性格与环境的关系研究——以大江健三郎《鸟》为例毕业论文_日语毕业论文

性格与环境的关系研究——以大江健三郎《鸟》为例毕业论文

2021-04-03更新

摘 要

中文摘要

大江健三郎毕业于东京大学,是日本有名的作家,1994 年曾获得过诺贝尔奖在日本文坛占有极其重要的位置。大江对传统文化十分执著和尊重,从本民族的土壤中充分汲取营养,很好地继承并大量使用了自《竹取物语》(859—877 年间) 延续下来的象征性技法和日本文学传统中的想象力。

作者在把现实引入小说的同时,致力于非现实性的虚构(即日本文学传统中的玄虚),两者之间既截然分明,又随意重叠,而将这两者巧妙结合起来的,则是大江氏从日本文学传统中继承下来、又具有浓郁个人特色的象征性表现手法(即日本文学传统中的幽玄)。在这个独特、丰富的想象世界里,出生于森林之中的大江氏似乎对森林情有独钟,在诸多以森林为舞台的小说中,大量导入日本文学传统中的想象力和日本神话的象征性。而《鸟》也同他的其他作品一样有一个非常鲜明的特点,就是将主人公命运的矛盾冲突置于一个黑暗绝望的现实环境中。

关键词:性格;家庭环境;社会环境;自然环境;历史环境;幻境

目 次

はじめに 1

  1. 鳥の群れの幻想世界 2
  2. 三度の幻影の出現 3
    1. 一回の幻 3
    2. 二回の幻 4
    3. 三回の幻 4
  3. 幻影破り、現実戻り 6
  4. 『鳥』における人物性格と環境の関係 8
    1. 家庭環境の関係について 8
    2. 社会環境の関係について 9
    3. 自然環境の関係について 11
    4. 歴史環境の関係について 13

おわりに 14

参考文献 15

謝 辞 16

はじめに

大江健三郎は 1935 年に日本の四国島の愛媛県喜多郡大瀬村で生まれる。彼は

『個人的な体験』、『万延元年のフットボール』で 1994 年のノーベール賞を受賞した。『個人的な体験』で、作者は自分の現実体現を通して、戦後日本知識青年が脳ヘルニア障碍児が生まれてから、毎日酒とセックスに落ち込み、最後に目覚めるストーリーを語った。『万延元年のフットボール』の作品の全部は暴動、自殺、和姦、障碍児童誕生の内容が満ち、また維新精神と戦後精神も入った。この二篇は、思想と創作の面でも大江健三郎の創作頂点と呼ばれている。当然、大江健三郎はほかの数多くの作品が持っている。例えば、彼の『鳩』『飼育』『核時代の森の隠遁者』等である。彼の数多くの作品をめぐり、主人公の運命矛盾を暗く絶望的な現実環境に置くことは彼の作品の特徴であることがわかる。

では、なぜ大江健三郎の文学作品が現実に対して強い絶望をもっているだろう?恐らく彼個人にいる社会、歴史、家庭などの環境から説明しなければならない。1994 年、大江健三郎の父と祖母がなくなり、母は一人で彼を育った。1945 年、彼 10 歳の際、日本は戦争で敗北、降参した。彼はこのような特別な時代に生まれた。1951 年、日本は米国と『日米安全保障条約』を締結した。戦争が終わった後、日本は占領される状態であるが、人々の苦痛は始まったばかりである。1956 年、彼は正式に東京大学フランス語専攻の学生となり、渡辺一夫の影響で、サルトルの書籍を読み始めた。1960 年に結婚し、1963 年彼の長男の大江光が生まれた。但し、長男は発達障害で、親としての大江に対して、巨大な衝撃を与えた。彼も、何度も彼当時の苦痛を表した。このように、家庭環境、社会環境、歴史環境より個人への影響は巨大であることも伺える。本稿は彼の

1958 年の短編硝石津の『鳥』を例として、性格と環境の深い関係を述べる。

鳥の群れの幻想世界

青年は暗い部屋に閉じこもり、これは邪魔されない小さな世界だと想像した。この世界は次第に幻影―鳥群れが現れた。鳥たちは彼とすごく親しんでおり、まるで家族のように、彼に暖かさと愛を与えた。

鳥たちは楽しく、静かに自分の羽を舐めたり、部屋の中に自由に歩いたりした。「彼らにとって、暗さはまるで森の中のもくもくの木立にようだ」、たぶん彼らはここを彼らの家とした。

