“看”“望”“瞧”与見る的对应关系——以余华《活着》的中日文版为例毕业论文_日语毕业论文

“看”“望”“瞧”与見る的对应关系——以余华《活着》的中日文版为例毕业论文

2021-04-03更新

摘 要

随着中日经济文化等进一步的发展,中日两国人民在交流和相处中,不可避免地会进行语言的互译。由于多义性动词内部包含着大量的信息,导致学习者容易造成混淆和误用。本文选择日汉两种语言中出现频率很高的“見る”和“看”

“望”“瞧”作为研究对象。

本篇将在余华所写的《活着》这篇小说中,展开对“看”“望”“瞧”与「見る」的对应关系的探究。首先通过字典查找“看”“望”“瞧”与「見る」的各种意思,然后在《活着》这篇小说中,充分地“看”“望”“瞧”与「見る」的多义进行详细地分析。本文从语义的多样性和语义扩展模式的角度对它们进行探讨研究,确定它们的原型义,对比分析它们的引申义,总结出它们的语义扩展机制和异同点。笔者认为“看”“望”“瞧”与「見る」的含义在使用的时候是有所差别的,在学习和交流的时候要正确地使用,更好地了解和掌握多义性动词, 避免误用。

关键词:看;望 ;瞧;見る;语义扩展

目 次

はじめに 1

  1. 先行研究 3
  2. “看”“望”“瞧”と「見る」の多義の構造 5

2.1 “看”“望”“瞧”の多義 5

    1. 「見る」の多義 5
    2. 両者の違い 6
  1. 「活きる」中国語版と日本語版の“看”“望”“瞧”と「見る」の多義 7
    1. 中国語版の「活きる」の中で“看”“望”“瞧”の多義 7
    2. 日本語版『活きる』の中で「見る」の多義 10
  2. 「活きる」中国語版と日本版の“看”“望”“瞧”と「見る」の対象比較13 おわりに 15

参考文献 16

謝 辞 17

はじめに

中日の経済や文化などの発展に従って、中日両国の人民の交流や付き合いの中に、避けられないのは言語の通訳だ。学習者は文の前後の文脈を結び付けないで動詞の語義の特徴と強行して訳して語義の偏差を産することがおおい。互いに訳す時認知の対象の情報の属性と認知の過程所の段階を分析するのは誤って訳す肝心な点を免れるのだ。

この前に、さまざまな学者は“看”“望”“瞧”と「見る」の意味に対して研究を行いた。しかし、小説に“看”“望”“瞧”と「見る」を比較するような文章が少ない。そこで、本論文は小説から研究を行いたい。

本論文は他の文章と“看”“望”“瞧”と「見る」の違い点に対して単一の論述のところに違い、《活着》という小説を通して説明する。また、自分の理解と考えに加え、自分の観点を表し、先行研究を基盤とし、よりよい結論を得る。それによって論文に説得力と吸引力を授ける。

本研究の題材は“看”“望”“瞧”と見るのが関係に対応するのだ。まず現代中国語の辞書と新明解日漢の辞書で“看”“望”“瞧”と見るの各種の意味を調べて、それから中日版の「活きる」を通じて、中国語版の中から文章の内で含んで“看”“望”“瞧”の例文を探し出して、かつ分析と帰納を行って、日本語版と対応し研究する。

収集した結果は 2 册の字典の中で“看”“望”“瞧”と「見る」の多くの意味が見つかってかつそれを並べるので、中国語・日本語版の小説の「活きる」も多くの例文が見つかって、それぞれのセンテンスの中で“看”“望”“瞧” によって見るの意味と総括に帰納するのを行って、最後に分析したのは“看”

“望”“瞧”と「見る」の対照関係を行う。

以上は当論文のは方法を収集して、これらの材料を通じて来て具体的に詳しく“看”“望”“瞧”と「見る」のが関係に対応するのを研究する。

  1. 先行研究

日本にも中国にも、多くの学者が“看”、“望”、“瞧”についての多義研究を行った。あるいは動詞「見る」の意味を研究した。しかし、両者を結びつけ、対比する研究の文章が非常に少ない。そのため本研究はそれぞれ“看”“望”

“瞧”と見るでの多義の角度が以下が見つかったと関係がある。

尚来彬(2011)に来て、構文の形式と構成成分の語義のこの大部分から“‘看

/瞧’ D/NP VP DE! ”を分析した。そして言葉が推測する中でいくつか例証を探して結論を得た。「構文の形式のこの部分分析が“看”を得た後で常用する人称の代詞あるいは少数名の品詞の修飾のフレーズは D/NP 一部になって、VP は形式上は比較的単純で、多くアクションあるいは静態の動詞で、主語の通常は第 2 人称の小さい代詞を省略するのだ。1」構成成分の語義のこの部分がすぐ言葉が推測する中分析にあるで、この分析を通じて基本的にこの文型のそれぞれの構成要素の意味素性を理解することができる。

蒋新桃(2013)、認知の意味論の語義の拡張モードの原理に基づいて、日本語の多い義の動詞の“切る”の分析に対してを通じて、語義の拡大の中の効果とこの語の各語義解釈の項目の間の関連モデルで認知の構造を探求する。「ここから分かって、多義語の語義解釈の項目の中で最も基本的なのは原型の義で、その他の語義解釈の項目は原型の義とある種類を持っていてに連絡するためこの単語のその他の語義解釈の項目になって、これらの語義解釈の項目は大部分がメタファー、メトニミーの方法を拡大した。2」

1 尚来彬.“ ‘看 /瞧’ D /NP VP De! 句式的句法语义分析” 辽东学院学报 2011(5):70.

2 蒋新桃.“「切る」的语义扩展机制分析”[J].语文学刊,2013(11):5-7.

籾山洋介(2002)が書いた著書『認知意味論のしくみ』多義語多くの研究だ。認知の意味論の比喩の議論する観点から出発することができて、籾山洋介の語義の拡張モードを運用して、「見る」の多い義の拡大に対して分析して、「見る」のそれぞれの語義解釈の項目の間の語義関係と語義が構造を広げるのを述べて、そしてこの基礎の上で「見る」の多い義の体系を作り上げる。『多義語の多義ネットは多数の局部の図案から構成する。メタファー、メトニミーの 2 種類の比喩の手法を持つのが語義が発生して広げるのだ、接続の多義語の多数の語義解釈の項目の重要な構造だ。3』

以上の研究、大部分はすべて分析して“看”“望”“瞧”あるいは「見る」の語義と多い義を研究したので、“看”“望”“瞧”と「見る」のを研究して関係に対応する専門の著作がない。そのため当論文のこれらの研究での基礎の上、余華の「活きる」のこの本の中でを通じて書いた文章の中で詳しい説明を行って説明して、また自分の理解と思考を結び付けて、個人の観点を述べ表して、更に深い段階の理解の“看”“望”“瞧”と見るのは関係に対応する。

3 籾山洋介.『認知意味論のしくみ』[M].東京:研究社出版,2002.

  1. “看”“望”“瞧”と「見る」の多義の構造

“看”“ 望” “ 瞧” の多義

そして現代中国語の辞書(2012)の中で網上検索百度の百科の調べた“看”

“望”“瞧”の多い義を通じて次の通りだ。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接