浅析双重敬语毕业论文_日语毕业论文

浅析双重敬语毕业论文

2021-04-03更新

摘 要

日语的敬语系统在世界上存在的语言中是相对比较完整的,有着不同于其他语言的显著的特点,虽然有着固定的体系,但是其具体的表现形式繁琐并且复杂。在现代的日语使用中出现双重敬语这种敬语的用法,并且十分的普遍甚至有的成为一种用语习惯,被认为是一类正确的敬语用语。但实际上双重敬语在语法上是一种敬语的误用。

本文分为三大部分,第一部分是从双重敬语的概念出发,分析了双重敬语出现的原因和其辨别其为双重敬语的方法从而对双重敬语进行构成的分析。第二部分是从双重敬语的使用者的心理出发,从不同使用者的身份的角度,如日本人, 日本语的初学者和在服务场所所使用的心理进行分析,从而分析双重敬语的利弊。第三部分是从双重敬语未来发展趋势出发,从教育和生活用语两个不同的角度进行研究,从而总结分析了对待双重敬语应有的态度。

本文在先行研究的基础上,在对双重敬语的概念有了深入理解的基础上,从语法角度、使用心理的角度和发展趋势进行更进一步研究,探索了对待双重敬语所应有的态度。得出结论要用辩证的态度来对待双重敬语,我们在生活和学习中应该尽量使用正确的日语敬语的形式,但是也要熟悉惯用的双重敬语,以免发生不礼貌的行为。

关键词:敬语;双重敬语;误用;态度;趋势

目 次

はじめに 1

  1. 敬語の起源と構成 2
    1. 二重敬語が生じた原因 2
    2. 二重敬語の弁別 2
    3. 二重敬語の構成 3
  2. 二重敬語から見る使用者の心理 5
    1. 一般の日本人の使用心理 5
    2. 日本語の初学者の使用心理 6
    3. サービス業界での使用心理 6
  3. 発展の傾向 8
    1. 教育と学習における発展の傾向 8
    2. 日常生活における発展の傾向 9
    3. 二重敬語に対する態度の変化 11

終わりに 12

参考文献 13

謝 辞 14

はじめに

敬語は日本語が非常に重要な表現形式だ。1『敬語の指針』の内容を引用して 敬語の概念をこのように定義した。「敬語というのはコミュニケーションで、相 互尊重の精神に基づいて、聞き手や今シーンを十分考慮に使用する言葉。話し ている人は他の人の人格と立場を尊重し、適切な表現で自分を表現する方式だ。」

このように見ると、敬語は人と人との関係を表す表現で、唯一の基準に制限されていない。そして、時間や社会の変化と伴って変化しつつある。一部の日本語そのものは変化して敬語文法のルールに合わないようになった。今が二重敬語という敬語を出している。多くの人は、敬語を使うのが多くすれば失礼自分より、もっと相手を尊重して、ますます一言でも何度も敬語を使っている。今まで一部の二重敬語が徐々に一種の慣用の用語になって、一種の正しい慣用の用語と思われている。しかし、この慣用語は日常生活の中でいつも使われているが、日本の若者と日本語の学習者にとって二重敬語の出現は正しい敬語の使用にマイナス影響を与えている。日本語の敬語を適切に使用すれば、人と人との交際を増やすことができる効果がある。しかし、敬語を間違えれば、不要な誤解を起こして、双方の関係を壊す可能がある。このために、二重敬語は敬語の誤用として研究するのはとても重要だ。

本稿は先行研究の上で、二重敬語の発展の起源、形式の構成、使用の心理と場とともに、その日本語の利用者の生活と勉強で使用の推移を分析した。本稿は二重敬語の研究を通じて、この敬語の誤用を分類して日本人と日本語の学習者に役立てれば幸いである。

1 『敬語の指針』.文部科学省.(第 42 期文化审议会报告).2007

1 敬語の起源と構成

敬語は日本語には重要な地位を占めている。時代が発展しつつあると伴って、ますます敬語の構造が習慣の違いに相応しなっている。あるものが正しいものであるが、日本語の文法の正しい使用を離党した、一部の不要な面倒を生んだ。

