侘寂文化在日本服装设计中的体现毕业论文_日语毕业论文

侘寂文化在日本服装设计中的体现毕业论文

2021-04-03更新

摘 要

本论文从物哀、朴素、自然三个角度,论述了 wabisabi 在日本服装设计的具体体现。1.物哀美:三宅一生的结构主义体现了物哀美的设计风格,色彩方面主要选择黑色等冷色调,布料方面川久保玲采用低彩都布料构成特殊服饰,由此三方面体现出物哀美。2.朴素美:山本耀司用禅学设计风格体现朴素美,布料的选择方面只用一块布完成所有设计不产生任何边角料,卖场的设计没有复杂的工艺丢弃高饱和度的色调就连店内的背景音乐都散发着青灯古佛一般的禅意。由此三方面体现出朴素美。3.自然美:川久保玲的服装将服装和身体融为一体突出身体自然曲线,色彩的选择使用“和色”也就是白色,布料方面更是用垂坠感的布料体现自然的美感给人一种浑然天成的舒适度。由此三方面体现出自然美。并且阐述了该文化的应用对日本设计在世界设计舞台占据一席之地所产生的作用,也同时体现了侘寂文化对日本服装设计的重大影响。

关键词:侘寂文化;物哀美;朴素美;自然

目 次

はじめに 1

  1. 「侘び寂び」の起源と発展 3
  2. 服装デザインにおける具体的な表し 6
    1. 「物の哀れ」 6
    2. 素朴さ 11
    3. 自然美 14
  3. 服装デザインにおける「侘び寂び」の影響 18
    1. 伝統的な「侘び寂び」が改めて重視されること 18
    2. 日本服装の世界での地位向上 18

おわりに 20

参考文献 21

謝 辞 22

はじめに

鈴木(1964)は侘び寂びの淵源を言及し、こういう美学が代表する思想と態度を述べた。大西(1969)は現代文芸美学と比較詩学の立場に立ち、語義の比較と歴史文化語義学の方法を運用し、明らかに「寂」論の内部構造を掲示し、

「寂」の理論意味と価値を述べた。陳(2017)と王(2016)は侘び・寂び文化が禅宗及び茶道における運用を説明し、お茶で友と付き合い、修養に努めて精神を磨く美学儀式と審美過程を述べた。王(2014)は禅宗理念を貫き、侘び・寂び文化が枯山水における運用及び悲愴の美を研究した。顧(2016)は禅宗を研究し、侘び・寂びの五種類の基本表現形式を纏めて、製品設計の中で運用した。張(2015)は侘び・寂び美学の歴史根源に触れ、禅宗と茶人の千利休を解読することにより侘び・寂び美学根源と美学思想を把握した。前文を踏まえて、すべての研究者は侘び・寂び文化の表現形式及び茶道・枯山水・製品設計の中の運用を研究したということが分かる。だが、侘び・寂び文化が日本服装設計における運用は言及されなかった。日本服装設計は独特な設計理念と裁断により、国際社会において、一定的な地位を占めている。そして、侘び・寂び文化に対する普及と運用に深く関わっていると思われる。それゆえ、侘び・寂び文。

日本服装設計の中のどう運用されているかを研究したいと思われる。侘び・寂び文化は日本の重要な美学文化である。哲学理念を含んだ審美感情と独特な不完璧主義は人間が自然に対する感覚を取り戻すことができる。社会と生活が迅速に発展するのに伴い、こういう伝統文化は段々消えている。だが、有名な服装デザインに活用されているのがよく見られる。それゆえ、筆者はこの文化

