分析日本人的审美意识——从便当文化的角度毕业论文_日语毕业论文

分析日本人的审美意识——从便当文化的角度毕业论文

2021-04-03更新

摘 要

日本是个重视礼仪文化和审美意识的国家,从很多方面都能看出来,与中国有着一些不同。日本人非常重视美,追求精神价值和美。日本人的审美意识不仅仅停留在感性世界的美的世界,他们的审美意识已经溶进他们的生活。

作为饮食大国的日本,它的饮食业在世界上都享有盛名。传统日本料理精致美丽,被称为“赏心悦目的食物”。其中,便当最有特色。便当起源于中国,传入日本后由于日本人对做便当执着的追求,将便当文化发扬光大。对于日本人来说, 便当不仅仅是食物,还是日本文化之一,日本的象征。

本文从便当文化的角度来深入探究,并通过一些举例,分析日本人的审美意识, 增加大家对日本的了解。

关键词:日本;审美意识;便当文化。

目 次

はじめに 1

  1. 先行研究 2
    1. 1 研究の目的と意義 2
  2. 2 研究の方法 3
  3. 日本人の美意識 4
  4. 1 美意識の意味 4

2. 2 美意識の種類 4

  1. 3 美意識の体現 6
  2. 日本のにむける弁当の文化 9
  3. 1 弁当の発展の歴史 9
  4. 2 弁当の種類 10
  5. 日本人の美意識が弁当の文化への影響 12
  6. 1 弁当で体現する美意識 12

4. 2 弁当の日本人への影響 15

終わりに 16

参考文献 17

謝 辞 18

はじめに

悠久の歴史の流れの中で、どの国にとっても、飲食文化は非常に重要な文化である。現代社会で、経済が高度に成長して、民衆生活が多種多様になるとともに、飲食文化も急速な発展してきた。

飲食大国である日本の飲食業は世界でも高い評価を得ている。伝統的な日本料理は精緻で美しくて、「目で楽しむ食べ物」と称される。日本には独特の自然と地理的环境、宗教の文化があって、その影響で、日本人の美意識がたんだんと形成された。

その中で、特に弁当の特徴であった。弁当は普通の食物だけでなくて、日本のことを了解する重要な手段である。本論文は弁当の文化から、日本人の美意識を分析してみる。

1 先行研究

研究の目的と意義

日本と中国では、日本人の美意識についての研究は、歴史が長く、数多の研究成果が残されている。その中では、発表された研究がある。例えば、

『日本料理から見た日本人の美意識』の中で李淑玲は、「日本料理の美しさは日本人の美意識と密接的な関係がある。本稿では日本料理の発展、素材の選択、盛り付けの芸術、日本料理の礼儀といった方面の分析を通じて、日本料理の美学特徴を考察して、日本人の美意識を深く理解しようと努める」1。さらに、李淑玲によると、日本人の美意識を分析する際に、細部から研究した。これらの研究より、大いに啓発された。

《从日本料理的特征看日本人的自然观》の中で廖明珠は、「日本人は非常に自然をあがめ尊んで、人間と自然にも調和することを求める。この自然観は日本文化の各方面に浸透し、飲食文化を含めた。本論文は日本料理の特徴から出発し、日本人の自然観が日本料理の中で体現を分析した」2。自然観についての美意識は日本人の美意識の一部である。さらに、廖明珠によると、日本料理の特徴と結びつけて、日本人の美意識を分析した。

一方で、一部の研究は美意識ばかり、弁当ばかりを述べていた。例えば、

《简析便当文化对日本的影响》の中で高暁紅は、「駅弁にせよ、お子様弁当にせよ、様々な弁当のとれもが鏡のように日本の文化、経済などの発展の水準を映し出し、日本人独特の国民性を表わしていると言えるだろう。本稿では弁当分化はどのように日本を影響しているかという視点から分析していきた

