日本人の独特の生死観及びその原因について毕业论文_日语毕业论文

日本人の独特の生死観及びその原因について毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

生死问题是一切智慧探讨的最根本问题。日本人的生死观作为日本人人生观、价值观的体现,和日本人的思维方式和行为方式息息相关,是日本人国民性的重要组成,有着异于其他民族的独特性,成为学习日本文学、文化过程中,需要探讨的重要课题。

本文通过对前人研究成果的学习以及对有关论据的分析,结合自己的观点,列举日本武士、文学家以及当代社会自杀群体的自杀事件,从中探讨日本人对生死的理解,并从无常观、“物哀”的审美意识、“耻感文化”以及日本人对待死者的宽容态度等几个方面分析日本人形成这种生死观的原因。

围绕日本人生死观这一课题进行的探讨,有助于我们对日本文学、文化的学习,有利于我们更进一步了解日本民族的国民性,从中发现中日对待生死态度的不同之处,对化解长久以来两国人民之间因为对一些事物持有的意见不同,而造成的矛盾与隔阂起到一定的积极作用,同时也为他人研究日本人的生死观提供参考。

关键词:日本人;生死观;成因

目  次

はじめに 1

1 日本人の死生観の具体的な表れ 2

1.1 武士の切腹 2

1.2 文学者が死亡を追求する傾向 2

1.3 集団自殺 4

2 日本人の死生観 6

2.1 死亡は生の持続である 6

2.2 死生は絶えず循環している 7

3 日本人の死生観の成因 9

3.1 無常観 9

3.2 「ものの哀れ」という美意識 10

3.3 恥の文化 12

3.4 死者への寛容態度 13

おわりに 15

参考文献 16

謝  辞 17

はじめに

死生観はよく検討されている問題である。例えば、立川昭二は『日本人の死生観』[1]に日本人にとって、死生は絶対の限界がなく、あるところで循環しているという見地が書いてある。また、李沢厚は『中日文化心理比較試説略稿』に中日両国の死生観を比較して、日本人は生を大切し、死を尊重していることを指摘した。[2]更に、戴季陶は『日本論』に日本人の自殺者の心理状態は積極的であることを述べた。[3]この挙げられた3つの例がすべて死生観は注目されている証拠である。

日本人は独特な生死観を持っている。そして、日本人の死生観の成因に対する検討は本文の目的である。本文は武士道の切腹・文学者の死亡傾向や集団自殺の具体的な表しに対する分析を通じて、日本人の死生観は無常観・「もののあわれ」という美意識・恥の文化や死者への寛容な態度のことに関係があると分かった。

日本人の死生観に対する検討は、死生観念に触れる問題を考えるときに、日本人を持っている特別な考え方を深く理解するのに資するところがある。そして、日本という民族をいっそう認識することにも役立つ。

1 日本人の死生観の具体的な表れ

1.1 武士の切腹

日本の歴史では、切腹で死んだ武士は数え切れない。『太平記』により、2640名の自殺した武士の中で、切腹で自分の命を終わった武士は2159名がいた。1975年にクラベルに書かれた『将軍』は一時アメリカの文壇を驚かせた。中には「日本人はアメリカ人と違う。武士たちは何でも、特に死亡を怖がらない。」[4]という話を書いてある。

私たち中国人にしてみれば、日本の武士が死亡を選んだのは無意味で理解できないことだけど、武士にとっては、死亡は武士道の真髄であり、切腹は武士道の精神を表現する最高の方法かもしれない。新渡戸稲造は日本人にとって、切腹は新生のシンポルで、一番高尚な行為であると言ったことがある。[5]更に、武士は死亡へ通る道であるは『葉隠論語』という日本の有名な武士修行著作に書いてある話である。[6]この著作は死亡を中心として、切腹や復讐など死亡観念に関わる内容に触れる。人は断固として、生に執着せず、死亡を選ぶのを教える。この2つの挙げられた例からみると、日本人は人間が死亡を通して、永遠に生きていくことができると信じている。そして、その特別な死生観は日本人の武士道に深く影響を与えた。この影響なので、日本の武士がいつもでも死亡を畏縮ぜず、勇敢に直面していたことが分かった。

1.2 文学者が死亡を追求する傾向

日本の名小説『ノルウェイの森』に「死と生は対立するものではない。死は生の一部分として永遠に存在するものである」という文がある。[7]これは作家の村上春樹が死生に対しての解釈である。この小説は日本人の死生観をほのめかして、木月や初美や直子などの人物が死んだことから、死亡を深く理解している日本人は命についての考えが他の民族と違っていることもよく分かった。

近代、文学者の生に対する態度は日本人の死生観の体現として、人々の心に衝撃を与えた。明治時代、北村透谷は首つりで自殺してしまった。白樺派文学の泰斗と称された有島武郎は恋人と一緒に心中になった。また、芥川竜之介・牧野信一・太宰治や三島由紀夫などはすべて自殺の運命になった。[8]

三島由紀夫は1970年11月25日に、千人の仕官の前で切腹した。「散るをいとう世にも人にもさきがけて散るこそ花と吹く小夜嵐」という和歌は三島由紀夫の辞世和歌である。見た目は散る花を褒めて描いたようだが、実は死亡を賞賛する。そして、三島由紀夫の死亡を求める傾向も見せた。

1962年、川端康成は「無言の死は無限の生である」と言った。生は死の持続という死生の観念を持つことは分かった。これも川端康成の作品から見える。『名人』に、主人公の名人は将棋試合のうちに自殺したという運命に設定した。『雪国』の中で、行男は病で亡くなり、葉子も火事で亡くなってしまった。[9]川端康成の作品は死亡の匂いが感じられると言える。死亡は美しさの存在として、川端康成の意識に込んでいて、作品の美感を添える。死亡の美を求めるため、1972年に三島由紀夫と同じ、川端康成も自殺を選んだ。

他人にしてみれば、こんなに有名なのに自殺したのは残念だと思がるけど、本人につきましては死生が循環していて、死亡は生を持続できるための最高の方法かもしれない。

1.3 集団自殺

自殺といったら、われわれはいつもこれは日本という国に繋っていると思う。日本人は自殺という主題が好きで、アメリカ人の犯罪という話題を好むように自殺を味わっている。殺人より、日本人は自殺がもっと好きだ。[10]

第二次世界大戦以来、自殺した日本人は主に毒物、首吊りなどの方式を選んだ。20世紀90年代の末、自殺した人数の増加に従って、インターネット集団自殺や毒ガスなどの新型の自殺方法が出て来た。近年来、特にインターネット集団自殺は日本で流行している。たくさんの自殺傾向がある日本人はネットで自殺を約束する。2002年11月、日本のメディアに初めてネット集団自殺ニュースが報道された以来、ネット集団自殺事件が頻繁に起きている。ある統計により、日本で2003年に34人はネット集団自殺で亡くなった。2004年に同じ事19件が起き、55人がネット集団自殺した。2005年は2004年より15件が増ました。

日本人は自殺を美化する伝統があり、自殺に崇高な評価をあげるので死亡をそんなに怖いとは考えていません。自殺は日本の文化には特別な重要性があり、そして、自殺より集団自殺は更に高いレベルに向き、その本質は死生観である。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接