关于现代日语接尾词 「まみれ」和「だらけ」的误用毕业论文_日语毕业论文

关于现代日语接尾词 「まみれ」和「だらけ」的误用毕业论文

2021-04-03更新

摘 要

中文摘要

对将日语作为第二语言学习的人来说,应该每个人都有过在不知不觉间造句用错词的经历,我们将这些错句叫做日语的误用。同时将分析外语学习者使用这门外语时犯下的错误的原因的学问叫做误用分析。本篇论文,将中国的日语学习者对结尾词「まみれ」和「だらけ」的误用作为考察对象。考察时,以南京林业大学日语三年级和四年级学生作为试验和语言资料收集到的数据为基础,从而尝试明确中国大学日语学习者在「まみれ」和「だらけ」有关的误用。

在中国日语学习者学习日语的过程中,会有很多日语词不一样,但是翻译成中文后意思相近的词语,并且因为翻译后的汉语意思过于相近,无法正确的分辨并使用。本文以现代日语结尾词「まみれ」和「だらけ」为例,都具有“几乎是。。。” 的意思,根据中国日语学习者在实际使用情况中出现的错误和少纳言语料库中的例句这两者结合起来,分析「まみれ」和「だらけ」的易混淆点,和各自的多种不同搭配所表示的细微差别,归纳出两者可以互为转换的情况和只能单独使用的情况。

关键字:まみれ;だらけ;误用;问卷调查;少纳言语料库

目 次

はじめに 1

  1. 先行研究 2
  2. 題材と収集方法 4
  3. 「まみれ」正しい使用 5
    1. 「まみれ」の意味 5
    2. 「まみれ」の基本用法 5
  4. 「だらけ」正しい使用 9
    1. 「だらけ」の意味 9
    2. 「だらけ」の基本用法 9
  5. 「まみれ」「だらけ」の比較と分析 12
    1. N1 と N2 の試験の分析 12
    2. 「だらけ」と「まみれ」の違い 14

おわりに 18

注釈 19

参考文献 19

謝 辞 21

はじめに

接尾辞「まみれ」と「だらけ」に関する誤用についての先行研究は、主として日本語学習者の試験から観察しており、資料を用いて行わる調査分析が稀有である。本論は、これらの優れた研究成果を踏まえ、大学生の誤用実態について考察し、その誤用を導く要因を検討してゆくことを研究課題とする。この結果、中国大学生日本語学習者が接尾辞「まみれ」と「だらけ」に関する誤用から、意味が違い。まみれの意味は 1 つ、それが一面について汚れる意を表す。

だらけの意味は 2 つ。一方はそのものが全体について汚れることを表す。一方はそのものがたくさんあることを表す。たくさん学生がその違い意味がわからない。

「まみれ」と「だらけ」の使い方は、似たところがありますが、細かい違いもある。ただ辞書の簡単な説明によって、学生は能力のテストをしている時、とても正しい判断をすることは難しい。本文は「少納言」検索の例文にもとづいて、名詞の組み合わせを通して、「まみれ」と「だらけ」使い方を分析する。まず、それぞれの使い方、次に詳しい間違っている所を見る。

先行研究

先行研究では、日中の学者たちは、同じ意味で違い接尾詞を対象にして、たくさんの研究をしたことが分かる。しかし、大多数の研究は「まみれ」「だらけ」

「ずくめ」を両者分析することにとどまるだけで、両者が結合する研究が少ない。そのため、本論は「まみれ」や「だらけ」や両者が結合する視点から、中国日本語勉強者の誤用分析と結合して、対照分析を行うことにする。

辛夷(2012)は、「まみれ」「だらけ」「ばかり」「ずくめ」の四者分析として、この四つ接尾詞は名詞を接続で後、「~が非常に多い/~がいっぱい」という意味で似ていると結論を出した。でも、辛夷(2012)は、この四者の用法をひとまとまりとして分析し、「まみれ」と「だらけ」両者を単独で分析した。

