新媒体时代对日本传统媒体生存方式的考察——以日本报业为核心;ニューメディア時代における日本伝統メディアの生き方についての考察――日本の新聞業界を中心に毕业论文_日语毕业论文

新媒体时代对日本传统媒体生存方式的考察——以日本报业为核心;ニューメディア時代における日本伝統メディアの生き方についての考察――日本の新聞業界を中心に毕业论文

2021-03-31更新

摘 要

Media即传递信息的媒体。只要提到media,许多人会想到报纸、广播、电视等传统大众媒体。在日常生活中,大众媒体正扮演着十分重要的角色。

如今,随着新媒体的迅猛发展,传统大众媒体正遭受到巨大的冲击。在美国、中国等国家,传统媒体的现状不容乐观。以报业为代表,从销售量、从业人数、信赖度等方面来看,报业正处于持续低迷的状态。然而,在世界潮流之中日本属于一个例外。日本的传统媒体虽然遭受冲击,但远不如中美等国严重,依旧显示出顽强的生命力。考察日本报业的现状和生存方式,可能会发现其生存背后的秘密。

因此,本文以各种资料和数据为基础考察日本报业的现状和生存方式,并从历史、政府、企业、消费者以及社会等多个角度逐一分析其生存原因,并将之与中国报业进行对比,希望能为中国传统媒体未来的发展提供些许借鉴意义。

关键词:新媒体;日本报业;传统媒体;生存方式

メディアとは、情報を伝える媒体である。メディアといえば、新聞・ラジオ・テレビなどのマスメディアと考える人は少なくない。人々の生活の中で、マスメディアは、非常に重要な役割を果たしていると言える。

現在、世の中でニューメディアが一層発展しつつ、伝統のマスメディアは猛烈な衝撃を受けている。アメリカ、中国などの国では、伝統メディアの状況が楽観的ではない。新聞業界をはじめとして、発行部数、従業員数、信頼度など様々な面から見ると、大変な不況を続けている。しかし、世界の流れで日本が例外ではないが、ニューメディアから受けたインパクトが世界よりそんなに強くないから、日本の伝統メディアはまだ旺盛な生命力を表している。その現状を調べて、生き方を探してみれば、裏にある秘密が発見できるかもしれない。

したがって、その秘密を明らかにするために、本研究はいろいろな資料やデータをもとにして、日本伝統メディアの現状や日本新聞業界の生き方を探り、政府、企業、消費者及び社会など様々な面から分析していきたい。また、中国の新聞業界の現状を日本に比べ、未来の発展に少しでも参考になればと思う。

キーワード: ニューメディア;日本新聞;伝統メディア;生き方

1 はじめに 1

2 ニューメディアとは 2

2.1ニューメディアの定義・特徴 2

2.2 ニューメディアの発展・現状 2

2.3 ニューメディアによる「離れ」 3

3 日本新聞の現状 4

3.1 日本新聞の発行部数 4

3.2日本新聞の収益構造 5

3.3日本新聞の依頼度 7

4 日本新聞の生き方について 8

4.1 政府からの習慣 8

4.1.1 法律の保護 8

4.1.2 新聞の再販制度 8

4.1.3 新聞の保護政策 8

4.2 企業の制度と革新 9

4.2.1 新聞の戸別宅配制度 9

4.2.2新聞のデジタル化 9

4.2.3大手の提携 10

4.3 消費者からの支持 10

4.3.1 伝統メディアへの信頼度 11

4.3.2 新聞を読む習慣 12

4.4 社会の影響 12

4.4.1 高齢化の社会 12

4.4.2 社会組織の努力 13

4.4.3 情報の伝達範囲 14

5中国の伝統メディアへの示唆 15

5.1中国の新聞業界の苦境 15

5.2日本から参考になると思う点 15

5.2.1社会の努力 15

5.2.2企業の革新 16

5.2.3政府の保護 16

6 終わりに 17

参考文献 18

謝辞.....................................................................19

ニューメディア時代における

日本伝統メディアの生き方についての考察

          ──日本の新聞業界を中心に

1 はじめに

メディアとは、情報を伝える媒体である。現在、メディアといえば、新聞・ラジオ・テレビなどのマスメディアと考える人は少なくない。人々の生活の中で、マスメディアは、非常に重要な役割を果たしていると言える。情報を発信する側には、広告の媒体となるほか、社会的弱者を含む多様な立場の意見表明の場としての機能がある。情報の受け手には、社会の出来事を知る手段、映画やドラマ、スポーツの鑑賞を楽しむ娯楽の一つとなるほか、選挙など政治参加の場としての機能を持つ。広告を有用な情報として認識する場合は広告の受信手段としての役割もある。

現在、世の中でニューメディアが一層発展しつつ、伝統のマスメディアは猛烈な衝撃を受けている。アメリカ、中国などの国では、伝統メディアの状況が楽観的ではない。新聞業界をはじめとして、発行部数、従業員数、信頼度など様々な面から見ると、大変な不況を続けている。発行部数、販売や広告収入は減少しつつ、従業員数も減少している。それに、信頼度は元々低いが、今は一層厳しくなっている。しかし、世界の流れで日本が例外ではないが、ニューメディアから受けたインパクトが世界の他国ほど強くなく、日本の伝統メディアはまだ旺盛な生命力を表している。その現状を調べて、生き方を探してみれば、裏にある秘密が発見できるかもしれない。

したがって、その秘密を明らかにするために、本研究はいろいろな資料やデータをもとにして、日本伝統メディアの現状や日本新聞業界の生き方を探り、政府、企業、消費者及び社会など様々な面から分析していきたい。また、中国の新聞業界の現状を日本に比べ、未来の発展に少しでも参考になればと思う。

2 ニューメディアとは

2.1 ニューメディアの定義・特徴

英語では「new media、newmedia」の両表記を使うが,日本語では「ニュー・メディア」あるいは「ニューメディア」の表記になっている。ニューメディアについては、様々な定義がある。

新聞・雑誌・テレビなど在来のメディアに対し、エレクトロニクス技術の発展と、それに支えられる新しい通信手段によって開発された情報伝達媒体。(①デジタル大辞泉)

新聞・ラジオ・テレビなどの既存のメディアに対し、通信・情報・電子技術によって生み出された新しいメディアや情報伝達システムの総称。(②大辞林 第三版)

新しいタイプの情報媒体のこと。高度情報社会の実現を目ざして、1980年ごろから提唱された新しい情報の伝達手段をいう。(③日本大百科全書(ニッポニカ))

以上の定義から、ニューメディアは次の三つの特徴を有することがわかる。まずは、新聞・ラジオ・テレビなどの伝統メディアに対する点。そして、通信・情報・電子技術の発展によって開発される点。最後は、情報を伝達する媒体である。

本研究で「ニューメディア」とは、インターネットやスマートフォンを代表として情報を伝える媒体であり、「伝統メディア」とは、新聞を代表として情報を伝える媒体である。

2.2 ニューメディアの発展・現状

ニューメディアといえば、まず思い出すのはインターネットのことであろう。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧

推荐链接