1李淑玲.日本料理から見た日本人の美意識.科技致富向导,2014(12):273-274

2廖明珠.从日本料理的特征看日本人的自然观.神州旬报,2011(6):116-116

い」1。さらに、高暁紅によると、弁当の文化を分析する際に、日本への影響を論点、文章全体に徹底された。

本論文を通して、過去の不足な知識を補充し、また新たなものを身に付けるつもりである。今後の勉強に役立つと考える。これは本論文研究の目的と意義である。

研究の方法

本論文で、日本人の美意識の種類、日本の弁当の文化、日本人の美意識が弁当の文化への影響などといった方面を通じて、日本人の美意識を具体な例をあげて分析してみる。そして、先行研究に基づき、自分なりのものを提示すし、弁当の文化から、日本人の美意識を分析してみたい。美意識と弁当を結ばれていると思って、更に細かいことを発見るのである。

1高晓红.简析便当文化对日本的影响.科技信息,2010(7)

日本人の美意識

日本人は美しさを非常に重視して、精神的な価値や美しさを求める。日本人の美意識は感性的な世界の美しさにとどまらず、彼らの生活に彼らの美意識が溶けていると言える。例えば、料理や茶道、建築などである。

美意識の意味

美意識というものは、審美活動の中に、人が審美的なもの能動的反映である。審美の感知、感受、趣味、理想、標準など各方面を含めて、審美心理の活動が考えの段階に入った後の意識活動である。美意識は美しさの判断基準ながら働いている時に、それも価値観と言える。

どんな国でも、その国の独特な文化を持っていて、そのため、それぞれの国の国民の習慣も考え方も違う。つまり、日本人の美意識は、ほかの国の人とは明らかに違っている。「真」「善」「美」1の中には、日本人が特に「美」に愛着する。外見でも中身でも。その美しさはいつも精神的境地と繋がっている。美を創り、美の意識を伝え、美の深い意味を人の中に届け、それも日本の文化が表したものだと思う。

美意識の種類

実は、美意識が一つだけではなくて、細かく見てみると、いろいろな種類である。日本には、時代の雰囲気によって、表現される美意識が異なる。「さやけさ」から始まり、平安時代の「もののあわれ」を経て、時代とともに変わって「幽玄」「侘び」「寂び」になり、江戸時代の「粋」にいったというこ

1 「真」「善」「美」は「真実」「やさしくてよく理解する」「美しさ」の意味である。

とがある。これから、美意識の種類を几つか並ぶ。

      1. 縮小意識

「細部」は「総体」の一部と思われて、総体が大きな概念で、細部を含む。逆に、日本人は細部をより重視して、細部から総体を見てみる。縮小意識は日本民族の重要な、伝統的な美意識である。

ところが、どうして日本人は縮小意識があるか。この要因は日本が昔から小さな島国であり、大陸の国のその雄大な自然の景観がほとんどない。中国のとても豊富な資源ようにがあり、日本は資源がとぼして、生存資源を圧縮しなければならない。また、日本の近代史の上で、支配者は地理条件から、鎖国を実施して、隣国と付き合わない。これ以来、日本人はだんだん危機意識や緊張意識が生じた。長い年月を重ねると、日本人は事物を拡大することより精巧なものを追求して、なにでも縮小しようという縮小意識が培われたと思う。

      1. 自然観

人々の生活様式や考え方は、美意識さえも、それぞれ自然、風土の影響を強く受ける。皆さんの知って、日本人は非常に自然をあがめ尊んで、人間と自然にも調和することを求める。その原因としては、主に日本が自然条件をもっている。

日本の美しい風景は古来から今まで美意識の源である。日本は海に囲まれて、四千余り島からなる日本列島、気候が温和で、四季が明らかで、山や川がとても美しい。総に話すと、日本各地の自然景観四季美、それぞれ風貌、春が桜を見て、夏、秋の吟見苦しかっ新緑紅葉、冬にはシーンは、すべてが大雪ですに満たす。しかし、四季の変化をより複雑にしているのが梅雨と台

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接