日本歌舞伎与中国京剧的比较毕业论文_日语毕业论文

日本歌舞伎与中国京剧的比较毕业论文

2021-04-07更新

摘 要

歌舞伎和京剧是东方传统的文化艺术,是两国的国粹,有着独特的艺术魅力。但是歌舞伎与京剧毕竟是在两个不同国家诞生的文化艺术,因而二者在共同点之外还有很多差异之处。

歌舞伎和京剧随着社会的经济,政治,文化,道德等诸要素的变化在不断地盛衰更替。在角色的表现方面,二者反映了东方传统文化的共通性,都出现过男扮女装的例子,其中以梅兰芳最为出名。而且,歌舞伎的角色与京剧一样都要画脸谱,用色彩来展现不同人物的性格特征。当然,歌舞伎和京剧也有自己的文化特性。二者在舞台、音乐、剧目等方面都有着自己的特色。例如,在剧目题材上,京剧传统剧目就有很多,所展现的主旨也不同。歌舞伎的主题大致分为两类,一个是描写贵族和武士的世界,另一个是表现民众生活。

本文通过歌舞伎和京剧的起源和发展的介绍,而且从舞台设置、剧目题材等多个方面对歌舞伎和京剧进行比较分析,展现出二者的特色。京剧重视情景交融,希望在有限的空间里,展现无限空间的意境。歌舞伎则注重写实,希望剧情能在舞台上真实地表现出来。通过这次研究希望更多的人去了解关注这些传统文化,让其更好的发展。

关键词:歌舞伎;京剧;异同;原因

目 次

1.はじめに 1

2.先行研究 2

3.本論. 4

3.1 歌舞伎と京劇の概要 4

3.1.1歌舞伎の起源 4

3.1.2歌舞伎の異なる時期の発展 4

3.1.3京劇の起源 5

3.1.4京劇の発展史 5

3.2歌舞伎と京劇の比較 8

3.2.1歌舞伎と京劇の間の異同点 8

3.2.1.1歌舞伎と京劇の類似点 8

3.2.1.2歌舞伎と京劇の違い 8

3.2.2歌舞伎と京劇の異同の原因 10

3.3歌舞伎と京劇の間の相互の影響 12

4.おわりに 14

注 15

参考文献 16

謝辞 17

1.はじめに

以前、報刊選読の授業の時、金井先生は私達にいくつか歌舞伎の画像の資料を見せたことがある。その後から、私は歌舞伎に対して大変興味を持つようになり、この方面の知識を理解しようと思った。歌舞伎は日本の伝統的演劇で、非常に日本的特色を持っている代表的な芸術である。京劇は私にとって、少年時代の貴重な記憶だと言える。私がとても小さい時に、おじいさんと一緒に京劇の曲を聞いた。その時間はとても分からないが、しかし、おじいさんはとても京劇が好きで、いつも私を連れていていっしょに聞いた。京劇は中国の伝統的な演劇を集大成するもので、独特な文化の魅力を持っている。だから、両者の間に何かつながりがあるのではないかと思って、私はこの2種類の伝統的演劇を比較してみることにした。

歌舞伎と京劇は東方の伝統の文化芸術で、両国の国粋で、ずっと人々を魅了してきた。しかし、いつの間にか、人々はそれらに対する関心がだんだん薄れてきた。今の若い人は歌舞伎と京劇に対してほとんど知らなくて、ただそれらが人類非物質の文化の遺産であることを知っているだけだ。そして深い理解は何もなくて、更に分からないのに好きという人も大勢いる。本文は歌舞伎と京劇に対する比較を通して、人々にもっとこの2種類の伝統文化を理解してもらえたらと思う。

2.先行研究

中日伝統文化の比較に興味を持つ一人の日本語科の学生として、私は歌舞伎と京劇を卒業論文のテーマに選んだ。両者の対比に関する論文すでにたくさんあるが、しかし大部分が京劇と歌舞伎の異なる時期における発展、或い歌舞伎と京劇が音楽、舞台、道具などの方面における違いの紹介にとどまっている。本論は歌舞伎と京劇に関する先行研究の成果と方法を踏まえ、さらに一歩進んで歌舞伎と京劇の違い及びその違いが生じた原因について研究を行う。

