青山七惠《温柔的叹息》中圆的内心世界毕业论文_日语毕业论文

青山七惠《温柔的叹息》中圆的内心世界毕业论文

2021-04-07更新

摘 要

青山七惠作为日本文坛的新锐女性作家,1983年生于埼玉县。 2005年凭借《窗灯》获得第42届日本文艺奖,崭露头角。2007年,凭借《一个人的好天气》摘得第136届芥川龙之介奖,09年又因《碎片》荣获第35届川端康成文学奖。作品有《窗灯》,《一个人的好天气》,《碎片》,《魔法俱乐部》,《离别之音》,《我的男友》。

《温柔的叹息》作为青山七惠的一篇代表作。读不到炫耀的语言和写作技巧,只有平实的叙事和口语对白。本论文讲述的是,主人公圆从社交中人际关系上的恐惧到人与人之间的友好相处,发现每个人身上所能给予的温暖的力量,从而表达交往的重要性。

本论文第一章主要梳理作者青山七惠与她的写作风格,以及对文本《温柔的叹息》的简单介绍。第二章通过文本细读,从弟弟的观察日记中的圆,现实生活中的圆以及思想不断变化中的圆身上发现她的改变。第三章总结了主人公圆的人物性格及内心世界的探究,从而折射到普通年轻人身上,发现交往的重要性。

关键词:青山七惠;圆;年轻人;温暖力量;内心世界

目  次

はじめに 1

1 青山七恵と彼女の作品 3

1.1 青山七恵について 3

1.2 彼女の作品特徴について 4

1.3 『やさしため息』について 6

2 主人公圓について 9

2.1 弟の観察日記中の圓 9

2.2 現実生活中の圓 10

2.3 思想変化中の圓 12

3 付き合いの重要性 15

3.1 現実の若者から圓ヘの縮図 15

3.2 圓から現実の若者ヘの生活状態 16

3.3 やさしため息の力量 16

おわりに 18

参考文献 19

謝  辞 20

はじめに

青山七恵は日本の小説家として、「80の後」での日本文学を代表する作家の一人である。彼女の作品は非常に斬新で、平凡な人物から時代の姿をみることができる。人の内心世界を探すところが彼女を初めとした青山文学の特徴である。2005年9月、青山七恵は小説の処女作『窓の灯』で「芥川賞の揺りかご」という第42回日本文芸賞を受賞し、日本文学界において頭角をあらわしてきた。2007年1月、第二部作品『ひとり日和』で第136回「芥川龍之介賞」を受賞し、本賞をもらった第三位の若い女性になった。2009年、短編『かけら』で「川端康成文学賞」を受賞した。青山七恵の作風と言うと、平凡な人物を通して、その時代の姿をあらわすことである。人の内心世界を探し、現実な若者たちの間に良好な付き合いの重要性を発見することが見える。

『やさしため息』は彼女が芥川賞を受賞する後の第一作なので、『ひとり日和』の発展と言えよう。主人公圓は会社に入った後の5つ目年に、4年音信不通の弟が偶然に会って、それから弟はしばらくお姉さんのマンションに住んで、毎日「お姉さんの観察の日記」を書きた。圓が読んだ後に、やっと自分が一日ごとにとても味気なく過ぎるのを発見して、「複製が貼る」のが同じようである。そこで彼女は現状を変えてみて、結局社交を恐れるという悩みが出た。青山七恵は、小説の大部分が都市の若い女性を主人公として、彼女たちが孤独も虚無もあって、他人との積極的な関係を自発に追求できないテーマとして一貫し、孤独な後退を描写することになった。

『「かけら」中の疎遠感』という論文に、現実社会中における人と人の間の疎遠感を分析した。『孤独で悲しい青春の歌「ひとり日和」の分析』という論文に、都市の若い女性の内心における孤独と悲しみ、及び生活中の自然な成り行きに任せた態度に言及した。人と人の間に独特な距離感に関して、また『新年に訳文が「やさしため息」を送り出す』という論文もあって、七恵の作品『やさしため息』が現実の若者と共鳴を持ってくることを説明した。