を研究することにより、設計精神を正し、伝統文化を設計と結びつけ、文化の宝物を発揚し、継承していきたいと思われる。

1 「侘び寂び」の起源と発展

アメリカ有名なアーティストであるレナード・コーレンにより書かれた『わびさびを読み解く』の出版を切っ掛けに、「侘び・寂び」という日本伝統的な美学思想は世界範囲で普及され、アップル、無印良品など世界範疇の大手メーカーの設計のインスピレーションとなっている。なら、人々が言っている「侘び・寂び」とは一体何だろうか。「侘び寂び」は 15 世紀の禅宗茶会儀式つまり茶道から由来する。16 世紀、茶道を奥ゆかしい境地に推進させた茶道の聖人である千利休は「侘び寂び」の発展の中の最も重要な人である。早期、彼はまだ日本茶道の学生であり、師匠の武野紹鴎の元で茶芸を勉強し、庭の世話を任された。千利休は丁寧に庭掃除をし、庭園を完璧に整理したら、軽く桜の木を揺らし、花びらと葉が自然に地面に落ちる。後程、千利休は茶道の伝奇となった。千利休が求める茶の美感は茶そのものとは関係なく、すでに哲学の高度に至った。それが侘び・寂びである。実際、日本語の中、「侘び・寂び」は二つの言葉で、それぞれ違う意味がある。二つの意味を合わせれば、日本独特の美学になる。侘びは素朴を指す。禅宗において、素朴を求めるのが美徳である。戦国時代の茶人の千利休はこういう美徳を茶道が求める美と結びつけて、侘び茶を作った。これこそが所謂麁相である。麁相は日本語において、「上をそそうに、下を律儀に」という意味を持っていて、中国伝統美学の中の「見た目がきれいで、中が繊細である」と違って、「見た目が粗末であるが、中が繊細である」を指す。周知のように、日本語と中国語は密接な関係にあるが、日本語の中の一部の漢字は中国語の中では対応した文字がない。具体的な例はたくさんある。例えば、「侘」という文字もそうである。日本最も信頼される辞典である岩波

書店により出版された『広辞苑』により、「侘」は「彼」と共通し、三人称単数代詞として使われるということが分かる。「正統律令体制により区別されるもの」という派生意味があり、他人、その他を指す。室町時代(1336 年 ―1573 年)に入り、「侘び」は美学概念として、茶道文化の中で高く評価される。中国の場合、古代中国語において、「侘」は「詫」と共通し、「自矜」を意味する。また、人々が失意する様子を表現するための言葉「侘傺」がある。つまり、侘びが求めているのは華やかさではなくて、ありのままの精神であり、直接に根源に至る。寂びという言葉は見るだけで「閑静」という意味が分かる。だが、日本語において、この言葉には他の意味がある。寂びの発音は Sabi で、「寂」という文字以外、時々「錆」と書く。古代日本語の中、この二つの言葉は共通していて、友に「劣化、錆」という意味を持っている。その文字は本来中国語から由来し、著名的な俳人である松尾芭蕉(そう、日和の中の芭蕉)及び能楽

(主に死亡、生死を表現する伝統芸術)の影響を受けて、美感のある意味を持つようになった。つまり、劣化した物(人)の中は、歳月の跡に満ちた美感がある。例え色褪せても、ボロボロになっても、その美しさは止められない(むしろ強化される)。この美感は侘びと同じく、「完全に自分自身から発生し、他の物に引き立てられる必要がない」美しさを強調する。纏めてみれば、「侘び・寂び」はわざとらしいことなく、素朴な内在を強調し、時間が経っても変わらない本質の美を意味する。侘び・寂び美学風潮は安土桃山時代、茶道巨匠千利休

(1522-1591)1により、ピークまで発展された。日本茶道の「始祖」と集大成

1 千利休(せん の りきゅう、せん りきゅう) 大永 2 年(1522 年室町時代) ~ 1591 年 4 月 21 日(旧暦 天正 19 年 2 月 28 日)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての商人、茶人。わび茶(草庵の茶)の完成者として知られ、茶聖とも称せられる。また、今井宗久、津田宗及と共に(茶湯の天下三宗匠)と称せられ、『利休七哲』に代表される数多くの弟子を抱えた。子孫は茶道の三千家として続いている。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接