从“独自行动”现象看日本女性的自立意识 ; 「ひとり○○」から見る日本女性の自立意識毕业论文_日语毕业论文

从“独自行动”现象看日本女性的自立意识 ; 「ひとり○○」から見る日本女性の自立意識毕业论文

2021-03-31更新

摘 要

现在的日本,越来越多的女性不依赖他人,享受于一个人的时光,以及“孤身一人” 的生活。在现代的日本女性中,流行着以一个人 K 歌为代表的,一个人看电影、一个人吃烤肉等各种各样的“单独行动”方式。一个人去迪士尼、一个人的结婚仪式等,不用顾及他人而依自己的步调享受生活的这一“单独行动”的热潮丝毫没有衰败的迹象。而社会对于独享生活者的看法也从“看起来好寂寞”逐渐转变为“潇洒到令人羡慕”。这种社会看法的转变象征着女性走向自立,也证明了“女性遵从男性”这一过去的立场已经发生了变化。本文通过分析“单独行动”现象,考察其与日本女性的自立意识间的关联。从社会、政治、经济、文化、科技角度探讨影响女性自立意识的因素,探究女性自立意识的增强所带来的影响,及其所引发的社会问题。最后,通过分析日本在增强女性自立意识上所采取的对策,探讨其给予中国的启示。

关键词:“单独行动”现象;日本女性;自立意识

要 旨

現在の日本では、他人に頼らず、「ひとりの時間」を楽しみ、自分らしい「おひとりさま」を満喫している女性が増えている。現代の日本女性において、「ヒトカラ」をはじめ、ひとり映画やひとり焼肉など様々な「おひとり○○」行動パターンが流行してきた。ひとりディズニーやひとり結婚式、気兼ねなくマイペースを楽しむ傾向は衰える兆しを見せない。おひとりさまに対する社会の見方は「寂しそう」から「かっこいい」と変わりつつある。このことは女性の自立を象徴することであり、「男性に従う女性」という従来の立場からの変革を示す一つ証拠である。本文は「ひとり○○」現象を分析して、日本女性の自立意識との関連を考察する。社会・政治・経済・文化・科学技術の 5 つの側面から自立意識を影響する要因を検討してから、女性自立意識の強めによる影響を考察する。また、日本の対策分析を行い、中国に与える示唆をも検討する。

キーワード: 「ひとり○○」現象;日本女性;自立意識

目 次

  1. はじめに 1
    1. 研究動機 1
    2. 研究意義と研究方法 1
    3. 先行研究 1
  2. 「ひとり○○」と日本女性の自立意識 3

2.1 「ひとり○○」とは 3

      1. 「ひとり○○」出現の経緯 3
      2. 「ひとり○○」の定義 3
    1. 「ひとり○○」の普遍化 4
      1. 「ひとり○○」の変遷 4
      2. 普遍化された現状 4
    2. 「ひとり○○」に現れる女性の自立意識 5
  1. 日本女性の自立意識を影響する要因 7
    1. 政治的要因 7
    2. 経済的要因 9
    3. 社会的要因 9
      1. 生活様式の変化 9
      2. 婦人団体の展開 10
    4. 文化的要因 11
      1. 教育程度の発展 11
      2. 欧米の男女平等及びフェミニズムの影響 11
    5. 技術的要因 12
  2. 日本女性の自立意識の強化による影響 13
    1. プラスの影響 13
      1. 参政意識が高まる 13
      2. 家庭観が変わる 14
      3. 消費スタイルとマーケティングが多様化になる 15
      4. 日本の GDP が増加する 15
    2. マイナスの影響 16
  3. 日本の対策分析及び中国に与える示唆 17
    1. 日本の対策分析 17
      1. 政府による政策 17
      2. 民間による対策 18
    2. 日本の対策が中国に与える示唆 18
      1. 関連の法律制度を完備する 19
      2. 民間の手を借りる 19
  4. 終わりに 20

参考文献 21

謝 辞 23

「ひとり○○」から見る日本女性の自立意識

はじめに

研究動機

現在の日本では、他人に頼らず、「ひとりの時間」を楽しみ、自分らしい「おひ とりさま」を満喫している女性が増えている。「おひとりさま」は本来、ひとりでも 生きていける自立した女性という意味で、1998 年に岩下久美子が提唱した言葉である。現在の「おひとりさま」は通常ふたり以上でするようなレジャーや趣味をひとりで楽 しむライフスタイルとして浸透している。それに対する社会的な見方も「寂しそう」から「かっこいい」と変わりつつある。

現代の日本女性において、「ヒトカラ」をはじめ、ひとり映画やひとり焼肉など様々な「おひとり○○」行動パターンが顕在化してきた。自分のことを全て自分の意志で決め、自分ひとりだけの時間を楽しく過ごすのは自立の表現である。「ひとり○○」の背景には、女性の自立意識の強化があると思われるが、一体どのようなつながりがあるのかについて分析する必要があると考える。

研究意義と研究方法

本文は「ひとり○○」現象と日本女性の自立意識との関連について考察を加えるものである。とりわけ若年女性の自立意識の変化に焦点を当て、「ひとり○○」という話題に関する記事かニュースを分析する上に、その変化を影響する要因を検討してから、女性自立意識の強めによる影響を考察する。また、これに踏まえて、現代日本女性が直面している問題を分析してから、日本政府の対策分析を行い、中国に与える示唆をも検討する。

先行研究

ひとり行動に関わる研究において、村上幸史は著書『単独行動に関する探索的研究』

(2009)で単独行動を行う心理的な原因を考察し、「さみしさ感情を否定する者」と「友

人を区別化する者」が特に単独行動の頻度と結びつくと結論を下した。

李月、費磊の『女性独自旅游的新興趨勢和市場開発対策』(2015)によれば、女性社会地位の向上、収入の増加、自由への追求は女性による一人旅の流行の原因となることがわかった。

また、女性の自立意識に関わる研究において、渡邊裕子は『女性の社会進出に関する制度と問題点』(2009)で女性の社会進出に関する制度及びその問題点について考察し、岡田翔子は『女性が輝ける社会とは~日本が本当に目指す国とは何か~』(2014) で女性の働く現状、政府と企業が行っている支援、日本人の働き方を論述した。

郭麗娟が書いた「若年女性の「自立」意識に関する一考察―親子の語りを通して」

(2010)は、インタビュー調査を用いて、青年期から成人期への移行期にある娘の「自立」意識について検討したものである。個人の主観的な側面に着目しつつ、親子両方の視点から分析した結果、「自立」には経済面、生活面、精神面の 3 つの側面があること、またこの「自立」意識が母娘が抱えている不安と葛藤に大いに関係していることが示唆された。

「ひとり○○」と日本女性の自立意識

「ひとり○○」とは

「ひとり○○」出現の経緯

1980 年代、大量生産・大量消費の社会経済は「大衆」の分裂によって消費の差異化・多様化・個性化が一層進んだ「分衆」①の時代へと転化した。また、プライバシー意識と生活の便利性の向上に従い、家庭を持たなくてもいいと考える「個族」②が誕生した。「個族」思考の誕生は現在注目されている「一人○○」現象の兆しとして考えられる。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接