《失乐园》中女性与自然的关系毕业论文_日语毕业论文

《失乐园》中女性与自然的关系毕业论文

2021-04-06更新

摘 要

日本文学作品中的女性形象根据时代不同拥有不同的风采,进入现代社会之后,随着女性的社会地位的提高,文学作品中的女性形象也丰富起来。而且,这种变化通过文学作品中,女性角色的语言,爱情,人生价值观充分地体现出来。而且,现代女性清楚自己的人生价值,文学作品中也开始体现她们的性格,心理慰藉,人生价值。

日本因受到岛国自然环境的恩惠和培育,所以作家们对自然怀有深切的爱与亲和,对自然美的感觉敏锐而纤细,并含有丰富的艺术性,对自然的描写在日本文学中占有举足轻重的地位。特别厚爱自然和自然的色彩,对自然怀有深切的爱和特殊的亲和感情。 

渡边淳一被称为“日本现代文学情爱大师”,他的文学创作专注于人物的感情描写,深入社会婚恋生活本质,深刻探究女性情爱观。因此,他笔下的女性形象特色突出,思想丰富,在整个日本文学,乃至世界文学领域都具有特色。其作品中最具代表性的当属《失乐园》。它以其独特的唯美主义写作风格触碰到了人类隐秘深层的精神世界。

本论通过对渡边淳一《失乐园》的深入分析与解读,从女主人公凛子恋爱不同时期的服装,对比出其情感的变化,性格的进步;从花草树木,山川景色的描绘,对比出其作品中女性形象的唯一性;从人与物的细腻描写,对比出寓情于景的写作手法。就此解开了日本文学中对美的厚爱,寓情于景的写作手法是文本中心的升华。

关键词:女性形象;着装;性格;自然景物;《失乐园》

目  次

はじめに 1

1 『失楽園』における女性イメージの特殊性 2

1.1 凛子の服装変化 2

1.2 凛子の性格 6

1.3 凛子に対比する久木の妻 9

2 『失楽園』における自然描写 10

2.1 草木と女性イメージとの関連性 10

2.2 山川と女性イメージとの関連性 11

2.3 季節変化と主人公内心変化との統一性 12

3 渡辺淳一の描写手法 13

3.1 情と景の結合 13

3.2 人と物の対照 14

おわりに 15

参考文献 16

謝  辞 17

はじめに

渡辺淳一が日本の有名な小説家と、日本の「愛情の大家」と誉められる。渡辺淳一が北海道で生まれた。10年間の外科医者をした後で、やっと専門の文学創作の仕事に従事する。今まで50余り長編小説と散文、随筆がある。元の職業の影響を受けて、彼の初期作品は多く医療の題材を中心として、それから次第に歴史、伝記類の小説までに広げる。

渡辺淳一は日本の近代的で有名なロマンチックな小説作家として、今まで依然文壇で活発にさせて、現在すでに出版した作品は1百30余りである。彼の50歳を知っている後に、やっと作品中で愛情、性、不倫などに関わりを始める。渡辺淳一が思いると、医学の角度が見てから人のが体の方面のものを溶かすのである。創作する角度から見た人の最も本質の精神方面のもので、これは両者はすべて関心を持ったのが必要なのである。彼の作品の中で、角度がすべて尽きなくて同じで、しかし基本的にすべてたくさんの人の心理と生理に対する観察に関わる。

『失楽園』は長編小説で、渡辺淳一の代表的な作品である。1997年に登場を出版して、販売して数量が百万冊を上回った。この小説は中年の人の感情が手がかりをテーマにして、中年の人の内心の感情世界で深いチベットを暴き出して、物質生活が高まりに従って、平凡な家庭陰で、隠れている深い感情と精神の危機。

作品中での人物の如実で自然な背景の調和の中で解け合って、そして人物の内心、特に女性のイメージを際立たせるのに順応しる。

1 『失楽園』における女性イメージの特殊性

1.1 凛子の服装変化

1.1.1恋に夢中する時の服装

『失楽園』の中で大量の文章を使って凛子の服装を描写した。久木は凛子に出会う時、凛子と普通な既婚の婦人と同じシルクの保守的なセットがきゃしゃで愛くるしい均整がとれている体に衣装を着せている。

