日本社会的欺凌现象考察毕业论文_日语毕业论文

日本社会的欺凌现象考察毕业论文

2021-04-03更新

摘 要

在日本的学校经常发生学生因校园欺凌导致“不登校”及自杀等情况的发生。这种行为的存在给学生的身心造成很大影响,已经成为深刻的社会问题。欺凌现象不仅不利于青少年的成长,而且也不利于社会发展。这样的问题,不仅是在日本,而且已成为世界性的问题。在中国的学校教育中也不能说完全没有这种情况,因此找出解决此问题的方法就变得很重要。因此,我想通过对日本学校中欺凌现象的分析,找出缠身这些暴力事件的原因有效的解决方法,故选择了本课题。通过此项研究,在关注日本的欺凌现象的同时,为中国的学校教育提供些许参考意见。

关键词:不登校;欺凌;原因;解决方法

目 次

はじめに 5

1. 不登校とその問題 6

1.1不登校の定義 7

1.2不登校の現状 7

2. 不登校の原因は「いじめ」 7

2.1「いじめ」現象について 7

2.2「いじめ」現象の発生する原因について 8

3. 不登校の主観的な原因 9

3.1性格の問題 9

3.2人格傾向の原因 9

4. 不登校の客観的な原因 10

4.1家庭の影響 10

4.2学校側の原因 11

4.3社会、メディアの原因 12

5. いじめ現象の影響 13

6. 中国と日本の学校への示唆 13

6.1 心理の健康な教育に力を入れること 14

6.2 暖かい家庭環境を創設すること 14

6.3 学校の教育方法を改善すること 15

おわりに 16

謝辞 17

引用文献 18

はじめに

 

研究の背景として

私がいじめ問题に強い関心を持つきっかけになったのは、福岡に留学してから、いろいろないじめについての事件を知ったことにあり、いじめ問题に強い関心を持たざるを得なかった。現在、先進国にでも、発展途上の中国でも、学校でのいじめ事件はよく発生している。いじめは小中学校でもっとも普遍的な暴力行為である。この行為の存在は学生たちの心理と健康に大きな影響を与え、深刻な社会的な問題となって、世界で注目されている。とりわけ日本の学校でのいじめ現象はもっとも厳しいと言える。

日本の学校では、学生はいじめによって「不登校」になったり、自殺したりすることがよく発生している。文部省の「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」には、いじめの被害を受けた生徒の声を聞くと、学校へ行くのが苦痛になる、さらには死にたくなる注1といった声が多いという調査結果が公表されている。そして学校におけるいじめによって、自殺した学生も毎年増えており、いじめは学生が「不登校」になる主な原因になっていると言える。ゆえに、『不登校』から日本のいじめ現象についての考察を研究する。

本論文は、主に日本学校での「不登校」ということからいじめ現象を分析し、その発生する原因を分析して、さらにいじめ現象という問題の有効的な解決法を探し出したいと思っている。このような問題提起に対して研究を通して、日本のいじめ現象を見つめると同時に、中国の学校教育に参考になればと考えた。

1不登校とその問題

1.1 不登校の定義

 まず、行政上の定義を見ると、文部科学省の『学校基本調査』における「不登校児童生徒」と は、「何らかの心理的、情緒的、身体的あるいは社会的要因・背景により、登校しないあるいはし たくともできない状況にあるため年間 30 日以上欠席した者のうち、病気や経済的な理由による者を除いたもの」と定義されている。

 次は、辞典で述べられている「不登校」の定義を紹介する。『心理学辞典』(有斐閣)での「不登校」は、「広義には、学校に登校しないすべての状態をさす。通常は、諸種疾患のための就学不能、親の無理解や経済的困窮による不就学、物理的困難や意図的拒否の場合を除き、登校ができない正当な理由が存在しないにもかかわらず登校をしない、もしくは登校ができない状態をさす」とされている。

1.2不登校の現状

 2007 年度の文部科学省初等中等教育局の報告 によれば、全国の小学校で30日以上の 欠席者は 23,926 人で、これは全小学生の 0.34%を占める。中学校では 105,328 人で、全中 学生の 2.91%となっている。小学校児童では298人に1人、中学校生徒では34人に1人の割合で不登校となっているのが現状である。その数値を平成3年度の小学校 12,645人(0.14%)、中学校 54,172人(1.04%)と比較すると、小学校では実数で89%の増、割合では2.42倍、中学校では実数で94%の増、割合では 2.73 倍に増加している。

2. 不登校の原因は「いじめ」

2.1「いじめ」現象について

 いじめとは、相手の肉体的・心理的苦痛を快楽的に楽しむことを目的として注3行われるさまざまな行為である。とりわけ学級など簡単には抜けることのできない集団の中で、群れた「みんな」の勢いや「自分たちなり」の特殊な秩序を背景として、そのような行為がなされることを言う注4

最近、日本の学校のいじめ事件が増えていることが注目されてきた。元々学校は学生たちが楽しく勉強する場所であるはずだが、今いじめ事件によって学生の成長に悪影響を与えている。一部分の学生が「不登校」になったこともその影響だと言える。日本学校でのいじめ現象は主に校内で発生したいじめ行為である。その中には、学生に対するいじめや教師に対するいじめ、他人に対するいじめ及び学校の設備を壊すことなどが含められる。学校のいじめは日本の中小学生の不良な行為のひとつで、ひどい社会問題になっている。日本学校のいじめの現象は主に対教師暴力、生徒間いじめ、他人いじめ、器物損壊という四類に分けられる注5。四種類の中で、一番多いのは生徒間のいじめである。例えば、平成17年四種類の件数と総数に占める比例はそれぞれ生徒間いじめ(15067件、48.9%)、器物損壊(10078件、33.3%)、教師暴力(4991件、16.5%)、他人いじめ(147件、0.5%)である注6。このデータから見ると、生徒間いじめはほぼ半数を占めることが分かる。小学校と高校より中学校でのいじめ事件はもっとも多い。平成10年以来、中学校では毎年2万件以上で、平成19年は3万件を超え、33525件になる注7。文部科学省が発表した最近のデータによると、平成21年の件数は60915件であった。これは多くの学生の「不登校」になった原因だと言える。

2.2 いじめ現象の発生する原因について

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接