关于东野圭吾的社会派推理小说——以《白夜行》《嫌疑人X的献身》为例毕业论文_日语毕业论文

关于东野圭吾的社会派推理小说——以《白夜行》《嫌疑人X的献身》为例毕业论文

2021-04-06更新

摘 要

东野圭吾是日本侦探推理小说的代表作家,从上世纪80年代起便活跃于日本文坛,其作品获奖无数,广受世界各地读者喜爱。东野圭吾行文风格多变,作品能兼具文学性、思想性和娱乐性,不停带给读者新鲜的阅读感受。

其推理小说可以分成四类:本格派推理、幽默派推理、悬疑派推理和社会派推理。其中社会派推理小说除了核心的推理诡计外,还着重描写与我们日常生活息息相关的社会现象。这大大提升了推理小说的文学性,使其不再是知识分子们的智力谜题,并且启发了读者对社会问题和人性的执着探究,更增添一份独特的魅力。

为了能够对东野圭吾的作品有更深层次的了解,本论文试图通过对东野圭吾的社会派作品《白夜行》、《嫌疑人X的献身》等的解读、分析其社会派推理小说的特色以及现实意义。

关键字:东野圭吾;社会派推理小说;白夜行;嫌疑人X的献身

目  次

はじめに 1

1 東野圭吾と社会派推理小説 3

  1.1 東野圭吾について 3

  1.2 社会派推理小説について 4

2 東野圭吾の社会派推理小説の特徴 5

2.1 生活に親しい題材 5

2.2 感化力を持つ悲劇性主題 6

2.3 予想外のプロット 7

2.4 独特な表現手法 8

3 東野圭吾の社会派推理小説の現実意義 9

3.1 社会現象への注意 9

3.2 人間複雑性の表現 10

3.3 人間性への探求 11

おわりに 12

参考文献 13

謝  辞 14

はじめに

東野圭吾は日本推理小説の代表的な作家として、1980年代から日本の文壇で活躍し、1985年に『放課後』でデビューして以来、受賞した作品が数多くて、おまけに多数の作品が映画化・ドラマ化されていた。彼の作風は多彩で、作品は文学性、思想性及び娯楽性を兼ね、ずっと読者に生き生きとした読書体験をもたらしている。したがって、彼は日本ばかりでなく中国にも誇りを浴びるであろう。

東野圭吾の作品は中国大陸地域で初めて発行してから、相当な販売量に達した。2007年南海出版社が出版した『レイクサイド』と『予知夢』の反響は中くらいであったが、2008年新経典出版社が送り出した『容疑者Xの献身』は売れ行きが良かった。2009年12月まで、『白夜行』と『容疑者Xの献身』の販売量はすべて10万冊を超えた。

東野圭吾のベストセラーを考察すると、社会と綿密に繋がる作品が多いことが分かる。そういう小説は社会派推理小説と呼ぶ、日本独自なサブジャンルである。社会派推理小説とは、様々な社会現象を描く推理小説である。一般的に、社会性のある題材を扱い、作品世界のリアリティを重んじる。東野圭吾の社会派推理小説は「中心トリック」のほか、一番重視するのは我々の生活に遠く離れではない社会現象への綿密な描写である。したがって、推理小説の文学性を大きく高め、推理小説をただのインテリから離れ、社会問題や人間性への探求にも深い注意を払うことになる。

東野圭吾の社会派推理小説はそんなに人気があるので、彼の作品をより深く了解する気がすることになった。本文は彼の最も人気な作品『白夜行』と『容疑者Xの献身』を例にして、東野圭吾という人及び彼の社会派推理小説を簡単に紹介し、また作品の特色と現実意義を分析してみようということである。

日本の推理小説は明治初期から起源して、様々なジャンルに分けてくる。坂口安吾は『推理小説論』の中で

「推理小説というものは推理をたのしむ小説で、芸術などと無縁である方がむしろ上質品だ。これは高級娯楽の一つで、パズルを解くゲームであり、作者と読者の智恵くらべでもあって、ほかに余念のないものだ。」[1]

