论相扑在日本生存的理由毕业论文_日语毕业论文

论相扑在日本生存的理由毕业论文

2021-04-07更新

摘 要

日本相扑是一项古老的运动,是日本众多搏击技艺中历史最悠久、最具特色的一个项目。它自产生起,便穿朝过代,流传发展。现已成为一项具有民族特色、深受民众喜爱的体育竞技项目,被誉为“国技”。但同时,也是最不为人们熟悉的一个项目,甚至可以说相扑是日本文化中最深奥、最难理解的文化之一。尽管日本相扑在各时期所体现的形式、性质及社会文化等有所不同,但日本相扑能传承至今却也有理由。相扑不仅仅只是一项运动,它是日本文化的象征。本论文从这一想法入手,翻阅了有关相扑的日文资料,从各时代相扑的历史演变及社会背景,分析了相扑各时代所呈现的不同特征、文化差异及根源。在参阅国内多名作者论文的基础上,总结出日本相扑能够在日本生存的理由。

关键词:相扑;文化;历史;生存;理由

目 次

はじめに 5

先行研究 3

  1. 相撲の歴史 5
    1. 奈良 5
    2. 平安 6
    3. 鎌倉 6
    4. 室町 6
    5. 戦国 6
    6. 安土桃山 7
    7. 江戸時代 7
    8. 明治維新後 7
    9. 現在 8
  2. 選手の生活 10
    1. 生活環境 10
    2. 社会中の地位 10
    3. 精神と動力の体現 11
  3. 相撲の未来 12

おわりに 15

参考文献 17

謝 辞 18

はじめに

相撲は一つの古い技として、日本の多くの格闘技の中に歴史が最も長く、最も特色のある1つの競技である。生まれてから、時が過ぎるにつれて、広く伝わる。現在はすでに一つの民族的で、民衆の好きな競技種目として深く受けられ、「国技」だと誉められる。ただし同時に、人々がよく知っている一種の競技だけではなく、相撲が日本の文化の中に最も奥深く、最も理解しにくい文化の中の一つだと言っても過言でもない。

相撲はどうして日本に存在することができるのか。本稿では日本の相撲の歴史、審美の特質と時代の差を重点にし、分析を行う。本稿では 3 章に分けて、

第 1 章は序論とし、第 2 章は日本の相撲の歴史を紹介し、時代によって区別し、相撲の起源、発展と近現代の相撲の完備を述べ、そして日本の相撲の時代の差を分析する、第 3 章は相撲を詳しく述べ、どうしてまだ今の日本の社会に生存することができる。

日本は古代から、相撲を格闘技として日本各地の祭りに現れ、これらの相撲活動が相互に影響し合い、互いに吸収し、そして次第に統一し、今の相撲と繋がり、現代的な相撲の形を確立した;8 世紀から相撲は民間から皇宮に広がり、天皇と宮廷の大臣達が享一つの娯楽活動として見られ、“宮廷の相撲”と言われ、相撲祭まで設立した。中世は“侍派相撲”と“職業相撲派の相撲”の併存する時代である。近世の相撲はだんだんルールが作られ、次第にプロ化になり、上品な表現芸術になった。近代に相撲はいろいろと変わり、更に発展してきた、大相撲と呼ばれる競技興行が形成され、スポーツ大会の正式の試合種目に入れられ、伝承してきた日本の伝統の文化の「国技」になった。日本の相撲の時期によって形式、性質と社会文化などそれぞれ違う所があったけれども、日本の相撲は

伝承してくる理由もある。相撲は日本の神道の式典で生まれ、過程を重んじ、 式典感を重視し、礼儀作法を尊重し、「礼で始まる、礼で終わる」と提唱する。相撲の過程と礼儀作法は日本の伝統文化に合う所がたくさんある。相撲は日

本社会の厳しい階層意識を反映する。階層意識は日本民族への影響が大きく、このような意識のもとで養われた独特な哲学観が、日本人の根性と秩序を守ることを保証する。相撲は日本人の求めた誠実さ、忍び、高尚な精神の境界を尊重する。相撲が強者を尊重し、下克上を期待する。相撲は日本人の好む簡単な美しさと伝統の古典美を現した。相撲ただ一つの競技ではなく、日本の文化のシンボルでもある。本稿ではこの考えに基づき、関係する相撲の日本語の資料をもとにし、各時代の相撲の歴史の変遷と社会の背景から、相撲の各時代に現れた異なる特徴、カルチャーギャップと根源を分析する。相撲はなぜ日本にまだ生きていることができる理由総括する。

