行く人はあまり多くない。中国人と寺の結びは日本人と神社ほどそんなに緊密ではない。同じで、神様を信じて、好運を祈る。どうして日本人は神社に夢中になるか。神社の建築はきれいだからか。神社の中で含む文化は深いからか。神社はその神秘と古いのため魅力を満たすと思う。

神社は約1500年の歴史がある。最初の粗末のものから、少しずつ変化して、今の特定の規模があり、優美な建築に成る。歳月に累積している時、神社の飾りや構造に日本人の思いや自然観を加えた。建築は自然観との融合だからこそ、人々の探求をひきつけると思う。

1 神社の起源

1.1 神社最初の萌芽-農祭

神社は昔からあるが、今も日本人と普段の生活で代わらなく神社はいったい何のために存在するか?神社は祖先を祭り、神に弔いをする場所という認識はもうみんなに納得した。神社の最初の弔う対象は水稲農耕神で、水稲の豊作と気候の順調を祈ると思う学者もいる。昔、農耕の祭りは大きい比重を占めて、国の重要な祭りである。

縄文時代に、精霊信仰があった。自然界のすべてのものに生命を感じると信じた。その原因で、過去の日本人は自然の脅威から逃げれて安穏に暮らしたがる。水田跡から鶏の骨などが出土した、それは豊作祈願の犠牲とした。だから、日本列島で人間活動がある長い時間で、祭りの場所として神社の起源は農耕祭礼だと思えばいい。

過去、神社の呼ぶ方はさまざまあるが、神社という名前を規定するのは近代のことだ。惟石田一郎は『日本文化史』で「『古事記』、『日本書記』、『風土記』、『万葉集』にっよって、上古の日本人は神様に祈るのは生命の生産、伸長、さらに生活の安定繁栄のような生活化、つまり現実のものにかかわる」と書いた[1]

日本人は昔から、自然の威力を怖くて、自然に反抗できない、自分の生活にとって不可欠の農耕が豊作したがる時、自然や神様に頼んで、祭礼する。神様が駐在して、粗末けれども厳かな場所としての神社から、日本人は自然に対して畏敬の気持ちを見える。

1.2 初期神社信仰の典型-大神神社

縄文、弥生時代の祭礼活動をみてきたが、これが神社信仰の形になってくる時代である。参考となるのが奈良桜井市の大神神社だ。大神神社は式内社、大和国一宮で中世には二十二社の七社のひとつとされた。三輪名神、三輪神社と呼ばれる。大神神社は大物主大神を祀り、三輪山を神体として成立した神社である。日本神話によって神社の創始からあるいは存在する理由などから「日本最古の神社」と称されている。日本国内で最も古い神社のなかの一つであると考えられている。

大神神社は大物主大神を主祭神とし大己貴神、少彦名神を配祀する。日本神話には、当社にまつわる次のようなくだりがある、大己貴神は少彦名神とともに国づくりをしていたが、国づくりなかばにして少彦名神は常世に帰ってしまった。大己貴神ガ「この後どうやってほとりで国づくりをすればよいのだ」というと、海原を照らして神が出現した、その神は大国主の大和多摩市であり、大和国の東の山の上に祀れば国づくりに協力するといった。その神は三輪山に鎮座している大物主神である。

大物主神は蛇神であり水神また雷神としいての性格を持ち稲作豊穣、疫病除け、酒造りなどの神として篤い信仰を集めている。また国の守護神、氏族神である一方で崇りなす強力な神ともされている。

1. 3古代代表的な神社

1. 3. 1伊勢神宮

伊勢神宮は「お伊勢さん」と呼ばれ、内宮と外宮のほか、14の別宮、摂社、末社など125社で成り立っている。伊勢神宮には、太陽を神格化した天照大御神を祭る内宮と、衣食行の守り神である豊受大御神を祭る外宮の二つの正宮が存在する。

『日本書記』垂仁天皇25年3月の条に、「倭姫命、菟田の篠幡に祭り、さらに還りて、東の美濃をまわりて、伊勢国にいたる。」とあり、皇女倭姫命が天照大御神を鎮座する地を求め旅をしたと記されている。内宮起源説話である。この話は崇神天皇6年の条から続いており、『古事記』には崇神天皇記と垂仁天皇記の分注に伊勢大神の宮を祀ったとのみ記されている。移動中に一時的に鎮座された場所は元伊勢と呼ばれている。なお、外宮は平安時期の『止由気神宮儀式帳』によれば、雄略天皇22年7月に丹波国の比沼真奈井原から、伊勢山田原へ遷座したことが起源であると伝える。[2]

1. 3. 2出雲大社

日本神話によれば、大国主神が天津神に国譲りを行う際、その代償として、天孫が住むのと同じくらい大きな宮殿を建ててほしいと求め、造営されたのが出雲大社の始まりであるという。

出雲は神々のふるさと。そのことを代表する一例が暦の呼び方。十月が、一般的に「神無月」、しかし、神々が集まるこの地域だけは「神在月」とよばれている。それは、全国各地の神様が、出雲に集まって会議をするから。「神がいる」出雲は神在月、「神がない」そのほかの地域は「神無月」。出雲大社は日本を代表する“縁結びの神様”。縁というのは、男女の仲だけなく、すべてのものが幸福であるために縁で結ばれていることを指し、お参りすれば、あらゆる良縁に効果をもたらすと伝えられている。

2 神社建築

2.1 神社の建築から自然に崇拝する気持ちの現れ

神社建築の起源は、いわくらや神に住む場所である禁足地などで行われた祭事の際に臨時に建てた神籬などの祭壇であり、元々は常設のものではなかった、元来は沖縄の御嶽のようなものだったと考えられる。

日本人は自然を崇拝するので、神社は大体真山真水である。神社の主体の建物は鳥居、山門、拝殿、本殿、鐘楼、摂社などある。昔の日本人は山体、森と古い木を囲んで神籬というものになって、祭りを行った。だから、今まで、本殿がなくて、山が崇拝対象とする神社もある。日本の神社は普通閉鎖的である。神様が本殿で休むというので、祭祀者は入らなくて、殿外で動く。殿内でただ神座があるけれども、神像、位牌がない。これから見ると、日本人の信仰は精神的な信仰である。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接