日本の諺による日本の民族文化に関する研究――海洋文化と両性文化を中心に毕业论文_日语毕业论文

日本の諺による日本の民族文化に関する研究――海洋文化と両性文化を中心に毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

中文摘要

日语谚语是日本语言文化的重要组成部分,其内容非常丰富,涉及日本人生活的各个方面,因此日语谚语是认识和理解日本人与日本文化的一把钥匙。家庭关系是所有人际关系中最基本也是最重要的关系,本文试从文化语言学的角度, 对日语中有关国民性格、海洋文化和两性关系的谚语进行初步归纳整理,并通过这些谚语来探讨日本人的文化特征以及语言与文化的关系。

本论文结构如下:

第一部分为引言,主要阐述了该论文的选题动机。第二部分是介绍了谚语的来源和发展。

第三部分介绍了日本的农谚、海洋有关的谚语,主要从农谚、鱼谚、渔谚看日本人的国民性格和传统的海洋文化。

第四部分主要分析了从谚语看日本人的传统两性观点的特征。主要从随缘的无为观、理想的结婚对象、男尊女卑思想、女性价值的认同四个方面来考察。

第五部分为结语。综上所述得出本论文的结论。

本文通过谚语分析了日本人的海洋文化和两性文化中的民族文化特征,并对其进行解读。

关键词: 谚语;民族文化;海洋文化;两性关系

目 次

はじめに 1

  1. 日本のことわざの來源 2

    1. 中国からのことわざ 2
    2. 西洋からのことわざ 3
    3. 本土製のことわざ 4
  2. 魚諺、漁諺、農諺 7

    1. 働き者で我慢の民族性 7
    2. 自然と共生の日本人 7
    3. 海洋文化 9
  3. 両性の諺と女性の諺 10

    1. 何事も縁の不作為思想 10
    2. 理想的な恋愛対象 10
    3. 男尊女卑意識 13
    4. 女性価値への承認 15

おわりに 18

参考文献 19

謝 辞 21

はじめに

はじめに

言語は社会とともにある。各社会には、社会風土、精神風土、国民性などと呼ばれる独自の恒常的意識の型、行動の型、生活様式といった文化があり、社 会が全て、言語は文化の性格に影響され、文化の鏡としてその生活様式を写し 出すものであり、ある民族の思惟方式、行動パータン、価値観、美意識などをある程度で反映できる。このような言語と文化との深い関係に対する認識は言語文化学を組み立てる際に重要な根拠であると言えよう。

諺は「万人の知恵、一人の機知」と言われている。諺は経験の結晶であり、大衆の英知であり、人生知のエッセンスであり、知恵の泉であると言われている。言語は文化の鏡とすれば、諺はその民族の精神状態と文明程度の参照であ ると言えばよい。換言すれば、諺を通して、ある側面から民族の思惟方式、行動パータン、価値観、美意識などを見出せる。

世界中のどの国にも、それなりの文化、社会を反映することわざがあり、各民族の様々な価値観、人生観、世界観も反映される。日本語にも例外なく挙げきれない諺がある。東京大学の教授金子武雄先生はこう言った「諺は日本文芸の起源から今日に至るまで、一つのジャンルとして、日本文芸の中に無視できない、かなり重要な位置を占めているものと思っている。 1したがって、日本」語を勉強している人々にとって、日本語を身につけるために、諺を検討するの は欠けない重要な一環である。日本でも諺についての研究もかなり深まってきたが、大体はことわざのレトリック、諺の論理と用法など言語の方面だけから 探究した。諺を通して日本人の海洋文化、両性関係と女性の価値など伝統的な社会文化の特徴及び言語、文化との関係を検討してみよう。

1 金子武雄 『日本のことわざ』 社会思想社 1982年 P10

1 日本のことわざの來源

日本のことわざは出典から見れば、大きく三つの種類に分けられる。

1.1 中国からのことわざ

      1. 中国の文学作品の引き入れ

長い文明を有する中国は各方面にわたって日本に多大な影響を及ぼした。特 に、漢字の借用によって、中国の文学作品から取り入れたことわざが案外に多い。中には、直接道理を説いた教訓や教戒を示すものが多い。これは日本のことわざ辞書を見ればすぐ分かることである。例えば、

青は藍より出でて藍より青し(中国 戦国時代の『荀子』により)

青出于蓝而胜于蓝

狡兎死して走狗烹らる(中国の『史記』により)

狡兔死,走狗烹

      1. 中国の文化と交流

誰も知っていることは、中国の隋唐の時期に日本の文化がほとんど空白である。本民族の文化の空白を埋めるために、この時期は全面に中国の文化を吸収 する時期である。それ以来、中国の文化を長いに勉強するなかに、中国の儒家の典籍、仏教の典籍、歴史の著作、文学の芸術、医学の著作、詩と詞の歌、諸子と軍事の著作をほとんどに見た。日本は飛鳥時代(539—710)から、大量に中国文化を吸収し、ことわざは江戸時代から初歨的に形成され、中国の歴史の 典籍を選別し、現在の状況を形成した。今最も権威性がある『故事 bull;俗信ことわざ大辞典』を調べると、日本語のことわざ出典は大体三つある。すなわち、

日本本土の書物、中国の書物とヨーロッパの書物からなっている。というのは、日本語のことわざは必ず日本人の生活経験から得たもののみに止まるもので

はない。相当長い発展過程の中で、国外から一部の言葉が日本語のことわざに 取り入れて、融合されるものも尐なくない。まとめによると、日本語のことわ

ざの中に中国出典のものは、『礼記』203 個、『詩経』108 個、『孝経』14 個、

『春秋』276 個、『易経』77 個、『書経』78 個、『論語』352 個、『孟子』231

個がある。中国の歴代の著作で 240 余部はことわざがある。中国の歴代の文人から約200位の著作の中でもことわざを大量作る。ことわざを作る数は、作 品は文学や文化史上の地位に一定の対応関係があり、つまり、文学や文化史上重要な作品で、ことわざ数は比較的に多くて、逆に、数は尐ない。例えば、経

部著作の古典による、『論語』や『春秋』『孟子』『礼記』『詩経』の中に日、、、本語のことわざは比較的に集中する。子部著作の古典による、『荘子』『淮南、

子』『戦国策』『晋書』『漢書』『後漢書』の中に日本語のことわざが非常に、、、、多い。史部著作のなかにほとんど出所は『史記』である。著名歴代文人の詩と

歌賦による、唐宋時代の比較的に集中する。

以上の为要な著作と歴代の文人の情況から分析して、日本語のことわざが抱 える中国文化が広くて、量が大きくて、豊富な内容を含んで、その文化の情報がほとんどは中国文化の各方面を含む、思想、道徳、宗教、科学技術、軍事、 芸術、文学、礼儀、天文、地理、歴史、習俗、医学などである。つまり、日本語のことわざは全面に中国の文化を吸収し、日本語の言葉の内容を広げる。

1.2 西洋からのことわざ

      1. 舶来品の引き入れ

日本語に吸収される中国のことわざに対し、西洋ことわざは尐ない。これと日本の西洋化の道を歨いた後、科学技術と文化を大量に輸入して新しい名詞、新しい用語も比例しない。ヨーロッパから伝わっていたものも見える。

舶来のことわざの引き入れる『聖書』などに出る行為を規範するものが多い。例えば:

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接