現代日本人の自律意識について毕业论文_日语毕业论文

現代日本人の自律意識について毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

所谓的自律意识,就是指遵循法度,自我约束。对于我们来说,就是自觉遵守规章制度、对自己的行为和习惯有所约束。而说到自律,具有代表性的便是日本人的自我约束意识。现代日本人有非常在意他人的目光,特别遵守社会秩序,禁忌多,自我约束强大等很多看起来非常适合文明社会的所谓的高素质人群的特点。当然,这些特点与经济发达还有受西方先进文明影响有一定的关系,但是最根本的原因是什么呢。本文主要的目的就是研究造成现代日本人这一性格特点的原因。

通过研究发现,虽然造成现代日本人这一性格特点的原因有很多,但主要有三大原因,即武士精神的“名誉感”、日本人的“耻”文化及“岛国性”的特殊地理环境。正是这些因素的影响,形成了现代日本人强烈的自我约束意识,即自律意识。

关键词:国民性;自律意识;名誉感;“耻”文化;岛国性

目  次

はじめに 1

1 「名誉感」と自律意識 3

1.1 武士精神における「名誉感」について 3

1.2 「名誉感」と自律意識 4

2 「恥」文化と自律意識 7

2.1 「恥」について 7

2.2 「恥」文化と自律意識 8

3 「島国性」と自律意識 10

3.1 特殊な地理環境について 10

3.2 「島国性」と自律意識 11

おわりに 13

参考文献 14

謝  辞 15

はじめに

日本人が自律意識を持っている。現代の日本人は、社会秩序を順守し、特に、非常に他人の目を心配し、タブーが多いである。そして、自律能力が強くて、文明社会の高品質の人口特性に非常に適してみえる。日本人の自律意識を研究する学者があまりいないですけど、日本人の性格を研究した学者がたくさんいた。

日本有名な学者新渡戸稲造(1889)が、武士精神の主な内容が武士の武徳だと指摘した。正義、勇気、博愛、礼儀、誠実さ、評判、忠誠心を含む。「名誉」の意味は、人格の尊厳と価値明確の自覚を含んでおり、それで名誉のためにすべてを放棄するのが必要であるが、善悪を区別すると忍耐と粘り強さを保つのが重要である。

ルーズべネディクトの『菊と刀』の中で、はじめて日本の文化を「恥」文化と命名した。彼女はまた、日本人は恥を道徳システムに加入したと指摘した。日本人の生活の中で、恥というものが重要性があり、その意味として、誰でも社会が自分の行為の評価を十分注意する。

龔道貴(2008)が日本人の民族意識と生存意識が日本の特な生活環境に根ざした、生存ニーズと生活環境との紛争から生まれた生存意識だと指摘した。日本人の独特な民族精神そして民族性格、国民心理、民族伝統、、国民文化など、大和民族と島国の生活環境の相互作用の産物である。

以上の学者が日本人の自律意識を指摘しなかったですが、彼らの観点が日本人の自律意識と密接な関係がある。ですから、本論文が武士精神の「名誉感」、日本人の「恥」文化、そして日本の「島国性」という三つの方面から日本人の自律意識の原因を探索する。

1 「名誉感」と自律意識

武士道はの日本の武士遵守する封建的な論理であり、10世紀以来、日本の武士グループ内では徐々にひとつのセットの論理コードを形成した。武士道は、戦士のグループが戦争時の生活の中でだんだん形成した行為のコードと論理のコードである。日本社会が暴力で土地資源と製品の政治権力を奪うための産物として、武士は9世紀中期にあらわれた。鎌倉幕府のとき、武家支配者が武士道の思想で自分の統治を強化して、武士道が平安時代の実践的論理から制度の論理に発展した。徳川幕府になると、武士の生活環境が大きな変化を行った。この期間中に、武士精神が儒教と組み合わせて、武士が父子、君臣、夫婦、長幼、友達五つの論理の自覚を基本にして、世界中にこの思想システムを広げるという使命を近代武士の思想にした。武士道が徐々に理論的、そして体系的になった。現代武士道が中世武士道の革新であり、明治維新後、明治政府が償還の方法で武士身分等級と財産特權を廃止して、武士階級も崩壊した。しかし、武士精神―武士道が明治政権の統治にまだ有益だから、武士道は武士階級の崩壊で無くなったにもかかわらず、近代的な軍人精神論理と国家の普遍的な論理に転換した、そして拡張した武士道になった。

1.1 武士精神における「名誉感」について

新渡戸稲造が『武士道』という本で、「もともと義理が武士の武徳である」[1]と指摘した。武士精神の主な内容が武士の武徳である。正義、勇気、博愛、礼儀、誠実さ、評判、忠誠心を含む。

その中で、「名誉」の意味は、人格の尊厳と価値明確の自覚を含んでおり、それで名誉のためにすべてを放棄するのが必要であるが、善悪を区別すると忍耐と粘り強さを保つのが重要である。

武士義理の内容が武士遵守するべきのものである。この論理が「忠誠心」、「勇気」、「正義」、「 礼儀」、「慈悲」と「誠実」を含む。その中で、核心としてのが「正義」の中での「恥」である。「恥」の意味は、武士が名誉を追求して、恥を洗うために、かならず遵守するの行為規範である。武士義理行為の動機は恥、評判と尊厳、これは義理の生成、発展と進化に重要な役割を果たした。

義理は最初に武士社会に生まれて、江戸時代に農民、町人社会に普及した。明治以降、皇帝への忠誠が国民的な道徳原理になって、義理は国家集団からそれぞれの家族グループに浸透した。義理と呼ばれたこの心理的な関係は、明治以降の独特な近代化プロセスの中で、消えされていないだけでなく、逆に強化された。いまでも、『日本国語辞典』の中で、その意味が、「正しい理由、人々は従う道徳」、「人が自分と他人の関係のなかで、必ず全力で守るの道徳、まともな、顔と愛情」、「血では関係ない人が同様の親族関係を締結する」、「理由、意味」などの意味を持つ。

1.2 「名誉感」と自律意識

武士義理は武士が常に自分の言行行為に注意を払う必要があり、それらはつよい名誉感を持っている。武士にとって、名誉を維持するために、できるだけ恥のことをやらないだけでなく、強い恥の感覚の影響で、理想型の武士を基準にして、もっと高尚な武士になるために自分自身を向上させる必要がある。

「忠誠心」、「勇気」、「正義」、「誠実」、「慈悲」は武士道の精神の中核であり、「恥」が武士道の現れの根本的な原因である。武士の訓練では「勇気」を重視して、武士が勇敢で、戦うことと犠牲を恐れていないのは、名誉にかかっているからである。「恥ではなく名誉を追求する」、他人の評判は生命よりも重要である。

いまの日本はアジア諸国の中で最も西洋文化の影響を受けて、いわゆる先進国である。多分封建保守な武家社会そして戦前の時代のと保守的な思想と比べて、いまの日本人はより自由と個性を主張する。しかし、彼らのファッションや自由の状態はまだ社会秩序を遵守することと、正しい礼儀動作を前提にする。

「日本のタクシー運転手は、もちろんより多くのお金を稼ぎたいから、車より人が多い状況で、実際の金額より多くの金を払うお客さんを選択する。彼らの中で、同情心を持っている人が非常にすくない。それにもかかわらず、そんな運転手の中で、ある運転手がまだ武士の気質を持って、彼らは絶対にチップを断り、さらに怒る。変更の時も、変なこともしない。欧米の同業者達がそれに驚きされる。利益より名誉を重視する。これは日本だ。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接