关于中日两国教育孩子的不同之处----以“半袖短裤”现象为例 ;中日の子育ての違いについてーー「半袖半ズボン」現象を主として毕业论文_日语毕业论文

关于中日两国教育孩子的不同之处—-以“半袖短裤”现象为例 ;中日の子育ての違いについてーー「半袖半ズボン」現象を主として毕业论文

2021-03-31更新

摘 要

随着现代科学技术的发展,生活水平的提高,人们对科技产物的依赖程度越来越深,比如用空调避暑,用暖气御寒等。由此,人们对于人类自身所具备的能力的重视程度开始变弱。

在中国,大多数小孩都是被家长“含在嘴里怕化了,捧在手里怕摔了”小心翼翼地保护着,天一冷,家长就会给孩子裹上厚实的衣服;而在日本,大冬天小孩穿短袖短裤的现象很常见。

本论文通过比较中日两国孩子应对寒冷的态度和方式,找出中日两国在儿童教育方面的不同,尤其是对意志锻炼的重视程度的不同。本论文针对日本小孩在冬天穿短袖这一现象,将内容分成“恒温动物的体温调节能力”、“人的意志力”、“中日两国的儿童教育”三大部分。通过研究对比中日教育的不同来论述重视意志力培养的重要性。

关键词:体温调节;意志;儿童教育;

要 旨

科学技術の進展や人間の生活レベルの向上に伴い、人間はエアコンで暑さに避けたり、暖房で寒さに対応したりして、ハイテク道具に依頼すぎになっている。但し、人間はこのような自分自身持っている能力に関心が薄くなるという現実である。

 日本の子供は冬でも半袖半ズボンを着ているという現象が見られる。これに対して、中国の子供は親たちに「抱っこしながら落とすのを恐れ、口の中に入れながら溶けるのを恐れる」ようにされる。寒さの対応に関することから見ると中日の子育てには違いところがあると見られる。特に、子供に対する意志の重視度の違いである。日本の方は人間の意志をより重視していることを見られる。

 本論では「半袖半ズボン」現象から、「恒温生体の体温調節能力」「人間の意志」「中日の子育てについて」に分けて、中日の子育ての違いを研究しながら、今後の厳しい環境に人間は意志の力の重視度を増加すべきを考えてみる。

キーワード体温調節;意志;子育て

目次

1 はじめに 1

2 恒温生体の体温調節能力 2

2.1 体温調節の仕組み 2

2.2 寒冷適応の整理と生態(人間の方) 3

2.3 寒冷適応の整理と生態(動物の方) 4

3 人間の意志 6

3.1 意志の重要性(過酷環境の対応) 6

3.2意志の重要性(精神的圧力の対応) 7

3.3意志が弱いになる結果 8

3.4意志を強化する方法 9

4 子育てについて 11

4.1日本の半袖半ズボン現象 11

4.2 中国の現状 12

4.3意志の重視に関する中日の違い 12

5 おわりに 15

参考文献 16

謝辞 17

中日の子育ての違いについて

—-「半袖半ズボン」現象を

主として

1 はじめに

人間の体温調節能力である。人間は恒温生体として温度、湿度などの物理的な環境変化に対して、身体の内部環境をある範囲に維持している調節能力を持っている。但し、人間はこのような自分自身持っている能力に関心が薄くなったり、他の物に依頼して周りの環境を変えたりしている生活方式に慣れるという現実である。

人間の意志の力の重要性である。近来、酸性雨、地球温暖化、オゾン層の破壊、森林破壊、海洋汚染、砂漠化など地球環境問題がよく議論されている。このような深刻な環境で生活できる要求は人間の意志を鍛えることである。更に、進学の厳しさや求職の難しさなども人間の意志に対する大きな挑戦だと言える。

子育ての違いについて。日本の子供は冬でも半袖半ズボンを着ているという現象が見られる。これに対して、中国の子供は親たちに「抱っこしながら落とすのを恐れ、口の中に入れながら溶けるのを恐れる」ようにされる。寒さの対応に関することから見ると中日の子育てには違いところがあると見られる。特に、子供に対する意志の重視度の違いである。

本論では「半袖半ズボン」現象から、「恒温生体の体温調節能力」「人間の意志」「中日の子育てについて」に分けて、中日の子育ての違いを研究しながら、今後の厳しい環境に人間は意志の力の重視度を増加すべきを考えてみる。

以上を踏まえ、次のことを明らかにすることは目的である。

①寒さの対応に関する中日の子育ての違い 

②人間の意志の力の重要性

 

 

2 恒温生体の体温調節能力

 恒温動物とは気温や水温など周囲の温度に左右されることなく、自らの体温を一定に保つことができる動物である。かつては、定温動物、温血動物とも言われた。ほとんど鳥類と哺乳類に分けられる。変温動物との違いところは体温調節能力がある。

2.1 体温調節の仕組み

 恒温動物の体温調節能力といえば、つまり、寒い所でも暑い所でも体温を一定に保つ機能が体に備えられているということである。一般的に周囲との温度差が大体30℃以内であれば、自力で体温を調節することができる。例えば、恒温動物として人間は体温調節能力があり、外気温に関係なく、約37度に維持しているので、年間を通して活動できる。それに対して、蛇やカエルのような変温動物では、外界の温度によって体温が変化するので、夏には勝手に活動できますが、冬には活動できずに冬眠するしかない。

 恒温動物は体温調節能力があるので、年間を通して活動すると、体の機能を常に正常に保つと、また生体内での化学反応がちょうどよいスピードで行われるなどということができる。

 一般に、生体内には化学反応の速度は温度が10℃上がると2倍になるといわれる。したがって、体温が高すぎると、代謝のスピードが速すぎて栄養素が過剰に消費されるおそれがある。そして、体温が低すぎると必要な代謝の活動が迅速に進まないといったことになる。だから、体温を一定に保つ必要がある。

 体温が調節されている個体はリモコンで温度を設定し、室温が自動調節されている部屋だと同じである。外気温の変化に伴い室温が変化すると、その温度情報がセンサーで検知され、設定温度と比較する。室温が設定温度より低くなると冷房を弱くし暖房を強くして、室温を設定温度にまで上げようとする。逆に、室温が設定温度より上がると暖房を弱くし冷房を強めて、室温を設定温度にまで下げようとする。恒温動物には体温調整の本部のことを体温調節中枢と言う。体温調整中枢は脳にある。正確に言うと、体温調整中枢は「間脳」と呼ばれている部分の「視床下部」にあります。個体の正常体温は視床下部に設定されており、視床下部は皮膚や脳から入力される体温情報と設定温度とを比較し、熱産生(暖房)と熱放散(冷房)のバランスをとることで、体温を調節している。

 体温を上げる調節である。個体が体温よりも寒い環境にさらされた場合、脳の視床下部からは熱を逃げないようにする指令(冷房を弱める)と、熱を産出する(暖房を強める)指令が下る。熱を逃げないようにする反応は皮膚の毛細血管で起こる。血液は熱を運ぶ役割も果たし、皮膚の表面や手足の末端は熱が放出されるポイントでもある。だから、こうした場所の毛細血管を収縮させ、血液を流さないことによって、体内の熱を外に逃がさないようにするわけである。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接