日本の小学校教育による国民の丁寧さへの影響毕业论文_日语毕业论文

日本の小学校教育による国民の丁寧さへの影響毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

日本的小学教育不仅为战后日本经济的复苏带来了重要影响,更对国民谨慎性这一性格产生了深远的影响。本论文主要参考一些国内外相关的论文作为主要研究手段,通过对小学教育的课程内容和小学环境,以及小学教育对小学生独立性重视的呈现,来说明日本小学教育的特色和带给小学生的影响。

并且分析了日常生活中日本人谨慎性的主要表现,分了工作和礼仪两个方面来具体说明日本人的谨慎性这一性格。

最后,结合小学教育和国民的谨慎性表现,具体分析了小学教育对国民谨慎性的四大主要影响,表现出这种影响的深远和持久。

关键词:小学教育;谨慎性;独立;影响

目  次

はじめに 1

1 日本の小学校教育 2

1.1 課程の内容 2

1.2 小学校の環境 3

1.3 小学生の独立性を重視する 4

2 国民の丁寧さの表現 7

2.1 日常の礼儀 7

2.2 日常の工作 8

3 小学校教育による国民の丁寧さへの影響 11

3.1 曖昧の点 11

3.2 まじめの点 12

3.3 集団主義の点 13

3.4 迷惑をかけない点 14

おわりに 17

参考文献 18

はじめに

日本の小学校の教育は戦後日本の経済の回復に巨大的な影響を与えた。小学校の教育は日本人の性格の丁寧さにも影響した。その影響は日常の生活では仕事にしても礼儀にしてもよく見える。日本の小学校の教育は日本人の性格の反映とも言える。本論では、現在日本の小学校の教育の課程の内容、小学校の環境、学生の独立性を重視と説明した。そして、日常の生活では日本人の仕事と礼儀について分析した。最後に、日本人の性格の丁寧さへの影響について、四つの方面に分けて、日本の小学校の教育はどんな影響を与えるかと研究した。

本論に関する著作と資料は多数あるので、本研究の方向を明らかにした。「日本教育的歴史与現状」(陳宝堂 2004 年)、「日本国家概況」(劉笑明 2007 年)は日本の小学校の教育の内容と環境などを示した。「日本商務礼儀」(顧春 2010 年)、「曖昧的日本人」(李兆中 2010 年)は日本人の礼儀と仕事を紹介して、日本人の性格の丁寧さを研究した。

本論によって、それらの論文を参考にし、日本の小学校教育による国民の丁寧さへの影響を分析したい。

1 日本の小学校教育

1.1 課程の内容

日本の小学校では、教育の課程は主に各学科、道徳、特別な活動三部分ある。

各学科は国語、社会,算数、理科、音楽、図画,家政と体育からなっている。文部省は以上の科目に具体的な説明を制定する。小学校教育は単純に学科の知識を重視するたけでなく、課程の三分の一の時間は非学科の教学に占める。たとえば、音楽や体育や家政などがある。課程の時間の以外、学生も相当な時間をかかっていろいろな活動に参加する。たとえば、クラス会や学校集会や学校の祝日や旅などがある。

 小学校の道徳教育は以下の内容が含まれる。一は自分自身。二は他人を理解する。三は自然を知る。高尚な趣味がいる。四は自分と団体、と社会の間の関係。道徳教育の目的は学生に他人を尊重するし、生命を重視すると言う質を養成させる。また、民主社会と国家の発展のために頑張って、国際の平和のために、自分なりの貢献をする。

 特別な活動とは、クラス内、クラス間、または学校の開催する各活動のことである。

課程内容の多様性は日本の小学校教育に有利な優勢をもたらす。豊富な教育内容は基本的な知識と基本的な技能を重視するだけでなく、健康教育も道徳教育も労働教育も十分に重視される。小学校教育は健康教育を強調して、小学生の体を強める。小学校には、体育クラスがある。そして、定期的に運動会や泳ぐ会や遠足や多様なボール試合をする。活動は誰でも参加して、そしてみなの体と心を鍛えることができる。小学校は学生の健康と安全と体育訓練を大事にして、学期ごとに専門な研究をする。

