中日企业加班文化的比较及带给中国的启示毕业论文_日语毕业论文

中日企业加班文化的比较及带给中国的启示毕业论文

2021-04-06更新

摘 要

当今中国的经济发展正处于前所未有的高速增长期,市场化程度越来越高,竞争日益激烈。在这种背景下,加班成为很多企业中的一种普遍现象。伴随着经济的发展,作为经济建设生力军的白领阶层承受着越来越重的工作压力。就业紧张、物价、房价上涨成为压在员工肩膀上的重荷,以加班来保住工作,维持生计成为他们的无奈之选,许多白领阶层以透支生命和健康为代价,主动或被动地成为加班一族。一个个鲜活生命的陨落在引起人们惋惜的同时,白领在加班压力下的健康状况以及由于过度加班所导致的“过劳死”现象成为了人们关注的焦点。我国许多企业,员工在长期加班的重压下,身体和心理都承受着巨大的压力。本研究从我国企业员工加班的现状及原因分析入手,着重研究了中日在企业加班文化等方面的差异,并探讨这些形成差异的深层次原因,从而反思我国企业目前的加班问题,以提供相应的解决方案及改进意见。希望通过对中日企业加班文化的研究,,能够引起人们对于超时加班这一社会现象引起度高关注,早日解决“过劳死”等问题,帮助企业建立正确的企业加班文化。

关键词 :加班; 加班文化; 中日企业; 启示

目 次

はじめに 1

  1. 加班の概論 2
    1. 残業の意味と認定 2
    2. 中国における残業現状 2
    3. 日本における残業現状 3
  2. 中日両国における残業文化の比較研究 4
    1. 中日残業文化の共通点 4
    2. 中日両国における残業文化 5
    3. 中日両国における残業文化の相違点の原因 6
  3. 中国の残業文化を改善する提案 9
    1. 法律を完備し、厳格的に執行する 9
    2. 企業の社会責任感を高める 10
    3. 従業員の法律観念を高め、権利を守る 11

おわりに 12

参考文献 13

謝 辞 14

はじめに

今の社会では、社会が発展するとともに、企業の間、業界の間の競争と提携は全世界の範囲で進んでいる。顧客のニーズに応えるため、会社の規定と上司の指示に従い、残業するのは多くの会社の常態になったのである。残業というのは相互的な行為であり、せめて形式では双方が同意しなければならないのである。しかし、中国では労働時間を超え、残業するのはごく普遍的な現象である。今の社会では、残業するのはまるで一つの文化になったようである。競争が厳しい中国の広州や上海、北京などの一流都市では、残業は企業が競争するための一つの病的な手段であり、その上に、さらに残業していくという傾向がある。同時に、労働時間を超え、その故に引き起こされた社会問題が深刻化にしてきている。特に、最も注目されるのはサラリーマンは過度的に残業するため、サブヘルス現象が多発であり、残業しすぎた結果、「過労死」現象である。残業によって、従業員は仕事に対する認可と情熱がなくなると同時に、企業の資源を浪費された。それは企業と従業員の発展に非常によくないと思われる。したがって、このような現象に注目し、残業の原因を分析する必要があると思われる。本研究では中日企業の残業文化を研究対象にし、中日企業が残業問題にめぐる相違点を研究する。その相違点が形成された原因を分析し、結論を出す。「残業文化」にどのように対応すべきかを政府と企業に提案したい。

1 残業の概論

残業の意味と認定

中国では、『中華人民共和国労働法』の第三十六条と国務院が制定された『従業員の勤務時間についての規定』によると、中国の現行的な標準勤務時間制度は労働者毎日の勤務時間は 8 時間以内であり、毎週平均勤務時間は 40 時間以内である。正常的な場合は、すべての機関と個人が勝手に労働者の勤務時間を延ばすことは禁じられる。「残業」というのはすなわち勤務時間以外に働くのであり、標準勤務時間の基礎で労働時間を延ばし、一定の報酬を補償するという一種類の勤務時間制度であり、それは正常勤務時間制度を補充するものである。中国の『労働法』により、残業は企業が生産と経営のニーズに応えるために、経営者が労働組合と労働者と協議した上で、労働者が法定勤務時間以外に勤務することを手配する。普段毎日は一時間に超えることは禁じられ、特殊な場合は毎日三時間に超えることは禁じられ、その上に、毎月 36 時間に超えることは禁止されるのである。

