从《零的焦点》《砂器》看松本清张的女性观毕业论文_日语毕业论文

从《零的焦点》《砂器》看松本清张的女性观毕业论文

2021-04-03更新

摘 要

中文摘要

松本清张是日本社会派推理小说的鼻祖,他丰富的人生经历造就了他对独特的日本女性观点,他将这种观点看法融入小说人物中,创作了一系列的成熟女性形象。这些女性形象给人留以深刻印象的同时又引发读者深思,她们的背后暗藏着战后日本的社会问题以及日本传统女性观念,并对后来的日本推理作家产生了深远影响。

因此,本文将围绕《砂器》《零的焦点》中的女性角色的外在特征、性格特点,结局出发,探究松本清张的女性观。通过具体文本内容分析,笔者发现松本清张笔下的女性都存在一个共同特征:“一场爱的悲剧”。本文着重从女性外在与心理两个角度出发,分析研究松本清张对日本女性的观点、松本清张的女性观。以及松本清张对日本传统男尊女卑思想观念的态度看法。

关键词:《砂器》;《零的焦点》;日本女性形象;女性观;悲剧;男尊女卑

目 次

はじめに 1

1 『砂の器』『零の焦点』女性像の特徴 5

1.1 着 飾り 5

1.2 恭順 8

  1. 愛に苦しむ女 11

    1. 心の底の「傷」 11
    2. 男女の不平等 13
  2. 自我破滅 16

3.1 矛盾 16

3.2 悲劇 18

おわりに 21

参考文献 22

謝 辞 24

はじめに

1、研究目的や意義

松本清張は推理小説を書くことで、川端康成や夏目漱石の女性観とは異なる平凡な人物を描くことに力を入れており、松本は成長した経歴の影響を受けて独自の女性観を確立した。女性キャラクターについては、ミステリー小説としては新しいレベルに達しており、平凡で卑しい女性キャラクターが次々と印象的に登場した。彼の女性観は、その後の日本の推理小説作家、たとえば宮部美雪にも影響を与えた。1松本の描く彼女たちは、若くて美しくて、礼儀正しくて、ミステリアスで、卑しい。欲望によって手段を選ばなくなったり、愛によって自分を失ったり様子が、本の中でもよく表れている。次々と登場する女性キャラクターたちが物語を貫いており、『砂の器』『零の焦点』の女性たちはストーリーにあふれており、一目ではわからない。劣悪な環境に対する忍耐か反抗か、愛するものに対する善意か悪意か、彼女たちはそれぞれの選択をした。松本はまさに日本人女性一人一人の人物像と複雑な心理活動を浮き雕りにして、推理テキストのキャリアを通じて、小説のプロットを発展させ、社会のそれぞれの問題を表現している。女性に対する認識、伝統的な男尊女卑に対する彼の見解をよく言い表した。松本清張の代表作である『零の焦点』『砂の器』を例に、破滅的な結局に向かった悲惨な女性キャラクターを細かく分析して松本清張の女性観を分析する。そして、当時の思想の矛盾や社会背景を側面から分析することによって、戦後日本の女性に対する彼の考え方や態度を発見し、読者の深い思索を引き起こす。

1 李重 论受松本清张女性意识影响的宫部美雪的女性观 吉林大学 2016,06 P19

2、先行研究と成果

中国では現在、松本清張の研究については、文学的テクニック、構造の特色、翻訳の問題、審美術、人物ジャンルの構築、大陸における受容性に研究を行っている。主に人間性の思考、創作の特徴、作品中の東西文化の差、色彩語が小説における役割などについて研究している。研究は主に次のような方面から展開され、砂器から見た戦后日本人の倫理選択、立身出世、松本前期推理小説の特徴、砂器における社会性の表現、芸術スタイルの特色が展開されている。その中で秦剛の松本清張の『砂の器』についてこの論文は、日本の戦後社会とともに最も多く引用された。秦剛は、日本の戦后の社会形勢を結びつけて、この犯罪動機の時代性と社会性を分析した。また、原作を原作とした同名映画作品を分析することで、同じストーリーのナレーションや、さまざまな脚色テキストにおけるキャラクターの演出や変化を探った。さらに、そこに屈折した時代ごとの社会心理を深く読み解いた。2最后に、日本の女性観についての研究は、主に、日本の著名な小説家や学者の作品の中の女性研究と日本の伝統的な女性観の対比で、日本の戦后派の作家武田泰淳「女性の視点から戦後日本を見る」。小泉八雲は「怪談」の女性像を出発して、女性観を研究する。夏目漱石は「梦十夜bull;十五夜で自分の女性観と日本伝統的な女性観の関係。小説家の女性観の研究をおいて、日中「良妻賢母」観の対比、婦人雑誌と日本の学者の近代女性観の研究もある。女性教育家矢島楫子は日本近代女性思想を考察した。現在、松本清張の研究は主に日本に集中している。調べてみると、松本清張の研究論文の数は多く、範囲も広い。主に社会派、小説の社会性、書き方、構造、松本清