赵圣花・刘玉琴(2012)は、辞典の解析だけから、中国人日本語学習者は実際の使用中、それとも誤用がある。「少納言」「現代日本語書き言葉均衡コーパス」、“google”に基づき、名詞との搭配の関係も考えて、「まみれ」と「だらけ」を分析している。「少納言」を通じ、「だらけ」を 1978 例、でも「まみれ」

を 857 例対象として考察した。つまり、「だらけ」より「まみれ」の方は用法が多い。赵圣花,刘玉琴(2012)は、「まみれ」と「だらけ」を対比しない。

沈丽瑛(2004)は、「ずくめ」「だらけ」「まみれ」の三者分析として、「国語辞典」と通じる、三者の意味を分析している。しかも、沈丽瑛(2004)は、この三者の常用搭配名詞を分析し、大量の例を分析し、「ずくめ」は独立で、「まみれ」を「だらけ」後にした。

陆静华(2011)一面に付いているさまを表すという意味では二語は共通しているが、「まみれ」は汚いと感じられるものが一面にくっついていて汚れてる様

子を表すのに対して、「だらけ」は、物の表面にある状態が多く見られ、そのものがいっぱいである様子、また、漠然とそればかりであるさまを表したりして、必ずしも何かの表面にくっついている場面に限定せず、話してのマイナス評価を表すことが多い。

市川保子(1997)は、外国語を学習する者はその言語を用いて話したり書いたりする時には、産出される会話や文章に適切ではない処が見られるもので

ある。そのような適切でない処を言語教育の世界では「誤用例」という。一方、外国語のレベルの異なる段階に応じて異なる誤用が生じることがみれれるものだ。しかし、上級者になってもいつもスムーズに母語話者とコミュ二ケーションするのがなあな難しいことであるのが現実であるようだ。

近年来、誤用分析という研究が多くなってきた。誤用分析の基本的な作業は誤用を見極め、分類し、原因を突き止めるための分析を行い、必要なら教育的な観点から誤用に関する評価を行うことである。でも、以上の研究の範囲は広い、ただ「まみれ」と「だらけ」の用法を対比して、まだ学生が勉強する誤用を総括して出した結論していない。

題材と収集方法

接尾辞「まみれ」と「だらけ」の誤用に関する先行研究から、ある程度で中国人日本語学習者や他の国からきた日本語学習者が接尾辞「まみれ」と「だらけ」の誤用について、どのような誤用をおかしていることが分かるようになったが、日本語学習者が「まみれ」と「だらけ」の誤用実態をより詳細に表明することができなかったため、普遍性に欠けている恐れがあると考えられる。まだ、それらの誤用に関する原因なども細かく分析していない。

この論文を完成するために、とてもの仕事を用意することが必要だ。1、以前の日本語レベル試験に出たの「まみれ」と「だらけ」の問題を探し出して、アンケートに整理して、それによって、中国の日本語学習者が実際の使用過程

中出現の間違いを総括する。2、信頼できるの語彙集を探して、語彙集の中に

「まみれ」と「だらけ」と組み合わせの典型的な名詞を探して、それに分類する。3、両者の意味を分析したの名著の中に、論文の中で使用しやすいように両者の意味の異同を探する。『日本語総合教程』第二課の後の同類詞の学習を通して、「まみれ」と「だらけ」の異同を発見した。それにインスピレーションが沸いた。次に『日中大辞典』、『大辞林』などの権威辞書をツールとして使っている。最後に私は中国のオンラインコーパスと日本の少納言葉料庫の中で関連例文を見つけた、既に基本的な研究の条件を持っている。

「まみれ」正しい使用

「まみれ」の意味

「まみれ」は名詞の後について使いる、たくさんのものが表面に付着し、くっついているの意味である。

「まみれ」の基本用法

「まみれ」は名詞の後ろに接続する、「汚いものが表面についていること」(汚いものが表面について)の意味の接尾詞だ、一般的に人や動物の体に埃っぽいや土、血と汗など汚れものをついていることを表示する。“沾满”“满是”に訳する。