二重敬語が生じた原因

二重敬語の定義は、2同じの敬語の表現の形式を繰り返して使用するものだ。一種の敬語の誤用だ。二重敬語を出た理由は三つの方面から分析できた、一つは教育の問題だ。瞿沐学の《目前日本教育存在的问题浅析》の中で3「社会は人材を急需なので、特に教育の高効率を注重して、学校教育の価値は主に学生の試験の成績と進学率で体現した。」をまとめた。そして、日本の教育は中国側と同じのところは多い、ファーストフードの教育、学習と教育の過程でショートカットを追求した。敬語の大体の結構を学んだが、正しい構造をさらに深く確認できない。、そこで、普段に使っていたときに、その大体の構造を覚えているだけで、さらには余りの敬語は一緒に置いてもっと尊重を表現できると思っている。二つはサービスの場所の角度だ。サービスの場所では、客は神様のように一番いいサービスの態度を招待すべきだ。多くの二重敬語はサービスの場合に出ている。3 つは使用者の角度だ。今は食堂で働いている若者やアルバイトしている学生などは敬語のレベルがまた完備ではない、自造の二重敬語は出たきた。その誤用を長い時間を使って、だんだんそれは慣用語になっている。

二重敬語の弁別

二重敬語というのは、同じ言葉を繰り返し使う同種敬語の敬語の表現のものだ。つまり、一つの文章の中に二つまたは二つ以上の敬語の表現の形式を見ると、これは二重敬語が判断できる。二重敬語は敬語の誤用で過剰の敬語使用の誤った現象に属するものだ。過剰敬語使用とは敬語を使う必要がないときは、

2 二重敬語の定義は『敬語の指針』の原文である。

3 瞿沐学《目前日本教育存在的问题浅析》;《重庆理工大学学报自然科学版》2006,20(8):164-167

敬語が出たような使い方だ。例えば:

例 1:私は昨日大学の図書館で本を拝見しました。(李锋 2013)

この言葉で敬語を使うことが必要がない。そのために、文法構造から見るとは正しいが、実は、これは一種の過剰の敬語使用の状况だ。しかし、二重敬語の範囲に分けてはいけないので、敬語を使う過剰は必ずしも二重敬語ではなくて、弁別すべきだ。

二重敬語の中にも一部の誤用があって長時間の使用され、使用頻度も高いので、次第にの広大な社会に受け入れられ、例えば「食べる」の最高の敬語は「召し上げる」だ、使用の時は二度と増えている他の敬語の形は必要がない。しかし、今の生活ではだんだん「召し上げる」と「お……ください」を一緒に使うを構成し「お召し上がりください」。または「聞く」の謙譲語は「伺う」。しかし、人々は生活の中では「お……する」と「伺う」一緒に使っている、「お伺いする」に構成された。

二重敬語の構成

二重敬語はよく使用敬語の誤用された形である、それは二重敬語は一種のいくつかの正しい敬語の表現の形式を結びつける敬語に属す、だから敬語使用者が使用する過程でも、自分の敬語は間違いのに気づかない。二重敬語の構成は使用すぎた敬語の形に属するので、つまりは同じ表現には一つ以上の敬語を使った表現で、誤用をなった。例えば「お(ご)……になられる」、「お(ご)……られになる」などは二重敬語だ。「お(ご)……になる」というの形は日本語の敬語の体かんけんnではすでに一種の敬語の使い方、そして、「なられる」も一種の敬語使用方式で、両者を結合すれば、使用する時に使用者は:「私はもう敬語を使った、これは私の尊重と丁宁だ」と思っている、しかし、聞き手がときどき疑惑、一定の反感を感じた。「お(ご)……られになる」という例も同じだ。

例 1:A やはり先生のおっしゃられたとおりです。(曹征 2012)

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接