认知语言学视阈下的中日领属词主客识别的视点差异毕业论文_日语毕业论文

认知语言学视阈下的中日领属词主客识别的视点差异毕业论文

2021-04-03更新

摘 要

中文摘要

在语言交流中, 为了不产生歧义,某些名词前加上领属词来表现领属关系是非常必要的,我们可以通过领属词了解物品的所属。本文尝试运用认知语言学的相关观点探究领属词的意义,分析领属词的运用。首先,通过查找中日各个字典中探究领属的概念与语义特点,用表格总结领属的所以意义,然后通过观察中日两组短语,了解领属语的形式和结构特征,接着着重探讨哪些名词前需要加上领属词来表明领属关系,这些名词具有怎样的特点,最后进行归纳总结。

本文将从认知语言学的角度主要通过对日本小说《我是猫》和他的两个中文译版中关于领属词的经典例句进行分析比较,对中日领属词的运用进行对比分析, 探索领属短语相同和不同的地方,分析哪些名词前需要加上领属词来表明所属权, 寻找这些名词的关联,观察省略领属词的情况,总结中日领属词主客观识别的视点差异,通过对小说中关于领属词的经典例句的分析,不仅可以对中日领属词有深入了解,探究名词的类型有没有对名词前是否加上领属词产生影响,对于探寻中日领属词的运用差异也有重要意义。

关键词:领属词;我是猫;身体部位语;财产权;亲族称呼语

目 次

はじめに 1

  1. 先行研究 2
    1. 研究の方法 2
    2. 領属関係についての先行研究 2
    3. 領属意味についての先行研究 2
    4. 領属結構についての先行研究 3
    5. 先行研究に対するまとめ 3
  2. 題材及び収集方法 4
  3. 領属語の概念と形式 5
    1. 辞典から調べる「領属」の日中意味 5
    2. 領属語の形式 6
  4. 領属語の異同の分析 8
    1. 「私の」と“我的”から見られる 8
    2. 「あなたの」と“你的”から見られる 10
    3. 「彼の」と “他的”から見られる 11

おわりに 14

注釈 15

参考文献 18

謝 辞 20

はじめに

言語は交流の絆で、情報を伝達する手段である。そこで、私達は言語の中からある物事がある人に属するのを知っていることができる。ある物事がある人に属するこのような関係は領属関係と称する。日本語でも中国語でもよく領属語を使ってこのような関係を体現する。すでによく知られているように、時に人々は領属語に対して省略することができる。しかし、領属語を省略するとすれば、句意は変化があってか、次のように見られる。

  1. 我吃了他的苹果。(私は彼のリンゴを食べた。) 我吃了苹果。(私はリンゴを食べた。)
  2. 他在喝他的咖啡。(彼は彼のコーヒーを飲んでいる。) 他在喝咖啡。(彼はコーヒーを飲んでいる。)
  3. 他摸了摸我的头。(彼は私の頭をちょっと触る。) 他摸了摸头。(彼は頭をちょっと触る。)

以上の例から(1)と(3)の句意は変化があって、(2)の句意は変化がないのを見抜くことができる。

それでは、いつ領属語を省略することができて、いつ省略することはできない。どんなの名詞の前で NA を加えなければならない。本論ではこれらの問題を究明したい。

    1. 先行研究

研究の方法

先行研究では、日中の学者たちは、領属語を対象にして、先んじて発表された研究のたぶんその理論を分析する。

領属関係についての先行研究

吴大为(1992)は、領属関係が 2 種類の語義の役から必ず構成しなければならない、その中の一つの役は支配者、もう一つの役は従属者を認めている。

勝川裕子(2013)は、領属関係が領属物を示す語と領属先を示す語がお互いに制約し、各種形式に様々な様相を呈し、同じ領属を示す関係において、中国人が身体語彙とその他の領属物に対するのは同じではないかと明らかにしている。

勝川裕子(2004)は、意味と形式の両側面から現代中国語における「領属関係」の概念を定義し、「領属関係」を①必然的・恒常的「領属関係」と② 非必然的・遇有的「領属関係」の二つに大別した。そして更に必然的・恒常的「領属 関係」においては、統語的、意味的特徴に基づき、「全体-部分関係」、「本体-属 性関係」、「相互依存関係」の三つに類分けした。 また、これら下位タイプは、それぞれ点的に存在するのではなく、領属者の領属物に対する「領属意識」の度合に基づき、これを連続的・階層的に捉える必要があると述べている。

領属意味についての先行研究

廖秋忠(1991)は、領属意味は以下の 8 種類特性があることを認めている。1)

領属者は一つの特に指す人である。2)領属物は一つの特に指す物である。3) 領属関係は排外的である。4)領属者は領属物を使うことができる。5)その他の人は領属者の許可を得る前に領属物を使うことができない。6)領属者は領属物に対して責任を負う。7)領属者は領属物を使う時、両者がいっしょにいる必要がない。8)領属関係は永久である。

領属結構についての先行研究

张伯江(1994)は、領属結構の表した文法の意味は領属関係であり、領属意味は領属結構が固有であると述べている。

沈阳(1995)は、領属語は句法結構に対して様々な様の制約があり、文法の中の領属結構に必ず領属者と領属物の2つの成分があるなくてはならないを導き出している。センテンスの中で、領属者と領属物はいっしょに現れることができますが、領属者と領属物も分けて現れることができる。

先行研究に対するまとめ

以上の先行研究ではいずれも、内容を基づいて分類する。吴大为(1992)、勝川裕子(2013)と勝川裕子(2004)は領属関係の視点から分析している。廖秋忠(1991)は領属意味の視点から分析している。张伯江(1994)と沈阳(1995) は領属結構の視点から分析している。確かに、以上の先行研究は一定的な領属語の知識を示すが、日中比較では足りないと思う。本論文は認知言語学に基づく日中領属語に見られる主客識別の視点の差についてのことを研究する。

    1. 題材及び収集方法

本論で題材にしたのは、日本の夏目漱石の『吾輩は猫である』(1987)と于雷

(1993)と劉振瀛(1994)の翻訳作品《我是猫》で、大久保康雄と竹内道之助の翻訳作品『風と共に去りぬ』(1989)と名家编译委员会の《飘》(2016)である。

言語は民族文化のキャリヤーで、民族文化の発生と発展を代表する。そのため、翻訳はただ語義を解釈して、更に民族文化を伝える。本論文は主に領属語どのように使うかを観察して、日中の領属語の相違を比較する。夏目漱石の『私の輩は猫である』の中は領属関係の内容がたくさんで、中国の翻訳作品《我是猫》もたくさんである。そのため、本論は同一の時代の訳者を選び取り、于雷(1993) と劉振瀛(1994)の翻訳作品が研究対象として日中領属語に見られる主客識別の 視点の違いを研究する。

同時に、本論も小説《飘》(2016)と『風と共に去りぬ』(1989)を選び取り、作品の中の領属関係の翻訳を研究する。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接