2 秦刚 松本清张的《砂器》与战后日本社会 日语学习与研究 2009,01 P3

張個人などについて研究が多い。仲正昌樹は「松本清張の現実と虚構-あなたは清張の意図にどこまで気づいているのか」という著作で、清張ミステリーの特徴は犯人の動機形成が社会的背景ときっても切れない繋がりがあることを掲示した。3「砂器」に関する研究は、主に修辞手法の運用において、小西いずみは本の中の方言、方言学について研究した。映画『砂の器』は小説と関係がある。文書の内容に関する研究もある。綾目広治が『砂の器』で日本の近代の欲望、犯罪を分析した。鈴木貞美は残酷性の角度から『砂の器』を研究した『零の焦点』についての研究は、内田市五郎が『零の焦点』と波の「アナべイ」について比較研究を行った。戦後の記憶の残像研究、戦後の二つの生活手段の研究。『ゼロの焦点』は同時代性の歴史研究である。本の中の女性のイメージに対する研究も多くない。

3、研究の方法

本文では『砂の器』『零の焦点』の女性キャラクターを研究対象として、テキスト研究方法に従う。先行研究結果やテキストの内容を参考に、作品中の女性像の特徴を探ってみる。松本清張の女性に対する考え方や社会現象に対する態度、考え方を探究してみる。本文は 3 章に分かれており、それぞれ 2 小節で構成されている。第一章『砂の器』「ぜろの焦点」女性像の特徴、人物分析は

「着飾り」、「恭順」この 2 つの角度から展開される。第 2 章では、愛に苦しむ女性、典型的な愛のジレンマに陥っている女性を例に挙げ、「心のピタリ」と男女不平等の 2 つの観点から具体的に分析する。第 3 章自己破壊、テキストの角度から悲劇的な女性の心の底の葛藤による生存選択と彼女たちの結局を分

3 仲正昌樹 松本清張の現実と虚構―あなたは清張の意図にどこまで気づいているか 東京:ビジネス社

2006 P5

析する。最後に松本清張は彼女たちに一体どのような態度、社会の不平等に対する考え方をまとめる。

1 『砂の器』『零の焦点』女性像の特徴

着飾り

清張の筆に描かれる女性の最初の印象は、いつも目から触発されている。ある人物の性格的特徴は、形成された外在のイメージによって、多かれ少なかれ明らかにすることができる。外見から女性キャラクターの第一感を引き出した。川端康成作品で描かれる清純な少女のイメージと違って、松本は戦后の日本社会の大きな変化を敏感に察知していた。彼女たちの多くは、第二次世界大戦後という特殊な時代を生きた成熟した女性たちだ。日本の探偵小説評論家の萬田権治も「松本清張の作品には、純粋な処女像がほとんど登場しない。いくつかの影があっても、生々しくはなく、人形のように置かれているようだ。それどころか、火のような情熱を持った成熟した中年女性たちを描いているとき、彼の筆力はとりわけ深い」と言った。4ここで注目すべき点があって、萬田権治が言った「中年女性」とは、一般に言われる三十代、四十代の女性のことではなく、十七、八歳の世間知らずの少女のことでもない。それは社会経験が豊富で、思想も成熟した女性を指す。室田儀作の心を勝ち取り、室田夫人になった佐知子、憲一と秘密の同居田沼久子、見合いを終わえ、憲一と結婚の殿堂に入った板根禎子、関川に痴狂したホステスの三浦恵美子など。自分が結婚して、あるいは自分の恋人もいる、少女時代から女性時代まで完成した女性だけ物語を掘り起こし、研究する価値がある。

4 権田萬治 清張が描いた悪女たち 東京 2006(5) P2

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接