      1. 埃・埃に
  1. パットは四歳、埃まみれのブロンドの髪は目まで垂れていて、その目の色は母親と同じブルー。(ビューティフル・ボーイ 2001)
  2. モニター越しの惨劇はただ、濃い埃にまみれた不透明な映像だけを映している。(ルナティック・ムーン 2005)
  3. 勤務形態が気に入らない、埃まみれになるのは嫌だ、監督が気に食わない、云々。(小枝にしばられたゾウ 2001)
  4. わたしが疲れきって、埃まみれで、打ちのめされているのがわからないのか? (飛ぶのが怖い 2005)
  5. ふたりの兵隊は物蔭から躍り出して、血まみれの肉のかたまりを拾い、上着の下につっこんだ(戦う荒鷲たち 1994)
  6. 目を凝らしているうちに、血まみれで死んでいるのがわかってきた。

(お江戸捕物絵図 1989)

  1. この世で死んだときのように、体がグシャッと潰れ、血まみれになります。(神秘の法 2005)
      1. 汗・汗に
  2. 会場を出た御手洗は気がつくと、全身が汗まみれになっていた。(キヤノン高収益復活の秘密 2001)
  3. 同じ姿勢でかがみこんで作業をしていたので、急には腰が伸びない。全身汗にまみれている。額の汗を拭うまもなく次の作業にかかる。(動物の脳採集記 1997)
  4. また彼は静かになり、汗まみれで、口の中を血でいっぱいにして横たわった。(運命の園に囚われて 2003)
  5. その時、ウィルソンは、汗まみれになりながらも、普段以上の熱弁をふるい続けていたという。(小説より面白いアメリカ史 2005)

汚れたものはまみれになって、他の物の表面についている状態だ。「塗れ」に書けばいいだ。「Nまみれ」はNに全体的に覆うの意味だ。「N まみれで」「N まみれの」「N まみれになる」の形式がある。

      1. 泥・泥に
  1. 彼らが地面をかき立て、水を濁らせ泥まみれにするのである。(大航海時代の東南アジア 2002)
  2. 田原は血の気のない泥まみれの顔をあげ、力なく横に振った。(凍れる瞳 1991)
  3. 家事はもちろんのこと、泥まみれの農作業にも従事し、近所では働

き者の嫁として通っている。(雪の積む里清め 2004)

  1. 負けたときに気持ちよく泣きたいから、汗と泥にまみれて白球を追いかける。(熱球 2004)ふさぎギギリと奥歯をかみしめていた。(二本の銀杏 1998)
  2. 一族や、旦那様や、子供達まで、泥にまみれ耳をふさぎ、目をふさぎギギリと奥歯をかみしめていた。(二本の銀杏 1998)
  3. 泥にまみれてても、目がパキッとしてるっていうか、眼力が違う。

(老人力 1998)

  1. 長くて深いトンネル。草太の洋服も手も顔も、砂まみれになっていた。(ハードル 2004)
  2. うなだれた首筋の肌は真っ黒に日焼けして、垢まみれの深い皺が幾重にも刻まれている。(砂の時刻 2005)
  3. 髪や髭は伸び放題で、身体は垢にまみれ、弊衣をまとっているが、人品骨柄卑しからず、眼光は鋭い。(関ケ原の雨 2004)
  4. 二十三日に降った記録破りの積雪にかこまれ、さらに降りしきる雪によって雪まみれの夜である。(雪はよごれていた 1988)
  5. 雪まみれのコートを神経質にばたばたとはたいた。(風雪殺人警報長編推理小説 1998)

以上、「まみれ」は物が表面についている状態を描写し、主に液体や粉末状のものが表面に付着することを表すことが分かる。表面を覆わない時、使っては

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接