从《睡美人》看川端康成的病态性格毕业论文_日语毕业论文

从《睡美人》看川端康成的病态性格毕业论文

2021-04-07更新

摘 要

川端康成作为日本有名的作家,在日本文坛占有极其重要的位置。他是日本最初诺贝尔文学奖的获得者。川端康成的作品是从单一到复杂,在日本传统文学的“韵味之美”作风形成的同时,构建朦胧、内在、感性美的世界。

睡美人是作为川端康成创作成熟期的作品,可以看做是日本文学的杰出代表作之一。《睡美人》是川端在反思日本传统古典美的基础上,经艺术手法的嬗变而雕琢成的表现病态美的奇苑,是他在执著追求美的历程上的一个新的标志。

本文通过针对川端主体意识中表现的多种层次的艺术追求,剖析《睡美人》的创作心态,有助于我们正确认识这类作家和评价这种作品。

关键词:川端康成;睡美人;异常心理;病态美

目  次

はじめに 1

1 日本の伝統と病的な美しさ 2

1.1 日本の伝統と『眠れる美女』 2

1.2 病的な美しさと『眠れる美女』 4

2 西方の影響と異常心理 8

2.1 西方の影響と『眠れる美女』 8

2.2 異常心理と『眠れる美女』 9

3 川端の意識と虚無 12

3.1 川端の意識と『眠れる美女』 12

3.2 川端の虚無と『眠れる美女』 14

おわりに 18

参考文献 19

謝  辞 20

はじめに

川端康成は日本の名作家として、日本の文壇に重要な位置を占めている。川端康成は日本最初のノーベル文学賞受賞者となっていた。川端康成の作品は単一から複雑まで変化したにつれて伝統文学作風を形成すると同時に、朦朧、内面的、感性美の世界を構築している。

米国は現代有名なユダヤ作家ノーマン・メイラーは「二十世紀の後半に文学冒険家に残されたのは未開墾の性領域しかない」と言った。この話は聞いたところ、多かれ少なかれわざと人を驚かせる話をしたが、事実で辺境地方を開拓する者はかなり足りる。日本のノーベル文学賞を受賞した作家の川端康成もその一人である。

小説『眠れる美女』は彼がこの「開墾される処女地」に栽培したユニークな苗である。川端の作品は我が国での宣伝及び影響のおかげで、彼の芸術の個性的な評価に対して、諸家は蜂起して、人はそれぞれの見解を主張していた。後期、彼の作品を議論しさえすれば、大体簡単に「性欲」というイメージが残された。我が国の肖四新の作品『悲しみは即ち美しい』もこのような思想がある。

本稿は川端主体の意識の中に現れた多種な段取り芸術の追求を通じて『眠れる美女』の創作心理を分析したい。正しく知っている限り、このような作品を評価したら、恐らく若干的なメリットがあるだろう。

1 日本の伝統と病的な美しさ

1.1 日本の伝統と『眠れる美女』

『眠れる美女』は川端が日本伝統の古典美の上に、芸術の手法の変わりによって、彫り刻んだ病的な美しさのことである。これは彼の執着して、美しさを追求する過程において新しい標識になっている。

『眠れる美女』は主に間もなく性の機能を喪失する情勢で六十七歳の江口の老人を描写して、特殊な「旅館」へエキサイティングな性に求めて、前後して五回は夜間に薬を飲んで久しく眠れて覚めない六人の裸の少女と眠る経過である。作家は重点的に少女の裸体の美しさを描写したばかりではなくて、そのうえきめ細かく江口の豊富で繊弱な変化して心理を描写して、彼の昔の風流な事に対しても各方面の連想と描写を行った。

川端は小説の中で主に幻の雰囲気の中で官能の美しさと感覚を描写して、退廃的で感傷的な情緒を満たす。これは彼の工夫を凝らして日本伝統の天然美を求めて分けられない。1968年、彼はストックホルムがノーベル文学賞を受ける時でテーマが『美しい日本の私』の有名な講演を発表するの中で、「日本は中国の唐代の文化を吸収して、その後よく日本の風采に溶け合って、約千年の前に光り輝く平安文化が発生して、日本の美しさを形成して、満開のな「珍しい藤花」に似ているのが他人の特に奇異な感覚である」と言う。理由は「藤花は高い日本の情緒があって、しかも女性の優雅と非常に細くて弱くて、雅やかで礼儀正しくて、思わせぶりで多情である」である。