しかし、あの朝、ある騒ぎが彼らを起こした。突然殺到した不安は鳥たちを脅かし、静かになれなくなった。彼は下で母親と他の男と話したことが聞き、鳥たちに「誰でも捕まえはしないよ。その連中は外の人なので、あなたたちを見えないよ。ここにいることも知らなければ、捕まえることは当然できないよ」青年にとって、それは独立な世界であり、外と離れていた。外の人がこの世界のことを見えないから、この独立な小さな世界完全に外から邪魔されず、安全であった。慰めた鳥たちは次第に無防備となり、緊張な雰囲気もだんだん解消した。この世界に、青年は幸福を感じ、次第に睡魔が襲ってきた。しかし、現実世界からの睡魔は、鳥たちのように親切ではなく、なかなか取れないものである。この昼と夜が区別できない世界に青年は一年以上残っている。

三度の幻影の出現

一回の幻

階段から足音がきて、次第に近づく音を聞き、青年は非常に緊張となった。彼は既に一ヶ月間外の人と接触しなかった、しかも赤な他人が来るなんて。母は優しくドアーを叩き、声を抑えながら、来訪者は悪い人ではないと青年に教えた。青年はやはり怖く、躊躇していた。暫く膠着し、彼は昔の来訪者が力強くドアーを叩いたり、大声で叫んだりして、根気がなく、罵声の中に去っていったことを思い出した。しかし、今日の来訪者は違うように見えており、沈黙で、いらいらしなく、静かにドアーの外で待ち、とても礼儀正しい。そのため、青年はこの男性と合うことにした。ただ、やはり防備的だった。

部屋から出て、母と並んで立つ男を見た。皮膚が黒く、背が低く、彼に向いて微笑んでいた。長い間外の人と合わなかった青年は気持ち悪い感じはなかった。いままでの来訪者とは「違う」と青年は判断した。母は沈黙を破り、この男のことを紹介した。母は「彼女の目は下に向いている」とはしなかったし、自分がいないと話が便利を言い訳として、部屋から出た。男は親切、情熱で、謙遜でもあった。青年と鳥についての問題を検討使用と思っている。自分は心理学者で、青年を訪ねるのは研究のためだった。鳥について話すと、男は青年が精神病にかかっているというふうに思わなかった。青年が自分の心を開いて男と話すため、男は「事実を知りたい」と言っていた。このとき、「彼は自分の身の回りに喜ぶ鳥を囲まれ、陽光が海の波のように着た」。ようやく有る人は彼のことを理解できる人がおり、幸福の感じは陽光のようにきた。それは始めて鳥群れが出たシーンだった。

二回の幻

男は更に深い話をした。「あの鳥たちはいつ君のそばに来たの?」男の問題から、彼は鳥の存在を信じていることが見える。20 歳のときだと青年は誠実に答えた。男はまたその原因を質問した。父が無くなった後、三人の兄は仲間はずれされたと強調した。でも、それも本当の原因ではないみたい。その後、青年は自分が鳥たちが本当に好きだと述べた。このとき、幻影は再び現れた。鳥たちと結び、彼らの世界に本当に融合したいと青年は言った。この話の後、男は立ち上がって、部屋を出そうとしていた。このように、青年は少々残念のように感じた。一年あまりに、理解してくれる人はなく、みんなは青年が狂ったとか、精神病になったのかと思った。男との出会いにより、青年は自分がようやく知音と出会い、もう一人ぽっちではないと感じた。

三回の幻

青年は男から「友情」を感じたばっかりで、男は去っていた。それは非常に残念で、青年は引き止めようと表した。男はその考えを感じたので、突然興奮で青年に、その鳥たちは彼自身持っているなのか、鳥はただ部屋に居るだけなのかと質問した。このような質問を受け、男はずっと鳥の存在を信じているため、青年は更に彼のことを信用した。男は行かれる前、この質問をして、鳥群の存在を認める前提で、鳥群れの場所も聞いた。その後、男は急ぎ込んで、青年がこの問題を検証のため、やってみるかどうかを質問した。こうすると、青年も好奇心を満ち始めた。男の誘いと母の説得によって、意外であるが、青年は部屋から出ることにした。

青年は旅を出ようとしたが、足が太くなるため、履に入ることさえきつい。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接