日本語の「四字熟語」の翻訳研究 ―『キリンのツバサ』を例として毕业论文_日语毕业论文

日本語の「四字熟語」の翻訳研究 ―『キリンのツバサ』を例として毕业论文

2021-04-03更新

摘 要

众所周知,日文的四字熟语发挥着巨大的作用,他们数量很多,使用频繁。当然,四字熟语的翻译研究也是相当复杂,与此同时,国内外以四字熟语的翻译为中心的研究也比较少,对于东野圭吾的作品《麒麟之翼》中的四字熟语的翻译研究也是比较少的。笔者尝试以《麒麟之翼》的日文原稿3和中文译文4为研究对象, 研究四字熟语,成语的翻译现象和翻译技巧,并作出总结。

本论文一共分为四章。第一章里简单对《麒麟之翼》的作者东野圭吾以及其他作品做出了简单介绍。第一节主要介绍了东野圭吾,第二节针对作品有哪些研究做出了简单概括,介绍了研究背景和研究现状。

第二章关于四字熟语和成语的定义和特征,做出了详细分析,总结了他们的异同点。第三章是本论文的重点章节。首先,第一节介绍了研究方法。根据前面的内容从第二节到第五节按照意译,直译和略译的翻译方法以及其他翻译方法对四字熟语和成语进行了分析对比。第四章是根据四字熟语,对日中翻译和中日翻译进行了总结。

本研究以四字熟语为基础,对日中翻译进行研究、通过对四字熟语的翻译技巧的研究,阐明了四字熟语翻译的方法,特征和翻译时候需要注意的问题点。考察了翻译技巧,对翻译的实际应用稍有帮助。

关键词:四字熟语;成语;翻译方法;翻译技巧

3 『麒麟の翼』 東野圭吾 2011.3 株式会社講談社

4 《麒麟之翼》 田秀娟 2015.7 南海出版社

目 次

はじめに 1

第一章 先行研究 3

    1. 東野圭吾について 3
    2. 東野圭吾の作品に関する研究 4

第二章 四字熟語と成語 7

    1. 日本語の「四字熟語」について 7
    2. 中国語の「成語」について 7
    3. まとめ 8

第三章 『キリンのツバサ』における「四字熟語」の翻訳研究 9

    1. 研究方法について 9
    2. 直訳について 9
    3. 意訳について 11
    4. 翻訳を省略する場合について 13
    5. ほかの場合について 14

第四章 「四字熟語」における翻訳の比較研究 17

    1. 直訳ができる場合 17
    2. 直訳ができない場合 17
    3. まとめ 18

おわりに 19

参考文献 21

謝 辞 22

はじめに

四字熟語は日本の文化と歴史などと深い繋がりがある。四字熟語は日本語の品詞の中で、重要な役割を果たしている。四字熟語の数が多く、話し言葉であれ、書き言葉であれ、日常生活でよく使われている。

四字熟語は他の言葉と違い、四つの漢字だげで一つのストーリーが含まれている。だから、四字熟語の翻訳はいつも複雑で、日本人や日本語学習者にとって、難易度が高いものの一つになっている。日本語の四字熟語の翻訳に関する研究は数多くあるが、例えば、《日本语四字熟语与汉语成语在词形,词义上的比较》5、『四字熟語・ことわざの相違点に関する中日比較研究』6。しかし、東野圭吾の『キリンのツバサ』に基づいて、小説を対象として四字熟語の翻訳を研究するのは比較的少ない。

なぜ東野圭吾の作品を対象にしたかというと、まず、東野圭吾は日本の文壇の巨匠で、言語風格は伝統の探偵小説を超える、とても有名な作家である。次に、彼は作品の内容が奥深く、よく四字熟語を使うため、東野圭吾の作品を研究対象にした。

筆者はこの情況に基づいて、『キリンのツバサ』を例として、四字熟語の基本翻訳の方法、特徴と翻訳する時注意すべき問題点を研究する。

翻訳とは何ですか。翻訳の本質は正確さと暢達に基づく、ある言葉を別な言葉にチェジすることである。しかし、決して言葉の表面の意味を伝達するだけではない行為である。

5 王锐 《日语四字熟语与汉语成语在词形,词义上的比较》[J].《日语学习与研究》2006.

6 杨立国 苏卓 『四字熟語・ことわざの相違点に関する中日比較研究』[D].岡山大学 2010.

この論文は『キリンのツバサ』の原文との対比を通じて、直訳,意訳と翻訳を省略する場合、この三つの角度から、四字熟語と成語の翻訳の方法、特徴と翻訳する時注意すべき問題点を分析してみたい。

先ず以って、この三つの翻訳の方法の意味を説明する。第一のは直訳である。直訳は原文の内容と形式をそのまま保持した翻訳の方法である。第二は意訳である。意訳、まだ自由な翻訳を言われて、文章の要旨に基づいている、原文の内容だけを元通りに保持し、原文の形式を保持しない翻訳の方法である。第三は翻訳を省略することだ。この方法は簡素化と圧縮の結合で、早くで、便利な翻訳の方法である。

この三つの翻訳の方法がそれぞれ利点がある、残念ながら、色々な問題もある。例えば、直訳は最大限に文章の内容を還元し、多くの情況で自然だ。ただし、その訳文は長くでつまななくになることは可能だ。そしたら、文章は蛙鳴蝉噪ではありませんか。それはある程度で翻訳の本意に反して、読者たちに更に文章に遠ざかるかもしれない。

次は意訳だ。意訳は便利で、理解しやすい、なので,ある程度でその原文の文化元素も損失する。元の漢字、元の文法、元の句など。

そして、最後のは翻訳を省略すること、これは簡単ではっきりしたが、その同時に、文章中の内容はほんの一部分を保持しかもしれない。四字熟語と成語その本身の美しさを失うことは不可避である。

本研究は『キリンのツバサ』と訳文を対して、その中に現れている四字熟語を分析している。筆者は論文の中で例を書き立て、四字熟語の翻訳の方法を説明する。もし本論文は今後四字熟語の教育、日中翻訳の翻訳の方法及び日中間の文化交流に少しでも力になるには、筆者にとって最大の肯定である。

第一章 先行研究

東野圭吾について

周知の通り、東野圭吾は日本でとても有名な作家である、もちろん、全世界で彼は名誉を勝ち得ている。1985 年、第一部の作品『放課後』を発表し、第 31

回江戸川乱歩賞に受賞し、日本の文壇に名を成した 2006 年になると、『容疑者

X の献身』に持たれて、日本の推理の分野のトップスターになった。一世を風靡し、世界で話題になった。彼が現れた後、日本の推理小説が新たな発展の方向を見つけ出し、多くの読者の心を引いた。

デビューから今まで、東野圭吾は約 89 部の作品を発表し、この中、約 60 部

の作品が映画、ドラマと漫画などにアダプトされた。映画は約 19 部、ドラマは

約 34 部、舞台劇は約 5 部、そして、漫画は約 21 部である。

周知の通り、『放課後』、『白夜行』、『容疑者 X の献身』など、実に有名な作品である、誰でも知ってる作品だったと言われている。内外で多数の研究者は有名な作品を選んで、研究を始める。非常に有名な作品と比べたら、筆者が選んだ作品ーー『麒麟の翼』はちょうどだげな評価不可かもしれない、これも東野圭吾の優秀な作品である。売れる加賀恭一郎シリーズの第 9 作目にあた

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接