平安時代の作品は日本の美しさの伝統を創造して、更にそれから後八百年の間の日本文学を影響してないし支配して、これはかってに川端の自分の作品を含み。その時代、日本の古典文学の最高の成就は世界にもはや長編小説のひとつの『源氏物語』だと誉められる。これはほとんど一体の「日本が最も優秀だ」の小説で日本の古典の大成に集まって、後世の文学に貴重な宝に尊んでさせられる。川端はその後で数百年の文学伝統の中で日本の古典美しさの真の意味を求めて探求する。女官自身は常に遭遇した経歴と感情の『源氏物語』があって、激しく揺り動かす人の心の「遥けきおもい」があって、人生の思うようにならない悲しい気持ちをあらわして、および無事な貴族の余命がいくばくもない予感、濃厚な繊弱と鮮やかな官能性の色彩がある。『源氏物語』と同じように有名な『枕草子』が優雅で色鮮やかになって、人に「昔がむだに消えさる」の喪失感と淡い哀愁を生み出して、しかし一つの美感も隠す。

武士政権が創立するの前後に、表現した武士の業績の軍記物語が大量に出現して、その中で「力強い」の気概がはりなくない、しかし依然として社会変化の危機の時間の悲しさに覆われた。自由闊達な心配事と苦しみの現実的な享楽の世界の中で町人の文学を注視して、「沈鬱」の中から表現した色情の退廃的と没落した情緒を染み込んだ。

近代に入った後に、尾崎紅葉、幸田露伴、坪内逍遥、森鴎外など人の悲観と感傷にひたる作品が始まって、後期自然主義の代表作品の島崎藤村の『新しく生まれる』と田山花袋の『綿入りの掛け布団』の中で表現した情欲までに重苦しい煩悶を受けて、およびそれから、また次々と振る舞い個人の感情と心の悲しみ憂える「自ら小説」と「心境小説」など、すべて川端に対して日本の古典美しさの良好な伝統を学んで、芸術の美しさの努力を求めるのが重大な影響が生じた。彼は自発的に近代文学の中で耽美主義の傾くよい影響を受けて、新しい感覚に始めて参加してスポーツを派遣して、主張がきめ細かい感銘で作品の表現力を強化して、「美しい使徒」と「新しくて美しい創造者」[1]になる。日本は大きくした山石の盆景に似通って、数百年の文学伝統の淡い憂える中に、静かで優雅な美しさに満ち溢れていて、深い民族の古典の気品に蓄積されている。

このような気品は日本にこの重大質的な変化の変革の漸進型社会の中ではなくなっていない、次第に伝統の天然美を形成する。川端はこのような美学の伝統の中から古人が生活して夢まぼろしの類の境界の中で体得して古典の美しさの遺風を受け継いで、古典の美しさの反省した中で「美しい」の「新しい感覚」について求める。彼の前段階の作品は多く初恋の志を得ない煩悶と自分の独りぼっちで貧しい生活体験を描写して、悲しみとこどくの感情をあらわして、個人の小説の痕跡を残す。ほどなく彼はまたいくつか書いて主に少女の下層人民にして生活と愛情の上で様々な遭遇する小説、悲観的で憂鬱な情緒がある時に現れがある。

1.2 病的な美しさと『眠れる美女』

『眠れる美女』は性愛の感じる形式で、『源氏物語』と『枕草子』の中で模倣して女性の美しい手法を描写して、大胆できめ細かくて、赤裸々に少女の肉体美を述べる。小説の中に江口とかかわり合いの何十ものの女子の中で、すべて多かれ少なかれ書かれる下に、「皮膚がとてものきめが細かい」[2]、「皮膚がとてもつるつるしている」、「肩がとてもとてもかわいい」、「まろやかで潤いがある」、「腰部もとても円滑である」、「腰部の以下がとてもふくよかだ」ところがある。彼女たちは「美しくて感動させる女」にたくさんあって、あるが「若い妖艶な婦であるようだ」、あるもの「成熟していない野性のあたたかい」がある。江口は正に頼ってこれらの女性の魅力を思い出すで、彼女たちの寝姿をかみしめて、「一生の苦労を忘れる」のため、このような病的な状態の雰囲気を求める中で麻痺する自分、このような悲しい感銘の中でおぼれる。川端は病的な審美の意識によって重点的にすべての少女の胸部を描写して、主人公がこのような「美しい」の各方面に対して嫌がらないで表現して、甚だしきに至っては彼に「感動してほとんど次の涙を流す」である。

このような病的な美しさを求めて、実際に日本の古典の美しさに対しての曲解、美しさを描写するほど、もっと人に醜いとの感じて、健康な審美の価値がないほどである。作者は江口の老人に「恥ずかしいとの感じる」、「不道徳である」、「心にいつも少し罪の悪意を感じる」の心の悩みと矛盾心理が思いて目覚めるの中で次第に入って病的な美しさのわなを享受して、このような病的な美しさの可能性と合理性を求めるために例証を作り出す。江口は事業と社会の中ですべて「みごとな人」を取っていて、でも高齢と寂しさので、彼が自分の過ちを不断な責めて懺悔する「精神貴族」と「奇形な楽しみのために追求する」を形成して、しかし彼絶えず「眠れる美女」と合同の「朽ち木」である。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接