高度经济成长期日本人的劳动意识和精神的考察毕业论文_日语毕业论文

高度经济成长期日本人的劳动意识和精神的考察毕业论文

2021-03-31更新

摘 要

由于第二次世界大战的战败,日本从先人努力建设的“一等国”的地位,急转而下掉落到“四等国”的境地。经过了四分之一个世纪将这个悲惨的地位复兴到能被称为经济大国的过程中,虽然有很多的偶然因素的帮助,但最重要的原动力是作为高度经济成长期的经济主体——日本人的劳动精神勤勉性。日本以短短四分之一个世纪的时间,便从战败的阴霾中走出,以日本人独有的勤勉性构筑了当时令世界瞩目的经济成长奇迹。

本论文通过对当时日本人勤勉性产生的背景、原因的分析,得出日本人的劳动意识和精神对于经济的发展有何重要的推进作用以及对当今社会有何借鉴意义。本文首先分析勤勉性出现的背景,当时正值第二次世界大战日本战败,日本急于改善战败悲惨地位,在此之上更是受到了占领日本的美国的价值观的深刻影响。在此背景下,由于败战体验和日本人固有的职业观和人生观的影响,产生了勤勉性的劳动意识和精神。其次通过论述日本由最初的重建战后国家的观念转变为向经济大国发展的意识变化中的社会变动和传统价值观的变化,由此进一步分析日本人的劳动意识和精神对于当时构筑经济成长奇迹的重要作用以及对于当今经济发展的借鉴意义 。

关键词: 经济成长;勤勉性;劳动意识

要 旨

第二次世界大戦における敗戦は、日本の先人たちが築き上げた「一等国」の地位を、「四等国」に転落させてしまった。その惨めな地位を、四半世紀で、経済大国と言われるまでに復興させた原動力は多くの偶然に助けられたとはいえ、高度成長期の経済主体である日本人の労働精神であった。日本はわずか四半世紀の時間で、敗戦の影響から出て、日本人特有の勤勉性で当時世界も注目された経済成長の奇跡を築き上げた。

 本論文は日本人の勤勉性が生み出した背景と原因の分析を通して、日本人の労働意識と精神が経済の発展にとってどのような重要な作用があるか、今の世界にとって何か参考できる部分があるかを明らかにしようとする。まず、勤勉性が生み出した背景を検討しようと思う。当時、日本は第二次世界大戦の敗戦直後で、敗戦後の惨めな地位を急いで改善したかった。その上、日本人は日本を占領したアメリカの価値観にも深く影響を受けた。その背景の下、敗戦体験と日本人固有の職業観、人生観の影響で、勤勉の労働意識と精神が生み出した。日本は最初の祖国再建から経済大国を作ることへの意識変化中の当時の社会変動と伝統価値観の変化も明らかにしようとする。それらの分析を通して、日本人の労働意識と精神が当時の経済奇跡の築きに対する作用と今の経済発展にとって鑑みるところを検討しようとする。

キーワード:経済成長; 勤勉性; 労働意識

目 次

1 はじめに 1

2 日本の高度経済成長期 3

2.1 高度経済成長期とは 3

2.2 高度経済成長期の特徴 3

2.3 高度経済成長期の労働意識と精神 5

3 戦争体験とアメリカの価値観 7

3.1 戦争体験 7

3.2 敗戦の混乱とアメリカ占領軍 7

4 勤勉性の基盤 9

4.1 経済成長と国民的合意 9

4.2 危機感と生産第一主義 9

4.3 伝統価値観の影響 10

5 経済成長の原動力ーー勤勉性 12

5.1 高度成長の評価 12

5.2 高度成長の原動力ーー勤勉性 13

5.3 勤勉性が経済成長に対する作用 14

6 終わりに 15

参考文献 16

謝 辞 17

高度経済成長期における日本人の労働意識と精神について

1 はじめに

 この地球には70億人を超える人達が住んでいる。民族、人種、言語、宗教、歴史、文化、国柄など、様々に異なっていて、一筋縄で捉えることは決してできない。その中でアジア大陸東側を離れた列島に暮らしている日本人ほど、トータルに見て、真面目に過ごし、勤勉に働いてきた人達はいないのではないだろうか。何しろ国民の80%近い人々が、勤勉がもっとも大切な備えるべき資質である、と確信を持っているのである。しかも、高度経済成長期始まったの前世紀から今日まで、半世紀以上にもわたり、一貫としてその信念は揺らぐことはない。

高度経済成長期は日本経済が飛躍的に成長を遂げた時期で、1954年12月(日本民主党の第1次鳩山一郎内閣)から1973年11月(自民党の第2次田中角栄内閣)までの約19年間である。この時期で、日本の実質経済成長率は年平均10%を超え、欧米の2~4倍になった。この経済奇跡を支える原動力を探してみたい。

 第二次世界大戦の敗戦で、日本は「一等国」の地位を、「四等国」に転落させてしまった。その惨めな地位を、四半世紀で、経済大国と言われるまでに復興させた原動力は多くの偶然に助けられたとはいえ、高度成長期の経済主体である日本人の労働精神ーー勤勉性であった。

今現在、多くの国が不景気の状況に落ち込んでしまい、様々な経済復帰の方法を探して、努力したが、なかなか効果が出てこない。経済発展の中で一番重要なのは一国の労働者の素質と能力だと言われている。レベルの高い人的資源を保有したこそ、経済が順調に発展するはずだ。拝金主義が盛り上がった現在では、国民の労働意識と精神が益々淡くなってしまった。したがって、日本高度経済成長期の日本人の勤勉性を通じて、労働意識と精神が経済発展に与える影響を分析する必要があると思っている。

梶田正巳(2015)は勤勉性を育む日本人の心理を分析した。梶田正巳は日本人を雑草にたとえ、その粘り強い素質がある日本人こそ勤勉性が生み出すはずだと述べている。間宏(1996)は経済高度成長期の労働精神である勤勉性が後の日本人の働きすぎの原因として論じた。今の日本人の過労死もある程度その影響を受けたことを述べている。しかし、二人とも勤勉性が生み出す背景と原因を論じていない。それに、勤勉性が日本高度経済成長への貢献と今の経済発展にとっては参考できる部分についての研究もほとんどない。

2 日本の高度経済成長期

2.1 高度経済成長期とは

高度経済成長期は日本経済が飛躍的に成長を遂げた時期で、1954年12月(日本民主党の第1次鳩山一郎内閣)から1973年11月(自民党の第2次田中角栄内閣)までの約19年間である。一部文献では、高度成長第一期(設備投資主導型)が1954年12月から1961年12月まで、高度成長転型期(転換期)が1962年1月から1965年10月まで、高度成長第二期(輸出・財政主導型)が1965年11月から1973年11月までとされる。この時期で、日本の平均実質経済成長率は年10%を超え(参照図2.1)、欧米の2~4倍になった。そして1968年には国民総生産(GNP)が、当時の西ドイツを抜き第2位となった。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧

推荐链接