谈中日大学毕业生的就业意识;中日の大卒生の就職意識に関する考察毕业论文_日语毕业论文

谈中日大学毕业生的就业意识;中日の大卒生の就職意識に関する考察毕业论文

2021-03-31更新

摘 要

就业是对于大学生来说最重要的事情。近年来,大学生就业难的问题已然引起了社会各界的广泛关注,成为了一大难题。现如今,不仅仅是在中国,整个世界,“大学生就业难”都已经成为了一种严峻的社会现象。中国和日本的大学生都同样面临着这一社会问题,并且,日本的大学毕业生不得不直面此问题。那么,面对如此之难的就业问题,中日大学生都持有怎么样的就业意识呢?

本文通过对中日大学生就业意识的分析与研究,探究中日大学生的就业意识。总结科学的、理性的就业观念,确立对于大学生理性就业意识。

关键词:就业;就业意识;大学生

要  旨

就職は大学生にとっての最大のイベントである。近年、大学生の就職難の問題はすでに社会的な広範の関心を引き寄せられるようになり、一つの難問になってしまった。今のところ、中国でばかりではなく、世界中でも、大学生の就職問題が厳しい社会問題になってしまった。中国と日本も大学生の就職難という社会問題に臨んでいる。これとともに、日本の大学卒業生も同じ問題に直面しなければならない。そんな難しい就職問題に直面している、中日大学生はどのような就職意識を持っているのか。

本論文は中日大学生の就職意識に対する分析と研究を通して、中日大学生はどのような就職意識を持っているかということを探究する。科学的な、理性的な就職観念の結論をまとめて、大学生にとって理性的な就業意識を確立する。

キーワード:創業;創業意識;大学生

目  次

1 はじめに 1

2 中日の大卒生の就職意識 2

2.1 中国の大卒生の就職意識 2

2.1.1 家庭教育 2

2.1.2 学歴の評価 3

2.2 日本の大卒生の就職意識 4

2.2.1 学校で得たもの 4

2.2.2 アルバイトなど 5

3 結論と考察 6

3.1 日本の大卒生の就職意識から得られること 6

3.1.1 高校は学生に正しい就職観を樹立させることを重点とすること 6

3.1.2 政府は大学生に就職しやすい環境を作るべき 6

3.2 科学的な就職意識の重要性 7

4 終わりに 8

参考文献 9

謝 辞 10

中日の大卒生の就職意識

に関する考察

1 はじめに

今の時代、国際化の進展が益々加速化し、経済もハイスピードで発展し、その世界は進歩し続けている。その発展と伴い、現実問題もたくさん出て、その中、大学生の就職難は日中その二つの国で表し、程度は違うであるが、世間の注目を集めることは同じである。

大学生の就職難問題は全社会から注目を集めるホットスポットで、哲学から言えば、大学生の就職問題の実質は生産力配り問題で、大学卒業生は自分に適応で自分のテンションを最大限に引き出し、そして社会経済発展や社会進歩を押しられる仕事を見つけるのは、政府、学校、企業と大学生自分の努力を合わせてから実現でき、各面の主導性や積極性、創造性を調達し、科学的に推進し、大学生の就職を進めさせ、学歴教育から学力教育への転換を実現し、根本から大学生就職の問題を解決できる。

新しい経済情勢の下で、大学生の就職環境は巨大な変化を発生し、それと伴うのは、大学生の就職意識の大きな変化である。大学生が正しい就職観を立つのは、彼らが自立創業や就職幅と努力方向を拡大、そして自分の価値を実現すること、教育体制改革を深めること、社会の発展を促進することに極めに意義がある。

本文は日中大学生就職意志の違いと日本大学生の就職経験から我が国の大学生に就職ヒントをくれることから分析し、二つの国の卒業生の就職意志の違いと同い部分を分析し、就職ガイド業務をより良く開展させ、科学的な就職意志の培養にも良く、正しい就職観を立て、大学生の就職難の解決に力を入れる。