 凛子の顔はことさらに美人というわけではないが、細っそりとして愛くるしく、やや小柄で均整のとれたからだを、人妻らしいシックで落着いたスーツでつつんでいる。年齢は三十七歳で、歳より若く見えたが、それよりも久木が惹かれたのは、凛子が書道のたしなみがあり、なかでも楷書が得意で、短時間だがそれだけを教えにきていたことである。

 保守的なデザインも凛子とその時の生活状態はきわめて当てはまって、地位の夫がいて、豊かな実家、独立する精神は求めて、婦人の事を進める風格を謹んで守る。

 初めの原因を問い詰める必要はなくて、初めて久木と外出する凛子と、「そのまましばらく暮れていく海を眺めていると、凛子がシャワーを浴びて戻ってくる。すでに白いワンピースを着て、髪も同じ白のリポンでうしろにまとめている」[1]。白色、いつも人に上品で純潔な印象をあげる。凛子もよく誓うためことがあり、婚姻に忠実である。しかし久木に出会っていないで、すべて継続するのを、久木は凛子を軽視するか。凛子は元来貞操がかたくて、この全身の白が全く同様である。

あとで初秋の季節凛子はワインレッドのスーツを身につけていて、胸先はマフラーを結んでいて、久木低い声に寄りかかっていて:とてもうれしいと言って、またあなたとと一緒に外出することができる。

 後ろの陳述の中から、「久木左手が彼女のストッキングを脱ぎと真ん丸い臀部」、凛子を判断することができる着るのはワインレッドのかぶせるスカートである。見たところこれは愛情のぼせ上がる理性の女にひとつのではない。愛情の前で、彼女はわざと小さい娘形がなくて、いくつか年齢の当てはまらないで服装を暴露するのを着るのに行って、自分の魅力が更に明らかことができるスカートを選ぶ。女の腰の値が25―30cmで時、現れ出た熟している女のが惑わすのはスレンダーを美しいお嬢さんたちにして永遠に企及することができないのである。

 凛子に招待させられて、久木は凛子の書道の授賞式に参加するのに行た。今日の凛子は薄い紫地の付けきげに、白い刺繍の帯を締め、髪は上にまとめ、真珠の髪飾りで留めている。近よると着物の模様は、胸元に小菊が描かれ、下に行くにつれて地色は濃くなり、裾に近く橘の花が咲き誇っている。

  

思わず見とれていると、凛子が怪訝な顔をする。

「どうしたのですか」

「いや、あまり綺麗なので」

洋服と和服とでは、凛子の印象はまったく違ってみえる。洋服のときはキュートで、愛くるしい感じだが、和服を着るときりりと引締ったうえに落着いて、艶めいた人妻、という感じになる。

 1.1.2久木と離れている時の服装

凛子は実家に帰って父の葬儀に参加して、正式の夫婦なら、二人でどこへでも出かけられるし、誰とでも会うことができる。しかし、久木と凛子が不倫とか愛人関係の男女では、公けの場へはもちろん、私的な会にも容易に出られない。その時、目の前に立っているのは、まさしく凛子である。黒羽二重の喪服に黒帯を締めて片手に道行キュートを持ち、髪はうしろに巻き上げ、それに続く細い首が純白の襟元で締められている。

年が明けるとともに、目いっぱいすべて豪華な和服で、凛子は今日白地の着物に小豆色の帯を締め、上に毛皮のシュールを持っている。近付くにつれて着物の胸元からにかけて、梅の花と枝がちりばめられているのがわかる。[2]凛子は梅の花の和服を着て会いに来て、見たところ久木はわかったので、久木は今年より多く会うことができるのを望むと言って、いっしょに更に何度も旅行しては見たところさっぱりしていて上品な和服と梅の花が確かにあなたに心を動かさせたのあって、ただ未来に対して、家庭に対してまだどう直面に行くかをよく考えていない。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接