と指摘した。1950年代末期に至ったと、松本清張は推理小説に社会性を加えられることなどを主張し、社会派推理というサブジャンルを開いた。

日本当代の人気小説家として、東野圭吾についての先行研究は少なくない。マクロの視点から東野圭吾の作品を分析するのは乏しくない。例えば、李昕は『推理小说为何能燃烧中国书市?——东野圭吾系列畅销探因』の中で「中国は推理小説が待っている」、「東野圭吾の天の時、地の利、人の和」から東野圭吾の作品の売れゆく原因を検討する[2]。また、一つの作品を中心に東野圭吾の作品の魅力を探す研究もたくさんいる。例えば、黄麗瓊の『东野圭吾小说魅力探究——―以〈嫌疑人X的献身〉为中心』は『容疑者Xの献身』を例にして、創作手法、主題元素、人物像描きのほうから東野圭吾の小説の魅力を解読する[3]。金涛の『斑驳的留白——浅析《白夜行》的叙事方式及其对角色塑造的作用』は『白夜行』を中心に、叙述方法から東野圭吾の作品を分析する[4]

しかしながら、東野圭吾の作品は数多くて、作風も異なっている。マクロの視点から作品の共通点を見つかるのは難しい。また、一つだけの作品から東野圭吾の作品を分析するのも説得力に欠けるであろう。したがって、本文は『白夜行』と『容疑者Xの献身』を例にして、東野圭吾の社会派推理小説を研究してみる。この二つの代表的な作品を通して、東野圭吾の社会派推理小説の共通点を発見したい、そして作品の特徴と現実意義を見つけたい。

1東野圭吾と社会派推理小説

1.1 東野圭吾について

東野圭吾は日本の小説家である。高校2年生になった1974年、偶然手に取った小峰元の『アルキメデスは手を汚さない』を読み、推理小説に初めて嵌った。同時に江戸川乱歩賞の存在を知り、さらに松本清張の著作を読み漁るようになり、やがて推理小説を書き始めた。

大学は大阪府立大学工学部電気工学科に進学した。1981年に日本電装株式会社に技術者として入社した。勤務の傍ら推理小説を書き、1985年に『放課後』で第31回江戸川乱歩賞を受賞し、小説家としてのキャリアをスタートさせた。1986年に退職し、専業作家としての道を歩むこととなった。

作家になってから、著作が次々と増刷されていたが、また文学賞に15回も落選したなど、厳しい時代が続いたが、1996年に『名探偵の掟』で『このミステリーがすごい!1997』の3位になり、にわかに注目を集めた。1998年に『秘密』を刊行したと、一気に大ブレイクした。同書は映画化・ドラマ化されたほか、第120回直木三十五賞候補または第20回吉川英治文学新人賞候補になり、第52回日本推理作家協会賞(長編部門)を受賞した。その後、『白夜行』、『片想い』、『手紙』、『幻夜』で四度直木賞候補になり、2006年『容疑者Xの献身』で第134回直木賞、第6回本格ミステリ大賞(小説部門)を受賞し、着実に評価を高めてから、人気作家の仲間入りを果たした。2009年6月1日、大沢在昌の後任として日本推理作家協会の理事長就任した。2014年より、直木賞の選考委員となっている[5]

東野圭吾の作風は、学園物・本格推理・サスペンス・パロディ・エンターテイメントなど多彩である。エンジニア出身であったため、原子力発電や脳移植などの科学を扱った作品も多い。 推理小説に関しては、作品を重ねるごとに徐々に作風が変化している。初期の本格推理のような意外性に重きを置いた作品が減少し、社会派推理小説のような現実的な設定にこだわるようになっている。

1.2 社会派推理小説について

日本の推理小説は明治初期に起源したが、1920年江戸川乱歩のデビュー作『二銭銅貨』の発表から文壇の注目を集め始めた。その後、推理小説は正統と見られる「本格派」と異状心理状態などを描写する「変格派」という二つのサブジャンルに分けられてきた。そして、1958年松本清張による『点と線』・『眼の壁』の発売をきっかけに、社会派推理小説という日本推理小説独自のサブジャンルを切り開く[6]

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接