浅析当代日本女性地位毕业论文_日语毕业论文

浅析当代日本女性地位毕业论文

2021-04-04更新

摘 要

日本是很重视传统文化的国家,日本的封建思想根深蒂固、男尊女卑的理念被普遍得承认。在各个行业,女性都遭受歧视。但是女性的存在又有着至高无上的价值。传宗接代、相夫教子、管理家务都要依靠女性。因此,日本女性的地位高低一直是个饱受争议的话题。时代在不断的进步,日本女性不断反思自我,为提高自己的地位而不断努力。本文分三个部分,首先明确研究的目的及意义总结相关的先行研究。接着通过政治,婚姻,职场三个方面来研究。

最后是对中国的启示。分析日本女性地位的基础上,围绕中国社会的特点得出启示。中国在哪些方面必须加以完善。

关键词:日本女性;政治;家庭;职场;地位

目 次

はじめに 1

先行研究 2

1.日本における女性社会地位についての考察 3

2.職場から見る日本女性地位 4

2.1 M字型曲線の研究 4

2.2女性管理職の比率 5

2.3 男女の賃金格差 6

3.婚姻から見る日本女性地位 7

3.1女性のボーイフレンドの標準 7

3.2ディンクス一門の誕生 7

4.政治から見る日本女性地位 9

4.1政治に参加する女性の比率 9

4.2政治に参加する女性 10

5.日本社会への影響 12

5.1プラス影響 12

5.2マイナス影響 12

6.中国への示唆 14

6.1女性に対する社会保障 14

6.2 教育平等という観念 15

終わりに 16

参考文献: 17

謝 辞 18

はじめに

日本は『男女差別』が非常に目立つ国だ。男性は家での育児より仕事を優先するのがあたりまえ、女性は仕事を優先させたら、育児放棄と言われる。政治上、女性が政治の話をしたら、この人は女性らしくないと男性に思われる。日本の男性は、独立して仕事に有能な女性を好まない。日本女性の社会地位というと、人びとは『賢妻良母』と『優しい』などというイメージと結びつける傾向がある。しかし、日本女性は古代でこの上ない社会地位を持ったことも軽視すべからず、中世に入った後、日本は儒家思想に影響されて、女性の社会地位は急激に落ちた。今でも、日本女性は自分の地位を高めるために努力している。日本のドラマを見て、たくさん日本文化を調べてきたところ、日本女性の地位がだんだん高くなってきている。以前から、どうして日本女性の身分や地位はこんなに低いの?彼女らが自分の地位を高めるためにどのように努力しているの、大変興味を持っている。

先行研究

昔から学者などは日本における女性についての研究を重視している。その中、女性研究が社会における就職と婚姻と参政をめぐって展開されていく。

 李卓1は社会現象から見て、現在女性の地位が上がっていることを指摘した。戦後改革を通じて、参政権、相続権などの権利が保障された。それに、社会的地位も上がった。しかし、「男は外,女は内」という伝統的な思想がまだ根付いているので、現在に至るまで女性の就職はM型の趨勢を表して、本来の意味での「男女平等」は実現しにくい。また、女性が賢妻良母としての特殊な身分と地位の向上と日本社会に積極的な影響がある。女性はどんな地位でもなかったから家庭と社会分業の一部分になって、「女は内」という重要な役を担当していた。この文章の中で、日中の教育を比較して、教育における不足が中国女性の権利を遅らせたことを李卓が指摘した。

馬紅絹2の研究は最も全面的である。伝統から見ると、日本社会がずっと男性中心の社会である。明治維新以後に、日本は近代的社会に変わり始めて、女性は同じく少し解放されたが、ただ依然として基本的権利がない。戦後に、女性の地位は大きな変化があって、具体的に就職、婚姻と家庭および参政などの方面があることを表現する。文章は3つの違った方面から研究している。戦前、女性は大学に入る可能性が小さい。この現象を変えるため、日本は女子教育改革綱要を発表して、女子大学を創建した。女性は教育を受ける権利を持つようになった。だから、就職することを希望する女性はますます多くなった。女性は労働力市場の重要な力になっている。その研究では、日本女性は国内の政治運営に積極的に参加するばかりでなく、その上、外交や国際政治舞台でも自分の特別な才能を示す。中国で女性の地位についての研究は多い。先行研究といろいろな統計資料をふまえたうえで、現在に女性の地位がどのように変化しているか、そして国家、社会、女性自身がどのように女性地位の向上に努力しているか、この二つの問題を考察していきたい。1引用:马红娟(1996) lt;战后日本女性社会地位的变化gt; 《日本学刊》 1期PP.134-1352引用:李卓(1998) lt;日本妇女社会地位的演变gt; 《日本研究》 1期PP.51-52

1.日本における女性社会地位についての考察

 階層制度が厳しかった古代の日本で男性の従属品として、日本の女性は虐げられ、無視されていた。戦前、「男の主外、女主内」は社会の慣例と見なされる。男性は社会に仕事して相応の報酬を得た。女性は主に家事と幼児を育てることに従事して、外出仕事した女性は少数を占めていた。「女性は家で家事,育児をすべき」は日本の伝統的な家族観である。伝統的な日本女性の社会の地位はとても低く、付属品の存在であった。戦後に、日本は教育基本法を決定して、男女が全部で学ぶことができると規定する。男女共学制度、短期大学の発展により、もっと女性の需要に基づく環境が形成される。80年代以後、男女の雇用機会均等法の公布につれて、女性は社会に進出する機会を獲得して、男性と同じく仕事をすることが法律によって保障されている。さらに多くの女性は自我価値を実現して、経済の独立を獲得した。第二次世界大戦の後、日本高度経済成長とともに、日本の社会も大きく変わっている。女性の社会地位は向上したが、阻害要素も存在している。

2.職場から見る日本女性地位

2.1 M字型曲線の研究

女性労働力率とは、経済活動に参加する女性人数が、労働できる女性人口を占める比率だ。これも、女性が就職した活動を研究する必要な指標である。日本女性の就職形態を欧米国家と違って、M型である。アメリカはイギリスと似て、20-24歳前、まだ学校から卒業していない。それに対して、50-54歳以降、ほとんど定年になって、会社から退職し、U型になる。

しかし、日本女性は20-29歳と45-49歳で、就職活動を参加する比率が高い。30-34歳で急激的に減少する。20-29歳で、女性が大学から卒業する時期とちょうど重なる。日本女性にとっては、やはり主婦の役職が重要だといわれる。20代の女性はできるだけ早く就職して、将来、家庭生活のために経済の基盤を固める。近年、女性就職の第一のピークは少々遅れている。これは、日本女性の教育年限が延長することと関わっている。女性が高い学歴を求めることにつれて、初職の年齢も遅れていく。

また、45-49歳では、もうひとつのピークを迎える。この時期は、女性の末子は入学する時期である。前は主婦としての役割が、経済不況につれて変わる。伝統的な年功が変化して、暇がある主婦も労働に参加し、生活を向上させる。この曲線が低い点は、30-40歳で出る。この時、女性がどんな学歴と経歴であっても、日本社会の影響で、家庭に回帰することが必要である。5-7年間ぐらい、家事と育児で家庭から出られない。日本社会では、女性の学歴と男女平等意識が高まり、就職ピークは延長されているが、伝統的なM型曲線は変わらない。3

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接