1.2 小学校の環境

小学校内の環境はたいてい快適清潔である。教室に入る前、学生は玄関で室内用の靴を着替えして、もとの靴は指定のたんすにおく。たんすは学年ごとに一つ大きいな箱で、そしていくつクラスに分けて、一つ一つには学生の名前を付ける。傘の置くところもクラスずつひとつある。そのうえ、学校は学生みな一つ掃除用の雑巾を身に付けて持つと言う規制をする。小学校のトイレには、面白い漫画の形式で学生には守らなければならない規制を説明して、内容は気軽で、学生は規制を守る。しかも、学校では常にクラス間の文体活動を行う。その活動は学生に団結とまじめその重要性を認識させられる。けれども、小学校にもいじめや暴力などいろいろな問題がある。ある小学生が他人に排斥されて、登校するまでも行かない。

 小学校の周囲の環境も調和をとれる。校門外で、どんな時でも、ただ登校する学生にあうだけで、車は直ちに十メートル以外のところにたち止って、小学生に先に通させる。校門外の道が百メートルずつはカラーの印を付けて、なんの車でも、カラー区に入るが早いか、次第に運転しなければならない。

 小学校の他の環境の価値もある。教育施設の現代化のおかげで、日本大くの小学校の環境はかなり心地良い。しかも、教育施設はすべてそろっている。たとえば、電化教育、電子閲覧室、実験室、音楽室、アスレチックジムなどかなりある。プールは日本の小学校にとっては不可欠な施設である。どの教室でも、大きなテレビが配置する。閲覧室は広くて明るくて、書き物はかなり多い。実験室の儀器は先進的である。音楽室にはいろいろな楽器がそろっている。学校は充分にその現代化の施設を利用して、他方面的な能力がある学生を育成する。日本の小学校では、教育施設だけは現代化になるのではなく、教師の事務をとる条件も現代化のレベルに達する。コンピュータを使うのはもう日本の小学校の教師の第二の文化と言うこともある。

1.3 小学生の独立性を重視する

 日本の小学生は登校の第一日からというもの、家は学校にまでどんなに遠くにかかわらず、自分ひとりで徒歩行く。道では困難に会っても、自分ひとりでなんとか解決してみる。しかも、日本の両親は学生が子ともから寒さに強いと言う品質を育成する。冬に来ると、小学校は一月の早朝ジョギングを組織し始める。且つ要求が学生は半ズボンを着るのである。だから、学校の工作は非常に丹念である。具代的言えば、毎日、父母は小学校からアンケート用紙を受けて、毎日の早朝では、自分の子ともの体温を量って、それからアンケート用紙に付けて、最後に捺印するかしまいかを決定する。捺印しない場合では、ある小学生は早朝ジョギングに参加しないと言う確信する。次は日本の小学生のかばんである。かばんには、文房具以外は運動服や着替え服や室内靴やタオルなどいろいろものがある。ある時学校の図書館から借りた本を携えて往復する。美術クラスがある時、フルセットの絵具も携えざるをえない。泳ぐクラスの時、泳ぐ服や大きいなバスタオルや泳ぐ用の眼鏡や泳ぐ帽子などものが必要である。毎日、そんな多くなものはかばんには全部入れるのは不可能である。普通には、小学生の手でもう一つかばんがよく見える。すべての重さを加えると、およそ五あるいは六キログラムかもしれない。日本の小学生は毎日こんなに重いかばんを持って学校に行くけど、誰でも文句を言わない。公立の小学校はスクールバスがないので、原則では病気と怪我以外、父母は車で学生を送るとは禁止されている。つまり、おくるとは認める、ただ車ではなく、父母は小学生と一緒に歩いている。

日本では、陽光と空気だけは自然から恵まれて、その他全部は労働によって得ると言う一言の名言がよく聞こえる。日本の小学校は学生が子ともから家事をするとの義務を強調し、生活にも自分で処理するのも育成する。だから、家政課では、基本的な生活常識を教えてやる。そして、都市の中のいくつの小学校は学期ごとに小学生に農村へ行かさせ、彼らの独立性を鍛える。小学生も独立性の重要性も分かる。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接