中国における残業現状

中国企業残業についての現状:資料によると、世界で中国は最も労働時間が 長い国家である。残業がごく普通な現象になったのは今の中国の社会現実であ る。残業は職場の一つの「裏ルール」であり、すでに「残業文化」になったの である。「2006 年中国人力資源開発ネットが行われた「従業員残業現象についての調査」によると、「残業」するのは企業でよく存在するそうである。総 計 683 社がこの調査に参加した。」1その中での 80%の企業は残業することが ある。残業する企業の中での 43.08%はストレスが大きく、任務が多く、従業員がよく残業するという。また 40.51%は一部の従業員がよく残業するという。

1 孟续铎.我国劳动者过度劳动成因的经济学分析.首都经济贸易大学出版社.2012.P501

わずか 1.03%の企業は残業することがないのである。半分以上のサラリーマンが頻繁的に残業し、ストレスが貯まり、健康状況と生活状態はよくないと思われる。

日本における残業現状

日本企業残業についての現状:日本の労働者問題を研究する盛崗教授によると、日本の作業者は 2006 年の平均年度勤務時間は 2288 時間であり、その中で残業時間は 408 時間。さらに、日本での全部の作業者の中で、わずか 19%の作業者は残業したことがない。もしサービス業の従業員を除ければ、産業作業者の平均残業時間は毎月 40 時間である。「問題点は日本作業者の平均残業時間の 408 時間の中で、平均的に計算すれば、わずか 161 時間の残業が残業手当や労働補償などをもらい、ほかの 247 時間の残業は補償がない。」2すなわち、

247 時間の残業は無償で企業に貢献するだけである。

  1. 刘金钊、刘子璇. 被称为「働き蜂」的日本人[期刊论文]-日语知识.2005(6)

2 中日両国における残業文化の比較研究

中日残業文化の共通点

      1. 殘業の原因

従業員の視点から分析すると、まず、転換している中国と経済低迷した日本は、就職と生存に対し、多くの中国人はこれまでにない危機感と不安全感を抱いている。その上に、高騰してきた物質生活水準は従業員が物質を追求することを刺激している。その結果、残業は短期で高い報酬を得るの一つ手段である。次に、ある従業員の仕事能力は足らず、行動力が低く、勤務時間以内で仕事を完成できないため、残業で任務を果たす必要がある。次に、「全力で奮闘し、労働模範になる」というは中国の伝統であり、従業員は労働模範になりたいという可能性があり、会社の経営者は意識的にあるいは無意識的にこのような残業者を褒めるからである。最後に労働力の数は多すぎであり、供給過剰である。労働市場では労働者は劣勢に立ち、就職のために、より安い給料とより長い労働時間を受け入れざるを得ないのである。

企業の視点から分析すると、まず、企業の競争力は低く、競争相手と競争するため、労働生産率を高めることはできない結果、企業は労働時間を伸ばすしかできないのである。次に、企業の管理制度は不科学的であり、作業手順の設計は不合理的であり、重複作業が増える。最後に、企業には病的な「残業文化」が存在し、残業が多いかどうかは従業員の努力を評価する標準である。このような評価手段が存在するために残業は既に企業の裏ルールになり、同僚たちにお互いに比較する標準であり、結局従業員は残業をざるを得ない状況になった。

      1. 残業がもたらした不良影響

経済が厳しくなるにつれて、経済発展に貢献するサラリーマンはより大きな仕事の負担を与えられた。就職、物価と住宅の価格の上げるのが従業員にとって非常に重い負担である。生計を維持し、リストラされないように必死に残業する。多くのサラリーマンは健康を犠牲し、自発的に残業する、あるいは残業させられる。このように、残業現象は企業の管理問題が表面化し、さらに従業員の私的な生活を侵された。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接