2 中日の大卒生の就職意識

2018年には、中国の大卒生は820万人についた。こんなに多くの人が同時に仕事を探すので、就職は思う以上に厳しい。日本の少子化の勢いについて、大卒生はだんだん減っていくが、色々な挑戦がある。では、日中両国の大卒生の就職意識はどんな違いがある。

2.1 中国の大卒生の就職意識

社会主義経済体制の確立とともに、我が国の人事制度が変化し、大学卒業者の雇用は、労働分配の統一から独立した就職活動という転変を経った。「市場需要、政府政策の支援、学校の推薦、家族の教育環境、学生の学歴背景や自己選択など」は学生の雇用に大きな影響を与え、学生の就職意識を変化させる。本稿では、現代中国大学生の就職意識の問題を、家庭教育と学歴という2つの角度から分析する。

2.1.1 家庭教育

家庭は大学生の就職に影響を与える重要な原因の一つであり、家族の経済地位、位置、親の職業、教育レベルは潜んで、交渉的や命令的で、そして代替の方法により、大学生の雇用に影響を与える。

2.1.1.1 優秀な成績から期待される職選択

今の世代の大学生の両親は主に新中国が建国した時に生まれ、新中国の誕生と色な変化と一緒に成長している。彼らは1960年代の飢饉を経験し、1960年前後-1970年前後の文化大革命と1990年代の失業ブームを経験した。彼らのほとんどは子供の職業の性質を重視し、そこでの「上層部本位」の考えもあり、安定を求める心構えもある。彼らの意識は保守的で、「エリート教育」の概念から切り替えることが困難であり、子供が気に入りの会社は不安定だという理由で拒否する。彼らの視点から見ると、子供たちは大学、研究機関、政府機関などの事業企業に入るしか、安全なところに入るとは言えなく、両親は安心できるとは言えない。しかし、多くの子供たちはそれに同意しておらず、強い技術力と深い企業文化を持つ企業は自分にいいものを教えてくれ、自分がより速い発展ができる。それで、多くの親は自分の子供が何の社会的な経験がなく、嵐と大雨を経ったことなく、社会を知らず、それに対し、子供は両親の考えは古いと認識する。親の干渉は卒業生に追い込まれ、就職機会の逸失も、できないことなの増加にとって重要な理由である。

2.1.1.2 「高い投資から高いリターン」の仕事待遇への期待

今のところ、一人の大学生を卒業させるのは容易ではなく、それに投入するお金は一つの家庭の経済収入の大部分を占めることが数多く、いっぱい借金を抱かれる家庭もある。卒業生が適切な仕事を見つけることは、家族にとってはどれほど重要であるかを想像することができる。卒業生が就職しているうちに、両親の役割がますます明確になり、雇用決定における意思決定のシェアもますます重くなっています。両親は仕事の経済的な収入に非常に関心があり、収入から企業の善し悪しを判断し、自分の狭い視点から子供の発展を指導し、元々難しい就職に一層憂鬱を加える。したがって、家族の教育方法や教育環境は、大学生の就業意識に大きな影響を与えることになる。

2.1.2 学歴の評価

国の高等教育高校が大幅に拡大したことで、大学生の就職が厳しくなっている。しかし、大学生の就職を影響する要因は多方面で、特に近年の金融危機は大学生の就職に大きな影响を与える。大学生の就職難は、国が提供している就職活動の数、大学生就職の需給関係、大学生自身の知识構えや能力が社会のニーズに適応するかどうかなど、また、大学生の就職観念と就職観の正しいかどうかことと大きな関係がある。学歴より大学生の就職観は顕著な違いがある。大学生の就職観は、彼らの就職選択について表す観点だけではなく、彼らが自己の価値志望を職選択での形式である。

今の社会、国内では学歴と就職の関係について、一般的な観点は以下のことである。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接