本論文はまず、これまでの研究資料に基づいて青山七恵と彼女の創作風格及び『やさしため息』について簡単に紹介したい。そして、『やさしため息』で弟の観察日記中の圓と現実生活中の圓と思想変化中の圓について主人公の変化を分析してみたい。最後に、主人公圓の人物性格から反応する普通な若い人の内心世界について研究してみたい。

1 青山七恵と彼女の作品

1.1 青山七恵について

青山七恵は、日本の小説家である。1983年(昭和58年)1月20日、埼玉県大里郡妻沼町(現熊谷市)に生まれる。小学生の頃にはアガサ・クリスティーの作品を読んでいた。中学生の頃には川端康成や吉本ばななの作品を読んでおり、また、図書館司書になることを目指すようになる。1998年4月、埼玉県立熊谷女子高等学校に入学する。高校の時に、フランソワーズ・サガン『悲しみよこんにちは』を読み、小説を書き始めるきっかけとなった。2001年3月、同校卒業。同年4月、図書館情報大学図書館情報学部図書館情報学科に入学。2005年3月、筑波大学図書館情報専門学群卒業した。そして、東京都新宿区の旅行会社に入社した。

同年、大学在学中に書いた『窓の灯』で「芥川賞の揺りかご」の称の第42回の日本の文芸賞を受賞して、日本で文学界は頭角をあらわして、続いてまた2007年1月にあって、第二部作品『ひとり日和』で第136回の「芥川龍之介賞」を受賞し、この歴史の上で第三位の若い女性に主なを表彰する。2009年、短編『かけら』で「川端康成文学賞」を受賞する。そして、この賞の史の上で最も若い受賞者になって、その成長速度は確実に感心する。2012年から、群像新人文学賞選考委員を務めている。

『ひとり日和』は訳文社が出版を訳した後にから、すでに17万冊販売して、中国の読者の熱烈な絶大な支持を勝ち取った。

『ひとり日和』を継いだ後『やさしため息』(河出本房、2008年5月)、『かけら』(新潮社、2009年9月)、『魔法使いクラブ』(幻冬舎、2009年11月)にまた続いていた。七恵の小説は高潮の上がり下がりの筋で新機軸を打ち出す情愛と決して勝ちを制することを描写するのではなくて、それがあっさりして上品だで水の筆触のようだ新境地を切り開いたで、そのために、芥川賞が審議会を表彰する上に、8人の審査委員会の中に6人があって、切符を『ひとり日和』に投げた。宮本輝は「主人公(20歳の女性)の内で集める感情はずっと貫いて、小説に静かなの、悲しみ憂える基調を演奏しださせます。その上、この基調は現実の社会からこの出発点は遊離しません。」[1]と言った。

七恵は自分が吉本ばななの影響を受けるのがとても大きいと語って、「『アムリタ』はたぶん最初読む1部だと言よう。以前は読んだ幻想の世界と全く異なって、私はたいへんびっくりするのと感じて、すぐストーリそんなに華麗でなくて、よく一般人を書き出して彼の特有な方法に基づいて生きているのえすれば、小説にもなることができる。」と言った。

1.2 彼女の作品特徴について

青山七恵は、何編の小説は大部分が都市に若い女性を主人公として、彼女たちは孤独でも虚無でもことがある、彼女たちと他人の積極的な関係を自発に追求することができないのテーマを一貫する、この方面の上に、孤独な後退というのを描写することができる。

要するに、青山七恵の作品はすべて重点的に一般人の普通な生活を描写するが、しかし、その共通点は執着する人物に不足する。青山は「私は一般人にとって通常不足して清浄なものが好きだ」と言った。七恵の小説の最大の特徴は、今日本に若者の顔に着眼して、時代と密接な関係にある。すべての平凡な人物を通して、その時代の姿を透視して、人の内心世界を探求する。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接