趙珂、唐鈺滢(2013)は『京劇と歌舞伎との違いについて』で、まず簡単に江戸時代の初期から20世紀までの歌舞伎の発展を紹介し、歌舞伎の時代とともに進む特徴を明らかにし、同時に京劇の形成および、一連の改革と革新を紹介した。そして、重点的に音楽性、役の設置、舞台構造の三つの方面から、歌舞伎と京劇の相違点を述べた。歌舞伎と京劇で、音楽は非常に重要な地位を占めている。歌舞伎は「義太夫節」、「三味線」を通じて音楽性を表現しようとするのに対し、京劇は打楽器を用い、リズムのある拍子を通し劇のテンポを調節し、舞台効果をあげようとする。1つの芝居の中で多くの役があり、それぞれ固有の名称がある。歌舞伎の役は主役、女形役者、三枚目、共演者の4種類に分けられて、京劇は生、旦、純、醜がある。舞台の構造については、歌舞伎は大きい道具により豪華な背景をつくり、構造の独特な花道と回り舞台があるのに対し、京劇は形のきちんとしている舞台を使う方が好きで、これは両者間の大きな違いである。ここから歌舞伎が京劇と各自の国家の風格と魅力を体現しているのがわかる。ある程度両国の審美的情趣と文化の特徴を反映した。中日の芝居の文化の相違を理解して、中日両国の文化交流を強める必要がある。

祝涵君(2013)は『京劇と歌舞伎の比較と分析』で歌舞伎と京劇の各自の起源の発展、舞台の振る舞い、くま取り、題材、女装などを述べた。京劇は徽劇、漢劇の基礎の上で、昆曲、秦腔などを吸収し成り立ったのであるが、歌舞伎は出雲大社の神社の巫女の舞踊から始まったのである。両者が多くの芸術を併合し、広く伝わって発展してきたのである。歌舞伎は京劇中でとすべてくま取りの存在があって、それらはいくつかの色を通じて人物の気性を表現する。しかし、具体的に使う色と手法がそれぞれ異なっている。京劇はたくさんの伝統的な題材があるが、歌舞伎のテーマは大きく二種類に分けられる。ひとつは貴族と武士の世界を描写するもので、もう一つは庶民の生活を表現するものである。女形が、歌舞伎にも京劇にもある。歌舞伎の中で女形と呼ばれ、京劇の中では男旦に当たる。しかし、両者は全く同じであるあけではない。女形が非現実的美を持っているが、男旦は時代の潮流に適応し、女性の健康な美を求めようとしている。ここから中日両国の審美的文化のいくつかの違いを見出すことができる。

この二つの文章は系統的に歌舞伎と京劇の形成と発展及び両者間の違いを論述したが、筆者は先行研究を踏まえ、歌舞伎と京劇の違いをもたらした原因と両者間の相互の影響について考察してみる。

3. 本論

3.1歌舞伎と京劇の概要

3.1.1歌舞伎の起源

歌舞伎は日本の典型的な民族の表現芸術で、17世紀の江戸の初期に起源した。「歌舞伎」のこの3つの字は漢字を借りているが、以前の意味は「傾く」で、出演するため時に奇異な動作があって、後に「歌舞伎」という雅やかな呼び方をつけられたのである。「歌」は音楽を表し、「舞」は舞踊を指し、「伎」は、技巧の意味である。

歌舞伎の始祖は日本の誰でも知っている美人の阿国で、彼女は島根県出雲大社の巫女[1]で、神社を修繕するために、阿国はあちこちで寄付金を募った。彼女は京都の繁華街で舞台を掛けて、『念仏踊り』に出演した。阿国が出演する時また即興で現実の生活の中でふざける筋をその中に加えて、公演はセンセーションを巻き起こした。阿国の革新した『念仏踊り』は絶えず充実していて、整っていき、民間から宮廷にまで入り、だんだん独特の風格を備える表現芸術になった。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接