外来语对日语的影响毕业论文_日语毕业论文

外来语对日语的影响毕业论文

2021-04-03更新

摘 要

中文摘要

日语中的外来语在日本的历史发展进程中起到了重要的作用,可以说从古至今外国的先进文化之所以能迅速被引进日本,外来语的多用是有目共睹的,许多学者认为这是一个严重的问题,外来语的使用已经到了泛滥的程度。日本人通过用片假名来表记外来语便能便利的直接将外来语中的词汇进行日本化,从而引入到日语当中,并逐渐被日本人在各个领域使用。但是,也正是因为能如此自由的讲外来语引入日语当中,助长了现在日语中外来语的无限增长与使用泛滥的势头。甚至于日语外来语中不能为人所理解的词汇也不在少数。对日本人来说,有时候难以熟练掌握运用外来语,对日语学习者来说情况更为严重。本文通过对外来语历史的追溯和对现状的分析,来从文化角度探求日语被日本人多用的原因,理解外来语的重要性的同时,从不同的角度看待日本民族与文化。理解外来语,正确看待外来语才能发挥其积极的作用,更好地运用外来语,促使中日间的文化交流。

关键词:外来语;多用;现状;历史;日本文化

目 次

はじめに 1

  1. 先行研究 2
    1. 研究の内容 2
    2. 研究の目的と意义 3
  2. 外来語の多用 4
    1. 外来語の由来 4
    2. 日常生活中の外来語 7
    3. 科学技術と文化の発展で使った外来语 8
  3. 外来語の日本語への影響 10
    1. 積極的な影響 10
    2. 消極的な影響 11

終りに 13

参考文献 14

謝辞 15

はじめに

日本語の外来語は、16 世紀半ばに導入され、今では数百年の歴史がある。特に第二次世界大戦後、外来語の大量に入ることによって、日本語と外来語の主客関係が逆にする、外来語が一時氾濫していた。日本語において、外来語は重要な地位を占め、日本語においても欠かせない部分になりました。外来語の加入によって、文法が増えて、日本人の生活をより豊かになり、日本の社会、経済、文化、科学に積極的な影響を持っている。また、外来語の使用の中で、年が高いが使用中には不便が多いところでも、日本語学者の懸念を強めて、心配して日本語の本質はなくなりている。

一般的に、中国人は中国語の漢字のおかげで、日本語の漢字も比較的簡単に修得できる.漢字のおかげで、アルファペットを使う英語を母語とする学習者などより日本語の勉強がわりあい簡単だと言われている。しかし、日本語は漢字だけを使う言語ではない。日本語を勉強する中で、外来語の難しさはしばしば感じられることである。私は日本語学習者として、学習当初から外来語の難しさ感じている。日本語を勉強すればするほど、外来語の問題が一層気になるようになって来た。

現在、外来語は日本語へどな影響なのか。筆者は日本語学習者として、外来語の流入の歴史を踏まえて、外来語の使用について、日本文化の面から要因を探求したいと思う。本論では、まず、外来語を定義する。次に、世論調査から分析し、外来語の問題点を取り上げ、外来語の現在を明らかする。最後に、外来語は日本語への影響を説明する。

1 先行研究

日本では外来語を導入した前に、日本語の単語量が少ない、それは主に二つの部分で構成されている、一つは和語語彙は、二つは中国語の語彙。外来語の導入によって、日本語の語彙が豊富になった。

1.1 研究の内容

「外来語は借り用語の 1 種のそれも外国語が入った他民族の言語にしてそれの構成部分の一つ。日本語の外来語は 2 種類に分けて ひとつは、中国語の東方係言語 もう一つは欧米係の言語。」刘徳有が『日本語の面白さん1』本に言

.う。日本民族はずっと重視の吸収の先進文化、特に近代になって、多くの新しいものを導入され、新しい概念の同時、大量の外来語も入った日本語の中で、次第に発展した日本の言語の中で不可欠な一部分だ。

張彩虹《外来語の歴史元源及びに対する日本語と日本の文化の影響2》では最後にまとめて「日本では外来語の発生と発展は最後までは孤立した存在でもない、夜歌しなびの言語形式、彼は西方の国の先進的な文化、芸術、科学技術の成果、生活などが流入した証。」日本では外来語を導入したと同時に、外来の文化の導入で入ってきて、自然が違った声が、時間が経つにつれ、外来の文化はすでにゆっくりと日本本土文化の融合、本文は分析日本語の外来語の発生と発展は、その言語の機能を考察する日本の基礎の上に、外来語と日本や日本文化の関係だ。

1 劉徳有.『日本語の面白さ』.东京 サイマル出版会 1986;569

2 张彩虹 《外来语的历史元源及対日语及日本文化的影响》2004

1.2. 研究の目的と意义

言語、いつの時代も文化の経済交流のキャリア、各国間の言語文化の接触は社会の発展が一定の段階は必然の産物である。 でも、 2 種言葉が衝突している時、矛盾が自然に生まれると思うと、 その主な原因はやはり文化に空きが出てきたからだ。科学技術の発展とともに、多くの新しい発明創造は、これらの新しい発明創造の物事は伝統の言葉に見つからない、これがいわゆる交際にまたがって障害、この中からいくつかの外国語の参考外来語。それで、外来語は外国の文化を日本本土文化の洗礼後を受けたあとの産物、対外文化交流を行う活動の象徴とも影響している一つの民族文化の発展する。「ある言語や他の言語接触の際に発生した相互の交流、双方の言葉にしても、相手の言葉で様々な変化が生じた。」鈴木孝宏さんは『教養とは麼の言語学1』もまとめた。

先行研究に立脚は日本語の外来語の歴史と現状分析して、外来語の日本語への影響を研究しょうとする。

1 鈴木孝夫.『教養としての言語学』.岩波新書 1996;p189

2 外来語の多用

外来語はそれぞれの国の民族文化輸出の一種の方式、文化交流に象徴される、それは完全に体現した国家の民族文化の発展ている。海外からの言葉に完全に日本語の語彙を探し当てていないで読んで言葉の時、直接それを音訳して発音を通じて、これを反映して、すべての国の間の交流は頻繁で、同時に同じく日本は上手に吸収の外来文化の利点に現れている。

    1. 外来語の由来

日本語中の外来語は一体どう理解すればいいだろうか。『言語学大辞典』(1996)によれば、「(日本の)慣用としての外来語とは、ヨーロッパと日本が接触をもって以来の、古くはポルトガル語やオランダ語その他、いわゆる南蛮人のことばから受け入れたものから、明治以降、現代に至る欧米からの大量の借用語に限られ、漢字は省かれることになる」と説明されている1。しかも『広辞苑』(第六版)では、外来語について、「他の言語より借入られ、日本語と同様に日常的に使われるようになった語。広くは漢語も外来語であるが、普通は漢語以外の主として西欧語から入ってきた語を言う。現在では、一般的に片仮名で書かれる。」と述べている2。したがって、外来語とは日本語になった漢字の以外の外国語であることがわかる。また、現在では「外来語」という言葉にかわり、「カタカナ語」という言葉もよく使われる。『大辞林』(第二版)では、「片仮名語」という見出しがあり、「かたかなで表記される語。主として、外来語。」と説明している。

1 亀井孝、河野太郎、千野栄一 言語学大辞典第一卷.三省堂書店,1996:p67

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接