先行研究

新田一郎(2010)の調査によると、千代の富士が初優勝した 1981 年初場所千秋楽は,最高視聴率 52.2を記録した。NHK の大相撲中継は,1990 年代に入ってからも若乃花・貴乃花の兄弟力士の人気で,視聴率は,たびたび 40 超を記録した。相撲は日本国内で大人気であった。

しかし、相撲は日本の国技として、ここ数年人気が落ちてきた。2012 年には、相撲をしようと思う若者は 56 人しかいなかった。さらに、日本相撲業界では、相撲に関する不祥事件が頻繁に報道され、日本社会の相撲に対する印象が悪くなってきた。相撲は昔にはなかった生存問題を直面している。

現在の国内外には日本の相撲に関する研究はよく発展している。日本では相撲に関する研究は 19 世紀に遡られた。たとえば、『日本における相撲に変容』

『日本相撲史概略』というのは文化史としての日本相撲史に関する研究であった。近年、吉田満梨(2011)大相撲のマネジメントに含まれた消極的な要素を分析した。

近年、国内ではこの研究もよく進んでいる。たとえば、王金林(2005)と言う一連の作品には異文化理解を出発点として日本の相撲に対する研究もある。また、研究論文として、梁孟圣(2003)日本の相撲と世界で行なわれている相撲を比較することで、文化の違いや競技方法の違いを調べたことにした。それから、相撲の文化、発展さらに今後の課題などに関する研究も続出してきた。

しかし、筆者の視点では、相撲の衰退はただ表面の現象である。 今日本の若い人は相撲に対しる関心尐なくなるが、相撲が日本で存在することができるのが必ず原因がある。

プロの相撲は高尚な職業だと思われ、相撲の力士はどこかに行くと、当地の

人々が必ず尊敬を払う。これは日本人の君主の伝統の観念と大きい関係があり、古代に相撲力士は宮廷に天皇のために出演するしかできなく、その時の“相撲の祭り”は宮の中で重要な式典の中の一つで、相撲力士が出場することを一生の栄誉だと考え、人々も彼らを英雄だと思う。武士が権力を握る幕府時代までに経って、人々の心の中で、依然として非常に彼らを尊重する。今プロの相撲の試合の相撲の力士、厳しい訓練をしなければならなく、その上、思想の教養、飲食、相撲の技術、スポーツ医学、生理学と漢詩の学習も含んである。

1 相撲の歴史

相撲は日本の国技と称されて、相撲、角抵れ、は中国から源を発して。中国の『礼記・月令』にも「天子乃命将軍と元帥講武、習射御、角力」。中国の漢字の本来は「相撲」という言葉は、590 年ごろ、インド人は「仏陀釈迦伝記の集経』の翻訳には漢字、工夫を凝らしてインドの徒手格闘競技翻訳「相撲」、「力」にされ、当時のインド徒手格闘競技と中国の「相撲」とは違う。考古資料によると、最初の裸相撲格闘術、北方草原の騎馬民族から来るかもしれない。西晋の時、五胡が大量南へ来られ、漢人が相撲の名称をつけた。約西晋の後、裸の相撲格闘こそ伝えられた。

相撲は日本に入って来て、初めに日本の『古事記』の中の神話:太古時代、建御雷神奉天照大神の命を説得大国主命その所轄領地、建御方神は同意しないと、要求と建御雷神出雲地方にその佐角力、賭けは領地、結果建御側神に負けた。『日本書紀・垂仁紀』内も記述皇極天皇は 642 年に接待百済の使者、集めた宮廷衛士で相撲競技。まだ記載奈良地区という麻落ちる速人暴勇覇道、天皇を招く出雲の勇士野見宿禰と相撲をして、野見蹴倒す麻病になると、麻落ちる腰椎破断で死ぬ。日本の相撲界は野見宿禰を相撲の祖神としている。その前に、相撲はもともと街中に流行している一種の神事であり、その目的は農作物の収穫の祈りだと見られ、濃厚な民俗色が反映されている。6~7 世紀、相撲は民間から宮廷に伝えられた。

奈良

奈良時代、村々で行っていた農作物の収穫を占う祭りの儀式が宮廷の行事となり、天皇や貴族の前で相撲を披露する、「相撲節会(すまいのせちえ)」が行

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接