谈日语的美感表现;日本語表現から見た美意識毕业论文_日语毕业论文

谈日语的美感表现;日本語表現から見た美意識毕业论文

2021-03-31更新

摘 要

日本人在说话时候非常重视对方的心理,换句话说会充分考虑到对方的心情,为了尽可能的不伤害到对方,需要再三考虑自己的措辞之后,然后再说出来。所以,在这些所表达出来的言语表现中,选出几个代表性的进行分析,来发现日语的美。与此同时这也能反映日语的语言特点,也是日本文化的一种体现,在分析这些语言表现的同时,我们不仅能够加深对日语的进一步理解,同时也能发现日本多元文化的特点。通过这些对日语的语言特点以及对日本的文化的理解,这将会对我们学习日语有很大的帮助,在当我们和日本人进行过交流的时候也会更加贴近对方的角度,为对方着想。

关键词:日语;语言表现;美

日本人が話すときに相手の心理を非常に重視し、換言すれば充分に相手の気持ちを考慮していて、できるだけ相手を傷かないように、再三措辞を練てから、また言い表し出す。だから、これらの言い表し出す日本語表現のうち、代表的なものを分析し、言語表現の美意識を発見する。それはすでに日本語その言語の性格を反映し、日本社会文化の一種の体現であろう。それを分析する時、私たちは日本語をいっそうよく認識性ばかりでなく、同時にまだ日本文化のいろいろな特徴を発見できる。日本語の曖昧さは日本人の生活方式と伝統観念を表わす。曖昧性も日本語の特徴である。日本語の曖昧を通じて、日本の文化を知ることができると思う。日本語の曖昧さについて理解することができたがまだ不十分だと思っている。今後は日本人とコミュニケーションを円滑にするため、美しさを表現する言葉の使い方を一つずつ勉強したいと思う。

キーワード:日本語;言語表現;美意識

1はじめに 2

2日本語表現のいろいろ 2

2.1「相づち」と「クッション言葉」 2

2.2「主語の省略」と「知り合う情報の省略」 8

2.3「多義語」と「断言しない言い回し」 9

3日本語表現に見られた美意識 11

3.1調和の美意識 11

3.2不完全の美意識 12

3.3朧の美意識 12

4終わりに 13

参考文献 14

謝 辞 15

日本語表現から見た美意識

1はじめに

日本人が話すときに相手の心理を非常に重視し、換言すれば充分に相手の気持ちを考慮していて、できるだけ相手に傷かないように、措辞を練てから、また言い表し出す。だから、これらの言い表し出す日本語表現のうち、代表的なものを分析し、言語表現の美意識を発見する。それはすでに日本語その言語の性格を反映し、日本社会文化の一種の体現であろう。それを分析する時、私たちは日本語をいっそうよく認識性ばかりでなく、同時にまだ日本文化のいろいろな特徴を発見できる。

2日本語表現のいろいろ

日本人が話すときに相手の心理を非常に重視し、換言すれば充分に相手の気持ちを考慮していて、できるだけ相手を傷かないように、再三措辞を練てから、また言い表し出す。だから、これらの言い表し出す日本語表現を見よう。

2.1「相づち」と「クッション言葉」

これらの言い表し出す日本語表現の中で、「相づち」と「クッション言葉」を見よう。

2.1.1「相づち」

相づちには、会話を弾ませる効果がある。夫婦関係、恋人関係、家族関係、仕事関係……コミュニケーション不足に陥りがちなすべての関係において、「相づち」は非常に有効である。コミュニケーション不足の大きな要因に、一方が「興味がなさそうだから話すのをやめよう」と思ってしまい、それを受けたもう一方も「相手が黙っているから自分も話すのはやめようかな」と感じてしまう。会話の“負のループ”が挙げられる。負のループに陥ったら、コミュニケーションが一気に減り、関係性が希薄化してしまう。相づちは、「話を聞いていますよ」というアピールである。このアピールが、話している相手の承認欲求を満たし、コミュニケーションを円滑にする。相づちにはいろいろなパターンがあるが、お勧めなのは、相手の言葉を引用して返す「バックトラッキング」という方法である。例えば、奥さんや彼女に「昨日、渋谷の美容室に行って来たんだ」と言われたら、何と反応するか?多くのご夫婦やカップルの場合、男性のほとんどが「ふーん」「へー」で返すから、「ねえ、聞いてるの!?」となり、ケンカが勃発するわけである。

  そこで、相手の言葉を引用し、「え?渋谷の美容室に行ったんだ?」と相づちを打つ。そうすると、話している側は「聞いてくれている!」と感じ、もっといろいろ話したいと思えます。相づちを打つ際に、「ペーシング」を意識することも有効である。相手の話し方やスピード、話すテンション、間の取り方、声の大きさなどをなるべく合わせながら返す。そうすると、人は自分と似たものに好感を持つという心理「類似性の法則」が働き、お互いの居心地がよくなって、会話が弾むようになる。「ペーシング」にはもう一つ、相手が欲している表情や態度を取るという意味もある。相手がとういう反応をしてほしいと思っているのかを測って、聞く側もその表情をつくるのです。表情には大きく分けて、オープンフェイス(笑顔やびっくりした表情などのオープンな表情)、ニュートラルフェイス(素で無機質な表情)、そしてクローズドフェイス(悲しい、怒っている、真剣など、顔のパーツが中心に寄るような表情)の3つがある。この3つを、相づちにプラスすると、「相手の話を感情移入しながら聞いている」というアピールになります。楽しい話をしているならば、オープンフェイスでニコニコと、グチを言っているならば、一緒になって辛そうなクローズドフェイスに……を意識してみよう。

  身を前後に動かすこともお勧めです。前のめりになって興味を示したり、顔や身体を後ろに反らして驚きを表現するのである。時には肩を落として反省の態度を示してみるのも有効です。相づちのレパートリーを増やすと、さらにお互いの居心地がよくなり、会話も弾むようになるであろう 。「バックトラッキング」+「表情変化」は、ビジネスシーンにおいても有効です。意思疎通や意思確認につながり、思いのニュアンスを一致させることができる。相手の言葉を繰り返すことは、ミスを減らすことにもつながる。特に、言うことがコロコロ変わる上司や取引先などに有効。相手の言葉を引用することで、相手に「自身の発言内容」を記憶させることができるので、発言の変化を防げる。

2.1.2「クッション言葉」

クッション言葉は日本人の日常生活、特にビジネスの世界でよく使われる言語表現の一つである。本稿では、クッション言葉の用法や機能を検討し、それは日本の社会や文化とどう繋がっているかについて考察してみた。

まず、クッション言葉の概念と使用場面について述べた。クッション言葉は聞き手を配慮し、言葉遣いを和らげ、聞き手に受けいれやすいようにするクッションのような表現であり、一番多く使われるのは「拒否」「依頼」「質問」「反論」の4つの場面である。次に、4つの場面に分けて、例を挙げながらクッション言葉の用法と機能について検討してみた。クッション言葉は相手にいい印象を与え、相手との良好な人間関係を維持する上で大変重要な働きをしていると言と言える。最後に、クッション言葉と日本の社会文化との繋がりについて考察を試みた。日本社会は「ポライトネス」を重んじる社会であることと「高コンテキスト文化」に属していることは、クッション言葉が日本語において発達している社会文化的要因であると指摘した。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接